SIMフリースマホの技適マーク確認方法と電波法

SIMフリースマホの技適マーク確認方法と電波法

毎日使うスマホだからこそ、こだわって選びたいもの。中には日本では発売されていない、海外のスマホを購入して使いたいという人も。

また海外で購入・使用していたスマホを、日本に帰国後も使い続けたい人もいます。

しかし海外のスマホや中古スマホを購入する場合は、技適マークが表示される端末を選ぶ必要があります。

技適マークがないスマホを使用し続けると、場合によっては電波法に違反してしまう可能性もあるんです。

またスマホだけでなくポケットWi-Fiやパソコン、Bluetooth接続のヘッドフォンや自撮り棒なども、例外を除いて技適マークが必要です。

海外のスマホを使用し続けるため技適マークを取得したくても、国の認可などを受ける必要があり現実的ではありません。技適マーク付きの端末を新たに買うことをおすすめします。

ここではスマホの技適マークを確認する方法と電波法について詳しく解説します。

技適マークとは?海外版のスマホやパソコンは要注意!

技適マークとは、日本国内で無線機を使うために必要な認証を受けていることを示すマークです。スマホやパソコン、携帯型ゲーム機といった無線通信をする機器は、この認証を受ける必要があります。

国内で販売されている機器はドコモなどの代理店や製造メーカーが認定を受けており、技適マークが付いています。

しかしインターネットなどで「海外版」として売られているスマホは、日本向けに製造されたものではありません。そのため技適マークが付いていない可能性もあり、特に注意が必要です。

技適マークとはどのようなものなのか、確認方法まで詳しく見ていきましょう。

スマホやWi-Fiには技適マークが必要!技適マークを解説

技適マークは、技術認証をクリアし国内での使用が認められた機器に付けられ、このように表示されます。

技適マーク

スマホやパソコン、ポケットWi-Fiなどを使用するのに技適マークが必要な理由は、他人の通信を妨害する恐れがあるからです。

日本では放送業務用無線や防災無線などの重要な無線がありますが、技適マークのない外国機器が利用する電波はこの無線を使用してしまうこともあり、その通信を妨害し混乱を招く危険性があります。

そのため日本で他人の通信を妨害する危険がなく、安全に電波を使用するために、国内で無線を使用する機器を使う場合、技術認証をクリアした技適マーク表示がある機器を選ぶ必要があります。

iPhoneとXperiaの技適マークを確認する方法

現在インターネットなどでは多くの海外版スマホ端末が売られていますが、中には技適マークが付いていないスマホも混ざっています。

国から認可を受けた機器には技適マークが付いているので、購入前に必ず確認し技適マークの付いているスマホを選びましょう。

技適マークの確認方法例
  • 設定メニューからディスプレイ上に表示する
  • 端末の裏やバッテリー部分を見る
  • 端末に貼られているシールを確認する

スマホの中でも特に人気のあるiPhoneとXperiaは、設定からディスプレイ上に表示し確認できます。

設定メニューから確認する場合の表示方法例を紹介します。

iPhone6sの場合

技適マークの確認手順
  1. 設定
  2. 一般
  3. 情報
  4. 法律に基づく情報
  5. 認証

技適マークの確認方法「iPhone6sの場合」

XperiaZ5の場合

技適マークの確認手順
  1. 設定
  2. 端末情報
  3. 認証

技適マークの確認方法「XperiaZ5の場合」

技適マークがあるかわからない場合は購入前に販売元に確認し、技適マークがあるスマホを購入しましょう。

技適マークがないスマホやパソコンを使うと、Wi-FiやBluetooth、通話、LTE、3Gなど多くの通信が一部例外を除き違法になりますので要注意です。

技適マークがないものを使ったらどうなるの?
電波法違反に問われると、1年以下の懲役または100万円以下の罰金、重要な無線通信の妨害で5年以下の懲役又は250万円以下の罰金となるんだ。

海外のスマホを日本で使う方法とは?法改正のポイント解説

「一部例外」というのは一体どのような場合なのでしょうか。

以前は技適マークがない機器の使用は全て違法でしたが、2016年5月に電波法が改正され一部例外が認められました。しかし例外的に使用可能な場合でも、いくつかの条件があります。

また例外的に認められるのは子機としての使用のみで、技適マークのないポケットWi-Fiなどの無線LANルーターは例外なく利用不可です。

海外で購入・使用していたスマホを日本に持ち帰り、日本のSIMを入れて利用し続けることも可能ですが、国内の滞在が90日を超えるとWi-FiやBluetoothの使用が電波法違反になるので、あまりおすすめできません。

日本で技適マークなしの海外版スマホが利用可能な条件を詳しく見ていきましょう。

海外のスマホは法改正で利用可能になったが例外的!使用には条件あり

2020年には東京オリンピックが開催される日本。海外からの旅行者は増えています。

観光庁

外国人旅行者には「日本でWi-Fiなどを利用し、自分のスマホを使いたい」というニーズが高まっていました。

電波法の改正前は、日本で技適マークのないスマホなどの利用は全て電波法違反でしたが、オリンピックを見据えた2016年の電波法改正により、例外的に技適マークのないスマホなどの利用も合法になりました。

