IIJmio(みおふぉん)の料金や速度・契約から解約方法まで徹底解説

IIJmio(みおふぉん)の料金や速度・契約から解約方法まで徹底解説

IIJmio(アイアイジェイミオ)は、次のような人におすすめしたい格安SIMです。

  • 通話料を少しでも安くしたい人
  • 海外旅行や出張が多い人
  • 家族でデータ容量を分け合いたい人
  • 光回線とSIMをまとめて契約したい人

家族みんなでデータをシェアする場合は、特におすすめ。

IIJmioには家族間の通話料が最大60%OFFになるサービスや、月々20GB以上のデータ容量が利用できる大容量オプションが充実しています。

「お父さん・お母さんはあまりネットを使わない」っていう家庭だったら、使わなかった分を子どもたちでシェアできるのかしら?
もちろん契約した容量内であれば、家族間で自由にシェアすることができるよ。

反対に家族の誰かがデータ容量を使い過ぎると、家族みんなの分が足りなくなっちゃうこともあるんだ。

当記事では、IIJmioの特徴や料金プラン、契約方法から解約手順まで詳しく解説しています。

IIJmioでiPhoneを使う場合に、知っておきたい注意点も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

IIJmioのおすすめポイントを紹介

IIJmioは、さまざま場面で利用できるサービスがあるのが主な特徴。おすすめポイントは次のとおりです。

IIJmioの5つの特徴
  • 海外専用SIMがある
  • 無料アプリで通話料がお得になる
  • 家族でデータ容量がシェアできる
  • 光回線割引がある
  • プリペイドパックで気軽に試せる

それぞれ詳しく説明します。

IIJmioの海外専用SIMは旅行や出張に便利!

IIJmioでは海外旅行や出張先で活用できる、海外専用のSIMカードが利用できます。

SIMフリー端末(※1)、またはSIMロック解除(※2)されたスマホにSIMカードを挿して、出国前に設定すれば、そのまま海外でネットや電話が使えるんです。

※1:SIMフリー端末とは

SIMロックが掛かっていないスマホやタブレット端末です。

SIMフリー端末については「SIMフリーとは?仕組みとメリットを解説」の記事で詳しく説明しています。

※2:SIMロック解除とは

自社のSIMカードしか対応しないようロックをかけたものを解除することです。

SIMロック解除については「SIMロック解除とは?SIMロック解除義務化でiPhoneも対応」の記事で詳しく説明しています。

IIJmioの「海外トラベルSIM」は、データ専用SIMまたは音声通話機能付きSIMの2種類から選べます。

音声通話機能付きSIMを使えば、現地で家族や友達とはぐれてしまった時なども電話で合流しやすく安心ですよね。

LINEって海外でも使えるのかしら?
インターネットに接続すれば、海外でも使えるよ~!
LINEが使えるのなら、音声通話機能付きSIMにしなくても大丈夫だね。
同行者や国内にいる家族へ電話するだけなら、LINEの無料通話で問題ないかもしれないね。

ただし現地のお店やホテル等へ電話する必要がある場合は、すぐに電話をかけられる音声通話機能付きSIMにしたほうがいいよ!

IIJmio海外トラベルSIMの料金プランは、次のとおりです。

IIJmio海外トラベルSIMの料金プラン
SIMの種類 データ専用 データ+SMS+音声通話
料金(税抜) 3,850円 4,600円
有効期限 14日間 14日間
サービス内容 データ容量:500MB
  • データ容量:500MB
  • SMS:25通
  • 音声通話:30分
※別途初期費用3,000円(税抜)が必要
データ容量500MBって少なくない?どのくらいインターネットが使えるの?
たとえば、LINEの場合10万回以上のメッセージがやり取りできるし、Googleマップなら100回以上道を調べられるよ。
もし使い過ぎて旅行中にデータ容量が全部なくなっちゃったら、日本に帰るまでは一切ネットが使えなくなっちゃうのかな~?
データ容量が足りなくなったら、現地からでもチャージ画面にアクセスして、データ容量のリチャージが可能なんだ。

ホテルや観光地にある無料Wi-Fiを上手く活用して、データ容量を節約するっていう手もありだよ。

IIJmio海外トラベルSIMのリチャージ内容と料金
リチャージ内容と料金(税抜)
データ専用SIM 100MB:800円
500MB:3,850円
音声通話機能付きSIM 100MB+通話6分:1,000円
500MB+通話30分:3,850円

