SIMカードとは?仕組みや種類・購入前の準備

SIMカードとは?仕組みや種類・購入前の準備

SIMカードや格安SIMという言葉をニュースなどで聞いたことがあっても、「意味や仕組みは難しそうでよく分からない」という人も多いのではないでしょうか。

SIMカードはスマホやタブレットに入っており、ネットや電話に必要なものです。ドコモやauなど大手キャリアだけでなく、楽天モバイルやUQモバイルなど格安SIMを取り扱うMVNOからも販売されています。

格安SIMに対応する端末であれば、機種変更をすることなく携帯会社の乗り換えができ、毎月の携帯代を2,000円以下に抑えることもできます。

SIMカードの仕組みや種類、差し替える前に必要な準備を詳しく解説します。

SIMカードは通信や通話に必須!

スマホにSIMカード※を入れることで電話やSMSが使えるようになり、Wi-Fi環境がなくてもネットができるようになります。

SIMカードとは

固有のID番号が記録されており、スマホで電話やSMSをするために必要なICカード。携帯会社それぞれが発行しています。

SIMカードの説明

ドコモ(docomo)やau、ソフトバンク(SoftBank)でスマホを契約したときには、最初から契約した携帯会社のSIMカードがスマホに入っています。

しかし現在、日本の携帯会社はこの3社だけではありません。実に600社を超えるMVNOが、格安でスマホが使えるSIMカードを販売しています。

MVNOとは

auやドコモなどの大手キャリアから電波を借り、私たち消費者が安い料金でスマホを利用できるサービスを提供する会社のことです。

MVNOについては「MVNOとは?仕組みとメリット・デメリット」の記事で詳しく説明しています。

人気のMVNO業者にはUQモバイルやIIJmioなどがありますが、月々のスマホ利用料金が2,000円以下の格安SIMを提供しているMVNOは他にも数多くあります。

つまり通信料金を安く設定しているMVNOのSIMカードを挿入すれば、月々の携帯代を安く抑えることができるってこと。

それから古くなって使わなくなったスマホでも、MVNOと契約したSIMカードを差すことで、また使えるようになるよ。

SIMカードの種類は多い!自分に合ったSIMを選ぼう

一口にSIMカードと言っても、実に多くの種類が販売されています。例えば国内専用だけでなく海外用もありますし、海外用の中にも特定の1カ国のみのSIMカードだけでなく、複数の国で利用できるものも。

国内専用SIMカードの中でも、データ通信のみや音声通話がついたものなどがありますし、それぞれのデータ容量や通話プランもさまざまです。

そんなSIMカードにはどんな種類があるのか、またどこで入手できるのか、詳しく解説します。

データ通信専用や音声通話できるものなどさまざま

SIMカードには3つの種類があります。

  • データ通信専用SIM(SMSなし)
  • データ通信専用SIM(SMSあり)
  • データ通信+音声通話SIM

スマホの使い方は人それぞれ。「おもにネットを使い、通話はアプリの無料通話のみ利用する」という人や「ネットはほとんど使わないけれど、音声通話を多く利用する」という人もいます。中にはスマホとガラケーの2台持ちをして、通話とネットで使う端末を分ける人も。

またデータ容量も1GBから無制限まで幅広く、音声通話も定額やかけ放題プラン、使った分だけ料金がかかるなど実にさまざまなSIMカードがあるんです。

自分のスマホの使い方に合わせてSIMカードを選びましょう。

SIMカードを入手する3つの方法!大型電気店の品揃えがすごい

SIMカードを入手する方法は複数ありますが、その中の3つを紹介します。

SIMカードを入手する3つの方法
  • 家電量販店
  • MVNOの店舗
  • 通販サイト

現在日本では格安SIMがどんどん広まっており、大型家電量販店では専用のブースを設置しているところもあります。

家電量販店の格安SIM売り場では店員さんが自分に合ったSIMカードをおすすめしてくれる一方で、店頭では取り扱っているSIMが限られており選択肢が狭まってしまうというデメリットも。

MVNOの店舗では実際に格安SIMが入ったスマホを触ることもできるので、速度など使用感を確認できますが、その会社のSIMしか選べません。

「忙しくて家電量販店や店舗に足を運べない」「SIMの選択肢を広げたい」という人には、ネット通販サイトがおすすめです。ネットならSIMの種類が豊富なので、よりお得なSIMを選ぶことができます。

