格安SIMはなぜ安い?デメリットやキャリアとの違いを解説

「格安SIMが安い理由は?」「何か裏があるのでは?」そんな疑問や不安を持つ人も少なくありません。

当社が実際に、全国の格安SIMユーザー男女300人を対象に行なったアンケート調査では、格安SIMの月額料金は平均で2,500円でした。

格安SIMに乗り換え前にはドコモやau、ソフトバンクの3大キャリアに平均7,500円の月額料金を支払っており、その差は5,000円。

安すぎて逆に不安になる人も多いですよね。実際に3大キャリアが高いこと、格安SIMが安いことにはそれぞれ理由があります。

この記事ではその理由を詳しく解説します。

格安SIMが安い理由は徹底したコストの削減

格安SIMが安いのは、次のような理由でコストが抑えられているからです。

  • 回線維持費が不要
  • 広告費・人件費の削減
  • 多くのサービスが有料オプション
  • データ通信は安いが電話代が高め

それぞれ詳しく解説します。

回線を借りているので、回線の維持費が不要

MVNOの仕組み解説イラスト

格安SIMはインターネット通信や電話で使用する回線を、ドコモやauなど大手キャリアから借りて運営しています。

そのため格安SIMの会社は自社でアンテナや基地局の維持管理をする必要がなく、その分コストがかからず安く済んでいるのです。

広告費・人件費の削減でコストを抑えている

ドコモやauなど3大キャリアと格安SIMでは、広告の出し方や契約方法が異なります。

3大キャリアと格安SIMの宣伝と契約方法の違い
3大キャリア ・テレビCMやつり革広告で大々的に宣伝
・店頭にて契約
格安SIM ・主にネット上で宣伝
・ネット経由で契約

最近はUQモバイルや楽天モバイルなど、CMを大々的に打ち出している格安SIMもありますが、多くがテレビCMより安価なネット広告で宣伝をしコストを抑えています。

また契約時も3大キャリアは店頭にて行いますが、格安SIMは店舗を持たない、または少ないため多くの人がネット経由で契約します。

ネット経由であればスタッフの人件費やテナント料もかからないため、その分料金を抑えることができるのです。

多くのサービスが有料オプション

格安SIMでは多くのサービスが有料です。有料オプションの例として次のものが挙げられます。

  • 端末補償
  • 通話かけ放題
  • バックアップ
  • セキュリティ
  • 操作アシスト
  • 訪問サポート

格安SIMなら、自分に必要なサービスだけを選んで利用するので、余計な料金を抑えることができます。

ただし有料オプションは月額料金がかかる場合が多いので、事前に全て含めた料金を計算しておく必要があります。

端末は別売りまたは格安スマホをセット販売

ドコモやau、ソフトバンクなどキャリアは、最新のスマホ端末に自社のロックをかけ、セットにして販売します。そのため各店舗で在庫の確保が必要です。

それに対し格安SIMは、家電量販店やメーカーなどで購入した端末や、今まで使っていた端末でも、SIMカード※のみ契約して使うことができます。

SIMカードとは固有のID番号が記録されており、スマホで電話やSMSをするために必要なICカード。携帯会社それぞれが発行しています。

SIMカードについて詳しくは「SIMカードとは?仕組みや種類・購入前の準備」をご覧ください。

SIMカードの仕組み

1~2万円の低価格帯や型落ちのiPhoneなど、端末をセット売りまたは別売りする場合もあります。

つまりキャリアのように自社端末の在庫を多く抱えたり、流通させることにコストをかける必要がないのです。

データ通信量と通話時間に応じた細かいプラン設定

3大キャリアと格安SIMには次のような違いもあります。

3大キャリアと格安SIMの通話・データプランの違い
3大キャリア ・かけ放題など通話がメイン
・データ通信量の選択肢は少ない
格安SIM ・通話は格安SIMによってさまざまなプランがある
・データ通信量の選択肢が多い

格安SIMはデータ通信量と通話時間に応じて細かいプランが設定されています。ドコモとmineoでプランを比較しました。

ドコモとmineoのプラン比較
ドコモ DMMモバイル
通話プラン ・5分以内かけ放題
・時間無制限かけ放題
・5分以内かけ放題
・20円/30秒の通話
データプラン ・2GB
・5GB
・20GB
・30GB
・ライト※
・1GB
・2GB
・3GB
・5GB
・7GB
・8GB
・10GB
・15GB
・20GB
※低速モードで利用するプラン