さらに、最後にリチャージした日から1年以内なら、「IIJmio海外トラベルSIM」に何度でもリチャージして利用できます。

もちろんSIMカードの初期費用(税抜3,000円)を、新たに支払う必要もありません。

年内に何度も海外出張・海外旅行へ行く人にとっては、とても便利なサービスですよね。

IIJmioと他社の海外用プリペイドSIMを比較したい場合は、次の記事を参考にしてください。

IIJmioユーザー限定!「みおふぉんダイアル」で通話料がお得に

IIJmioユーザーになると、通常30秒につき20円の通話料が半額になる、「みおふぉんダイアル」を無料で利用できます。

無料通話アプリや050アプリなどはネット回線を利用しているため、相手の声が聞こえにくかったり、途中で切れてしまったりすることもしばしば。

しかし「みおふぉんダイアル」は電話回線を利用しているので、音質がとてもクリアです。

また通話料が30秒につき8円になるファミリー割引や、3分・10分かけ放題プランなどの通話オプションも充実しています。

さらに指定32カ国への通話料も、30秒につき10円と国際電話も半額になるんです。

「みおふぉんダイアル」の使い方や注意点については、「IIJmioの電話アプリ「みおふぉんダイアル」で通話料をお得に!」で詳しく解説しています。

IIJmioは家族全員でデータ容量をお得にシェアできる!

IIJmioの「ファミリーシェアプラン」は、最大10枚のSIMカードでデータ容量が分け合えます。

たとえば4人家族で「ファミリーシェアプラン 10GB」を契約した場合、月々のスマホ代が全員まとめて5,760円(税抜)になるんです。

え?家族みんな合わせて月額5,760円?これ1人分の料金じゃないの?
うん、家族4人分の合計額だよ。

キャリアで契約すると全員で〇〇円ほどかかるので、「ファミリーシェアプラン」はかなりお得と言えます。料金の内訳は次のとおりです。

「ファミリーシェアプラン 10GB」をSIM4枚で契約した場合の内訳
プラン内容 料金(税抜)
ファミリーシェアプラン 10GB 2,560円
音声通話機能付帯料 700円✕4枚=2,800円
追加SIM費用
(4枚目以降必要)
400円✕1枚
計5,760円
10GBなら、利用できるデータ容量は1人あたり2GB弱かぁ・・・。僕、外出先でゲームや動画サイトいっぱい使っちゃうから、2GBじゃ全然足りないよ~。
大丈夫だよ。そんなヘビーユーザーさんがいるご家族のために、IIJmioでは20・30GBの大容量プランも用意しているんだ。
大容量プランって、なんだかものすご~く高そうね・・・。
そんなことないよ。IIJmioは30GBの大容量プランが月々5,000円(税抜)。docomoの30GBプランに比べて、約3,000円も安いんだよ~!

IIJmioひかりとセット契約するとスマホ代が毎月600円オフ!