海外のSIMカードも使える!現地でお得にスマホを使うコツ

海外でも現地のSIMを利用すれば、安く自分のスマホを使うことができます。

今までは海外で高額な通信料を払ったり、空港や渡航先でスマホやルーターをレンタルする必要がありました。

しかし海外のSIMカードを使えばその手間を省くことができ、料金も4000円以上安くなります。

海外で使用できるSIMカードの購入方法はいくつかあります。

海外で使用できるSIMカードの購入場所
  • 日本の家電量販店
  • 通販サイト
  • 日本や現地の空港
  • 現地のコンビニや自販機

さまざまなプランのSIMカードがあるので、長期滞在者から短期旅行者まで、誰でもお得にスマホを海外で利用できます。

私は英語はもちろん主要言語はだいたい使えるから、別に日本で契約しなくても、海外の携帯会社だって怖くないわ!その方が安いんじゃないの?
さすが世界トップ3の天才!確かに1番安いのは、現地の空港やコンビニ、携帯会社で販売しているプリペイドSIMを使うことなんだ。

でも説明はほぼ現地の言葉だから語学力がないと大変かな。「海外用プリペイドSIMの購入方法と使い方」で詳しく解説しているよ。

SIMカードを入れる前にやっておくべきこと

SIMロック(※1)がかかっているスマホの場合、SIMロック解除(※2)をしておかないと利用できないSIMもあります。

※1:SIMロックとは

大手キャリア3社であるau・ドコモ・ソフトバンクで契約したスマホにかかっている、契約者が他社へ流出するのを防ぐために自社のSIMカードしか対応できないように制限することです。

※2:SIMロック解除とは

大手3キャリアであるau・ドコモ・ソフトバンクが、他社への流出を阻むために、自社のSIMカードしか対応しないようロックをかけたものを解除することです。

SIMロック解除については「SIMロック解除とは?SIMロック解除義務化でiPhoneも対応」の記事で詳しく説明しています。

またSIMカードにさまざまな種類があることを説明しましたが、内容だけでなく実はサイズにも種類があります。サイズが異なるSIMカードをそのまま使用することはできません。

これらSIMカードを入れる前にやっておくべきことを詳しく見ていきましょう。

SIMロック解除またはSIMフリースマホを購入しよう

MVNOを自由に選ぶための方法は、次の2通りです。

  • SIMロック解除する
  • SIMフリースマホを購入する
SIMカードにはau系・ドコモ系・ソフトバンク系があり、異なる系統のSIMカードを利用する場合は事前にSIMロック解除する必要があります。SIMロック解除すれば、自由にMVNOを選んで自分に合ったSIMカードを使用することができます。

SIMロック解除については「SIMロック解除のメリット・デメリット」もぜひ参考にしてくださいね。

また現在では携帯メーカーや家電量販店が、SIMロックがかかっていないSIMフリーのスマホを、新品でも安い端末であれば6,000円前後から販売しているんですよ。

SIMフリー端末は多くの種類が販売されているので、自分の使い方に合ったスペックや機能のものを選びましょう。

SIMフリーについては「SIMフリーとは?仕組みとメリットを解説」で詳しく解説していますので、こちらも読んでみてください。

SIMカードの種類は3種類!サイズを確認しておこう

SIMフリーのスマホを用意したら、次はSIMカード選びです。どのプランのSIMカードにするか決めたら、サイズを確認しましょう。SIMカードのサイズには3種類あり、スマホ端末によって適切なサイズが異なります。

SIMのサイズについて

例えばiPhone6s・SEはnano、Xperia J1 Compactはmicroなど、端末によって適切なサイズが異なっています。

端末別のSIMカードサイズはMVNOのサイト内にある「対応端末一覧」などのページで確認することができるので、購入前に確認しておきましょう。

あー!サイズが違うSIMを間違えて注文しちゃったよー!届いてから気付いたけどどうしよう!?
サイズが異なるSIMカードを購入しても、追加料金を払えばサイズの変更もできるよ。

SIM下駄やSIMカッターを使ってサイズを変更することも可能だけど、MVNOのサポートが受けられなくなる場合もあるからおすすめはできないな。

SIMカードを差し替えるなら格安SIMがおすすめ!

SIMカードについて説明してきましたが、いかがでしたか。SIMカードにはさまざまな種類があり、自分のスマホの使い方に合ったSIMカードを契約するのがおすすめです。

携帯料金にムダがなくなりますし、MVNOのSIMカードにすることで毎月の携帯料金を抑えることができますよ。

また国内用だけでなく海外用SIMカードや現地のSIMカードに差し替えることで、自分のスマホを安く海外でも使用することができます。

SIMカードを差し替えるときには、SIMロック解除またはSIMフリースマホの購入、SIMカードのサイズの確認も忘れずにしておきましょう。

※記載されている内容は2017年3月現在のものです。