この例外というのはいくつか条件がありますが、その条件を満たすことで公衆LANスポットへのアクセスやテザリング、端末同士の直接通信が認められます。

他国から持ち込んだスマホ、タブレット等の利用条件
  • 入国日から90日以内に限る
  • 海外から使用者本人が持ち込むこと
  • 欧州のCEマークや米国のFCC認証が付いていること
  • Wi-Fi Allianceの認証を受けていること
  • テザリング・端末同士の直接通信は2.4GHz帯のみ

この条件が当てはまるのは、海外からその機器を使用する本人が持ち込んだ場合のみです。日本で海外版スマホなどを購入して使用することは電波法違反になるので、注意が必要です。

データ通信用SIMのみなら使用できる!周波数と事業者を確認しよう

90日以内であれば公衆LANスポットへのアクセスやテザリング、端末同士の直接通信が可能であると説明しました。

しかし海外版スマホに日本のSIMを挿して使用する場合はどうなるのか、気になる人もいるのでは。

海外版スマホに日本のSIMを挿して使用する場合、以下の条件を満たす必要があります。

海外版のスマホに日本のSIMを入れて使用する条件
  • 海外から使用者本人が持ち込むこと
  • 欧州のCEマークや米国のFCC認証が付いていること
  • 周波数が2.4GHz帯・5.2GHz帯・5.3GHz帯・5.6GHz帯の電波であること

この場合海外で購入した本人が日本に持ち込むことが大前提のため、日本にいながらネットなどで技適マークのない海外版のスマホ端末を購入して使用することは、例外に認められず電波法違反になります。

もし海外で直接購入・利用を開始し日本でも使用し続けたい場合は、90日を過ぎたらWi-FiやBluetoothはオフにしてね。

技適マークのないスマホを日本で日常的に使うのは非現実的

自分が海外で購入し現地で使用していたスマホでも、入国日から90日を過ぎるとWi-FiやBluetoothの利用が電波法違反になります。

日本のSIMを入れて通信し、Wi-FiやBluetoothを絶対にONにしないのであれば、海外版のスマホを使い続けることも可能です。しかしWi-FiやBluetoothを使えなければ、スマホの利便性はかなり落ちてしまいます。

このように考えると日本で入国日から90日を超えての使用はおすすめできません。

「それなら技適マークを付ける方法はないのか」と考える人もいるのでは。

しかしそれも現実的ではありません。技術認証を受け技適マークを付けるには、設計図などの提出が必要だからです。

技適マーク付きのSIMフリースマホは安価で販売されているので、新しくスマホを購入するのをおすすめします。

新品でも6,000円前後から販売されているSIMフリーのスマホもあります。また携帯メーカーや家電量販店が直接販売する、人気のアンドロイド端末でも多くが2万円前後です。

中古専門サイトなどでもSIMフリースマホは販売されているけれど、その際も技適マークがあるか必ず確認してね。

中古スマホの入手先と注意点については「白ロムとは?購入方法と注意点」で詳しく紹介しているよ。

Wi-Fi・Bluetoothも技適マーク必須!無線の自撮り棒も

ここまでスマホを中心に技適マークについて説明してきました。

しかし実はこの技適マークの話、スマホ限定ではないんです。スマホ以外にも以下のようなWi-FiやBluetoothを使用する機器が含まれています。

Wi-FiやBluetoothを使用する機器一例
  • パソコン
  • DSやPSPなどの携帯型ゲーム機
  • ヘッドフォン
  • イヤホン
  • スピーカー
  • 自撮り棒

これらのWi-FiやBluetoothを利用する機器も電波を発するため、防災無線などに支障をきたさないよう技適マーク付きの機器を使う必要があります。

また海外から持ち込んだ場合も、スマホと同様に入国後90日を過ぎての使用は電波法違反になります。

特に多くの人が、Bluetoothを使った自撮り棒にも技適マーク表示が必要だという事実を知りません。インターネットの通販サイトでは海外から輸入した、技適マーク表示のない自撮り棒も販売されているため、必ず技適マーク付きか確認してから購入する必要があります。
通販サイトで確認なんてどうやってするのよ?
Amazonや楽天市場などの通販サイトでは、商品説明に「技適認証済み」や「技適マーク取得」と記載されている商品があるんだよ。

通販サイトで海外のイヤホンやヘッドフォン、自撮り棒を購入するときは記載のある商品を選ぶのがおすすめ。

日本で生活するなら技適マークつきのスマホを購入しよう

技適マークについて説明してきました。海外でしか売られていないスマホ端末を使いたいという人も多くいますが、海外のスマホを購入するときは技適マークが付いているか必ず確認してから購入するのをおすすめします。

また海外で使用していたスマホを日本で使い続けたい場合も、入国日から90日を過ぎるとWi-FiとBluetoothを使うことは違反にあたるため、新たにスマホを購入したほうが利便性も高いです。

スマホだけでなくパソコンや携帯型ゲーム機、Bluetoothを使うヘッドフォンや自撮り棒も、技適マークが表示されているか確認してから購入してください。