例えば実際のデータ通信量は毎月3GB以下なのに5GBを契約していると、2GB分多く料金を払うことになります。

しかし格安SIMであれば自分の利用するデータ通信量や通話時間に応じて、ムダのないプランの申し込みが可能です。

DMMモバイルの料金プラン一例
プラン 月額
3GBのデータ通信のみ 850円
3GB+090音声通話 1,500円
3GB+090音声通話+5分かけ放題 2,350円

5分かけ放題をつけても、キャリアより5,000円以上安くできることがわかります。

私はいちいち5分以内とか考えずに電話したいから、キャリアのままのほうがいいわね。
格安SIMのなかにも、もしもシークスなどは時間無制限のかけ放題プランを出しているよ。3GBに通話無制限のかけ放題もついて月額3,980円と、キャリアよりも3,000円以上安く抑えられておすすめ!

キャリアの月額基本料が高いままの理由

ここまで格安SIMがなぜ安い料金プランを実現できているのか説明してきました。

しかし「じゃあなんでキャリアは安くしないの?」「このままではみんな格安SIMに乗り換えるのでは?」と疑問に思う人もいるのでは。

そこで次に、3大キャリアが高い理由を解説します。

ほとんどのプランにかけ放題がついている

au・ドコモ・ソフトバンクはほとんどのプランにかけ放題がついています。この3社は「携帯電話会社」として始まっているため、通話に重きを置いているためです。

しかしLINEなど無料通話アプリが広まった現在、かけ放題プランを付ける必要がない人も多くいます。

先程紹介した通り、mineoやUQモバイルなどの格安SIMでも、安価な5分以内かけ放題サービス始めています。もはやキャリアのかけ放題にこだわる必要はなくなりつつあるのです。

契約や操作などのサービス拠点としての店舗展開

店舗を持つことで、テナント料や人件費がかかっていますが、「店舗があるから安心」と考えるキャリアユーザーも多くいます。

キャリアの店舗では契約やプラン変更を始め、自社の端末なので操作方法なども丁寧に教わることができるというメリットがあります。

毎月約5,000円多く払ってでも、この安心感を重視したい人にはキャリアが向いています。

ただしイオンモバイルやUQモバイルなど、店舗やカウンターを持つ格安SIMも増えており「安心感も大事だけど料金も安くしたい」という人に人気です。

回線の維持費がかかる

先程紹介した通り、ドコモやau、ソフトバンクなどキャリアは自社回線を持っています。

自社回線の1部を格安SIMの会社にレンタルしていますが、回線の維持はキャリアが行っています。その維持費は通信料に上乗せされているのです。

一方で、当然格安SIMよりも使う回線の幅は大きいので、速度も多くの格安SIMより速い時間帯が多いのも事実。

そんななか速度でキャリアに引けを取らないのがUQモバイル。なんと時間帯によってはキャリアより速いという結果も出ています。

速度重視の人にはUQモバイルがおすすめです。UQモバイルについては「UQモバイル徹底解説!KDDIが運営するau系最速格安SIM」を参考にしてください。

キャリア独自のサービスやサポートがある

キャリア独自のサービスやサポートの例として次のものが挙げられます。

  • キャリアメール(~@docomo.ne.jpなど)
  • セキュリティサービス
  • 公衆Wi-Fiサービス
  • SMS(ショートメッセージ)サービス
  • 電話のかけ放題サービス

これらの独自サービスは最初からプランに含まれており、利用する人もしない人も料金を払っています。

セキュリティや通話は無料アプリでも代用できるので、キャリアのサービスが自分にとって本当に必要かどうか、一度検討してみてください。

格安SIMでもキャリアメールは使える?