当サイトでは、全国10代~60代男女200人を対象にアンケートを行い「大手キャリアから格安SIMへ乗り換えない理由」について調査。

その結果「光回線割引がないから」と答えた人も6人程いました。

確かにdocomoやauなどの大手キャリアは、携帯電話とインターネット固定回線(光回線)をセットで契約することで、携帯代が割引されるサービスを提供しています。

ですがIIJmioにも、携帯電話と光回線をセットで契約すると月々のスマホ代がお得になる「IIJmioひかり」サービスがあるんです。

このサービスはNTT東日本・NTT西日本(フレッツ光)の回線を借りて、プロバイダとセットでユーザーに提供しています。

IIJmioのmio割画面

もともとフレッツ光を利用している場合は、回線工事なしで「IIJmioひかり」への乗り換え(転用)が可能です。

「IIJmioひかり」の料金や割引内容については、次の記事で詳しく紹介しています。

IIJmioのプリペイドパックは月額料金不要で気軽に試せる

IIJmioでは先に使用料を支払って、気軽にスマホでネットが使えるプリペイドパックが利用できます。それが「IIJmioプリペイドパック」。

「IIJmioプリペイドパック」は、クレジットカードや本人書類確認などの手続きが一切不要。

コンビニやAmazonなどでパッケージを購入して、電話で手続きするだけで開通が完了します。

IIJmio プリペイドパックの料金内容
データ容量/期間 価格(税抜)
2GB/3ヶ月 3,791円

データ容量が足りなくなってしまっても、24時間営業のコンビニで簡単にチャージすることができますよ。

IIJmioと他社のプリペイドSIMを比較したい場合は、次の記事を参考にしてください。

IIJmioでiPhoneを使おう!iPhoneを使う時の注意点

IIJmioでも、人気のiPhone機種が利用可能。

ただし端末や回線の種類によっては利用不可だったり、SIMロック解除が必要だったりするといった注意点があります。

IIJmioでiPhoneを利用する時の注意点は、次のとおりです。

iPhone使用上の注意点
  • iPhone5以前の端末は利用不可
  • au版のiPhoneをau回線で使う場合もSIMロック解除が必要
  • タイプA(au回線)はテザリングできない

それぞれについて、詳しく説明していきます。

IIJmioではiPhone5以前の端末が使えない

IIJmioはdocomo回線を利用した「タイプD」があるので、docomo版のiPhoneであれば、SIMロック解除なしで利用できます。

しかし、iPhone5以前の端末は「タイプD」、「タイプA」ともに対応していません。

IIJmioでiPhoneを利用する場合は、iPhone5c以降の端末が必要です。

IIJmioの公式サイトにある「動作確認端末一覧」で、自分の持っているiPhone端末が利用できるかどうか、事前に確認しましょう。

公式サイトで「動作確認端末」を確認したんだけど、僕の持っているドコモ版のiPhone5は使えないみたい。

新しいiPhoneを買うお金もないし、中古ショップでiPhoneを買おうかな・・・。

中古ショップでiPhone端末を買う場合、何か気を付けることはあるのかしら?
中古ショップでiPhoneを購入するときは、SIMロック解除されている端末かどうか、きちんと確認しようね。

iPhoneの購入方法は「SIMフリースマホの購入方法」で詳しく解説しているよ。

タイプAでもau版のiPhoneはSIMロック解除が必要

IIJmioのタイプDはdocomo回線を利用しているので、docomoで購入した5s以降のiPhoneであれば、SIMロック解除なしでそのまま利用できます。

しかしタイプAの場合、auで購入したiPhoneであっても、SIMロック解除しなければIIJmioで使うことができません。

auで購入したiPhoneをIIJmioで利用する場合は、SIMロック解除できるiPhone6s以降の端末で乗り換えましょう。

僕がソフトバンクで買ったiPhone端末は、IIJmioでも使えるのかな?
ソフトバンクの場合も、iPhone6s以降のiPhoneなら、SIMロック解除すればIIJmioで使えるようになるよ。

IIJmio タイプAはiPhoneでテザリングできない

IIJmio タイプD(docomo回線)ではiPhoneでテザリング※が可能ですが、タイプA(au回線)の場合はテザリングができません。

テザリングとは

外出先でWi-Fi環境がない場合に、ノートパソコンやタブレット端末をインターネットへ接続させるために使う機能のことです。

テザリングについては「格安SIMでのテザリング方法と注意点」で詳しく説明しています。

iPhone端末でテザリング機能を利用したい場合は、IIJmioのタイプDに契約しましょう。

IIJmioの料金プランを紹介!タイプDとタイプAで料金が異なる

IIJmioはSIM機能や回線タイプによって、月額料金が異なりますが、音声通話機能付きSIMの場合、タイプDもタイプAも同じに月額料金になります。

またIIJmioのデータ通信専用SIMは、Dタイプしか提供していません。

IIJmioのSIM別・回線タイプ別の料金プランは次のとおりです。

IIJmio データ通信専用SIMの月額料金(税抜)
ミニマムスタートプラン(3GB) ライトスタートプラン(6GB) ファミリーシェアプラン(10GB)
タイプD 900円 1,520円 2,560円
IIJmio SMS機能付きSIMの月額料金(税抜)
ミニマムスタートプラン(3GB) ライトスタートプラン(6GB) ファミリーシェアプラン(10GB)
タイプD 1,040円 1,660円 2,700円
タイプA 900円 1,520円 2,560円
IIJmio 音声通話機能付きSIMの月額料金(税抜)
ミニマムスタートプラン(3GB) ライトスタートプラン(6GB) ファミリーシェアプラン(10GB)
タイプD・タイプA 1,600円 2,220円 3,260円
なんでタイプAよりも、タイプDの方が月額料金が安くなるのかしら?
タイプDはSIM機能付帯料が毎月140円(税抜)かかってしまうから、その分タイプAより高くなってしまうんだ。
それじゃあ、月額料金が安いタイプAの方がタイプDよりもお得ってことじゃない?
タイプDはiPhoneでテザリング機能が使えたり、対応機種が多かったりとタイプAに比べるとメリットは多いんだよ~。