キャリアメールは格安SIMでは使えないよ。どうしてもキャリアメールを使い続けたい人は、最安プランでキャリアの契約を続けて、メール以外は格安SIMで利用するのがおすすめ。

キャリアメールを使い続ける方法は「格安SIMのメールアドレスとキャリアメールを使う方法」で詳しく解説しているよ。

キャリアと比較したデメリットと対処法

毎月の携帯料金を抑えることのできる格安SIMですが、当然「安いからには何かデメリットがあるのでは」と感じる人も多くいます。

確かに格安SIMは安い分、キャリアとは違う部分が多いので、それを「デメリット」と捉える人もいます。

格安SIMでデメリットと感じる点と対処法を詳しく紹介します。

電話代が高い格安SIMが多い

通話のかけ放題プランがあるSIMが登場している一方で、基本の通話料金は高めの傾向があります。

通常の通話料金は、多くが30秒あたり20円かかります。

通話が多い人には次のサービスがおすすめです。

通話料金を抑える方法と料金一例
通話方法 通話料 月額料金例
LINEなど無料通話アプリ 無料※ 無料
番号そのままの通話アプリ 10円/30秒 無料
IP電話(050番号)アプリ 8~9円/30秒 0~300円
5分かけ放題プラン 定額 850円
時間制限なしのかけ放題プラン 定額 1,800円
※データ通信容量を使用
通話アプリやかけ放題プラン一例
通話方法 具体例
無料通話アプリ LINEやSkypeなど
通話アプリ 楽天でんわやG-callなど
IP電話アプリ 050plus、LaLa Call、SMARTalkなど
5分かけ放題プラン mineo、UQモバイル、楽天モバイルなど
時間制限なしのかけ放題プラン もしもシークス

毎月の通話時間を見て、本当にキャリアのかけ放題プランが必要か見直しをしてみましょう。

格安SIMや時間帯によっては速度が遅くなる

格安SIMはキャリアの回線を一部借りることで、通信・通話サービスを提供しています。

そのためキャリアよりも回線の幅が狭く、格安SIMによっては多くの人が一斉にスマホを使うお昼休みや通勤時間帯、夜などに速度が遅くなります。

一方でUQモバイルやワイモバイル、LINEモバイルなど「速度が速い」と評判の格安SIMもあります。場合によってはキャリアより速い速度の場合もあるので、速度重視の人におすすめです。

LINEモバイルについて詳しくは「LINEモバイル徹底検証!サービスや通信速度など評判まとめ」を参考にしてください。

店舗が少ない、またはない

イオンモバイルや楽天モバイル、UQモバイルなど、店舗数を持つ会社も増えています。

しかしそのような格安SIMは一部で、電話やチャットのサポートに頼らざるをえない場合が多いです。

近くに店舗がなく対面のサポートを望む場合は、有料の訪問サポートがある格安SIMを選ぶことで、このデメリットを解消できます。

格安SIMの訪問サポート例
料金 サポート内容
NifMo
(訪問レクチャー)
・月額480円
・初回無料
・2回目以降1回6,500円~
・端末の接続・設定
・基本操作説明
So-net
(訪問サポートサービス)
・月額料金300円+1回4,500円~
・1回6,500円~
・端末の接続・設定
・基本操作説明

自宅にいながらマンツーマンでサポートを受けることができます。ぜひ活用してみてください。

操作方法はメーカーや販売店に聞く必要がある場合も

大手キャリアは自社でスマホを販売しており、操作方法で分からないことがあれば、キャリアの店舗か電話サービスで聞くことができます。

しかし格安SIMの場合は、スマホを家電量販店やメーカーで購入する人も多いため、スマホ操作で分からないことがあっても、答えてもらえない場合も。

iPhoneであればAppleなどメーカーに問い合わせたり、格安SIMとセットで購入した端末は有料の操作サポートを受けることになります。

操作が不安な人は、操作サポートのオプションを付けておくのがおすすめ。格安SIMとセットで購入したスマホなら、操作方法も教えてもらえるよ。

セット販売している端末も、iPhone6sなど比較的新しくて人気のものもあるんだ。

キャリアの高い月額料金を支払い続けますか?

キャリアの月額料金が高い理由と、格安SIMの月額料金が安い理由を解説しました。格安SIMでは、キャリアのようなサポートが有料オプションであることも少なくありません。

しかしそれは、自分に必要なサポートだけを付けられるということ。

また使い切れないほどのデータ容量を契約する必要もなく、自分の使い方に合わせて無駄のないプランを選択できます。

操作方法などが不安な人は、イオンモバイルなど近くに店舗があったり、NifMoなど訪問サポートがあるところを選ぶのがおすすめです。ぜひ参考にしてください。

※記載されている内容は2017年4月現在のものです。