月額料金で比べるよりも、それぞれに対応する機種や機能を比べて、自分のニーズに合っているかどうか見極めるのがポイントだね。

IIJmioの料金プランは、次の記事で詳しく解説しています。

IIJmioの通信速度を体感しよう!他社との速度比較も

格安SIMを検討している大半の人が、通信速度の速さを重要視するのではないでしょうか。

当サイトではIIJmioをはじめ、各社の通信速度を混雑する時間帯(平日の昼休み)に計測し、比較しています。

IIJmioの場合、他社と比較してもそこまで速いとはいえないのが現状です。

具体的な数値や他社との比較グラフは、次の記事を参考にしてください。

さらに当サイトでは、IIJmio(タイプD)をiPhone6sで使用し、通常時(平日14時頃)と混雑時(平日の昼休み)の速度が体感できる動画を掲載しています。

通信速度は人によって感じ方が異なるので「IIJmio(みおふぉん)の速度は遅い?動画で速度を体感」でぜひ体感してみてください。

IIJmioの契約に必要なものや契約手順を紹介

IIJmioはスマホやパソコンがあれば、いつでもどこでも簡単に契約申し込みが可能です。

筆者も実際にIIJmioへ申し込みましたが、10分ほどで手続きが完了しました。

それではIIJmioの契約申し込みに必要なものと、契約手順について説明します。

IIJmioの契約申し込みには、本人名義のクレジットカードや必要書類などの準備が必要。

IIJmioの契約申し込みに必要なものは、次のとおりです。

IIJmioの申し込み前に用意するもの
  • 初期費用(税抜3,000円)
  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • MNP予約番号

番号そのままで他社からIIJmioに乗り換える(MNP転入する)場合は、「MNP予約番号」が必要です。

MNP予約番号の取得方法は、次の記事で詳しく解説しています。

申し込みの準備ができたら、早速IIJmioの公式サイトで手続きしましょう。

IIJmioの契約手順
  1. 公式サイトから契約申し込み画面へ移動する
  2. 会員登録する
  3. 回線タイプやSIM機能、料金プランを選ぶ
  4. 契約者情報やクレジットカード情報を入力する
  5. 契約内容を確認する
  6. 本人確認書類画像をアップロードする
  7. 申し込み完了から3~4日後、SIMカードが届く
本人確認書類のアップロードって難しいのかなあ?
ううん、そんなことないよ。スマホで撮影した画像をアップするだけの簡単な作業だよ。

大げさに言えば、Facebookやインスタグラムで写真をアップする作業と同じようなものかな~。

うーん、なんとなくわかったような・・・。
もし不安だったら「IIJmio(みおふぉん)の契約方法を徹底解説!」を参考にして、契約を進めていってね。

本人確認書類のアップロード手順も、画像付きで詳しく解説しているよ。

IIJmioのAPN設定【iPhone端末・Android端末】

IIJmioのSIMカードは、契約申し込みが完了してから3~4日後に届きます。

SIMカードの到着予定日や配達状況は、ヤマト運輸の検索サイトから確認することができますよ。

SIMカードが到着したら、端末に挿してネットワークの設定(APN設定)を行いましょう。

他社から番号そのままでIIJmioに乗り換える場合は、APN設定をする前に電話番号の切り替え手続き(MNP転入)をしよう!
え?MNP転入って何するの?
MNP転入とは、今まで使っていた電話番号をIIJmioでも使えるようにする手続きのことだよ。

IIJmioの開通センターに電話をかけるだけの簡単な作業なんだ!

IIJmioのMNP転入手順は、次の記事で詳しく解説しています。

端末のAPN設定は、iPhoneとAndroidで設定方法が異なります。それぞれのAPN設定の手順は、次のとおりです。

IIJmioのAPN設定【iPhone端末】
  1. 端末をWi-Fiに接続する
  2. IIJmioの構成プロファイルをインストールする
  3. Wi-Fiの接続をOFFにして、4G回線をONにする
IIJmioのAPN設定【Android端末】
  1. 設定で「モバイルネットワーク」を選択する
  2. IIJmioのアクセスポイント名を入力する
  3. 入力したアクセスポイント名を選択する
  4. モバイルデータ通信を有効にする

APN設定の詳細は、次の記事で詳しく解説しています。

IIJmioの解約金や解約方法

IIJmioでは、公式サイトの会員ページから解約手続きが可能です。窓口へ電話したり、店舗へ出向いたりする必要はありません。

しかしIIJmioを解約する場合、利用期間によっては解約できなかったり、解約金がかかってしまったりすることもあるので要注意。

またIIJmioから番号そのままで他社へ乗り換える場合は、解約ではなく「MNP転出」の手続きを行う必要があります。

IIJmioの解約金や解約方法、MNP転入手続きについて紹介します。

IIJmioを解約する前に利用期間を確認しよう!

IIJmioはSIMカードの機能によって、解約金の有無や最低利用期間が異なります。

IIJmioの解約金と最低利用期間
SIM機能 最低利用期間 解約金の有無
データ通信専用SIM 契約月から2カ月間 なし
SMS機能付きSIM 契約月から2カ月間 なし
音声通話機能付きSIM 契約月から12カ月間 あり

「データ専用SIM」と「SMS機能付きSIM」は、最低利用期間を過ぎないと解約できません。契約月を合わせて、最低2カ月間は使い続ける必要があります。

「音声通話機能付きSIM」の場合は、最低利用期間内の解約が可能。

しかし解約する月によって、違約金の金額が変化するんです。

音声通話機能付きSIMの解約金の金額は、(12カ月)ー(利用月数)✕(1,000円)で算出されます。

僕は計算苦手だから、違約金がいくらになるのかわかんないよ~。
音声通話機能付きSIMの解約金は「IIJmio(みおふぉん)を解約する方法や解約金について解説!」で調べられるよ。

ちなみに最低利用期間の12カ月を過ぎてしまえば、いつ解約しても解約金は発生しません。

IIJmioの解約方法を紹介

IIJmioはスマホやパソコンから、インターネット上で解約手続きができます。IIJmioの解約手順は、次のとおりです。

IIJmioの解約手順
  1. IIJmioの会員専用ページにログインする
  2. メニューから「サービスのご解約」を選ぶ
  3. 解約したいサービスコードにチェックする
  4. 注意事項・解約内容を確認する
  5. 解約の理由を選択して「解約申し込み」をタップする
解約予定日の20:00までに「解約取り消し」手続きをすれば、解約のキャンセルができるよ。

IIJmioのMNP転出手続き方法を紹介

IIJmioから番号そのままで他社へ乗り換える手続きのことを、「MNP転出」といいます。MNP転出の場合も、IIJmioの会員専用ページから簡単に手続きが可能です。

MNP転出には電話番号1つあたり、3,000円(税抜)の転出手数料がかかります。

MNP転出手続きの手順は、次のとおりです。

IIJmioでMNP転出する手順
  1. IIJmioの会員専用ページにログインする
  2. メニューから「MNP予約番号の発行・確認」を選ぶ
  3. 転出する電話番号を選ぶ
  4. 必要事項を確認して「申し込む」をタップする

MNP転出手続きが完了したら、4日以内で登録したアドレス宛に「MNP予約番号」が届きます。

MNP予約番号には7~10日の有効期限があるので、メールを受け取ったら早めに乗り換え手続きをしましょう。

他社で乗り換え手続きが完了すると、IIJmioとの契約も解約となります。

IIJmioは他社にない魅力的なサービスがいっぱい

IIJmioは海外専用SIMが活用できたり、通話料がお得になる「みおふぉんダイアル」が利用できたりと、さまざまなサービスを提供しています。

また1つのプランを複数枚のSIMカードでシェアできるので、家族みんなで利用すれば、月々のスマホ代がかなりお得になりますよ。

家族でIIJmioを利用する場合は、IIJmioが提供する光回線「IIJmioひかり」を契約するのもおすすめ。

「IIJmioひかり」とSIMをセットで契約すれば、毎月スマホ代が600円割引されるんです。

手続き不要で使える「IIJmioプリペイドパック」はコンビニで購入できるので、契約を検討中の人はぜひ利用してみてくださいね。

※記載されている内容は2017年10月現在のものです。

NEW ENTRY

12