格安SIMでのテザリング方法と注意点

格安SIMでのテザリング方法と注意点

外出先でノートパソコンやタブレットなどをネットに繋げるためには、スマホのテザリング機能を使うのが便利です。

わざわざフリーWi-Fiのある場所を探さなくても、スマホさえあればインターネットやメールの確認ができます。

格安SIMでも現在は多くの機種がテザリング対応しているので、ポケットWi-Fi代わりに外出先でルーターとして利用でき便利です。

なんと格安SIMなら追加料金なしでテザリングできるので、ポケットWi-Fiを契約する必要はなくなり、通信費を大幅に節約できます。

テザリング対応していない機種もあるので注意が必要ですが、特別なアプリをインストールすれば、未対応の機種でもテザリングできる裏ワザがあります。

今回は外出先でもノートパソコンなどのネット環境が必要な人へ、通信費を安く抑える格安SIMを利用したテザリング方法について説明します。

テザリングとは?スマホでインターネットに接続する3つの方法

テザリングとは、スマホ(親機)を使って他のスマホやタブレット端末、それからパソコンなどの子機をUSBケーブルやWi-Fi、Bluetoothで繋ぎ、インターネットに接続することです。

デザリング解説イラスト

テザリングをすることによって、外出先でもノートパソコンやゲーム機をネットにつなげることができます。

テザリングには次の3つの接続方法があります。

  • USBテザリング
  • Wi-Fiテザリング
  • Bluetoothテザリング

これら3つのテザリング方法を比較してみましょう。

テザリングの種類 通信速度 バッテリーの持ち セキュリティ 同時に接続できる端末
USBテザリング 1台(パソコンのみ)
Wi-Fiテザリング 複数
Bluetoothテザリング 1台

パソコンを利用するときはUSBテザリングが一番おすすめです。

通信速度が速くセキュリティも高いため、仕事で重いデータをダウンロードしたり、動画の視聴をしたりするときに快適に利用できます。

スマホを充電しながら使えるので、テザリングによる電池の消耗を気にする必要はありません。

またUSBテザリングはUSBケーブルが必要ですが、他人が勝手に接続することはできないのでセキュリティは高くなります。

ただし複数の端末を接続することはできないので、パソコンやタブレットを同時に使いたい場合はWi-Fiテザリングを利用しましょう。

Wi-Fiテザリングは最も一般的な接続方法で、複数の端末をネットに繋げられるのが特徴です。

しかし暗号化されていないWi-Fiを利用してネットショッピングなどをすると、同じ電波を受信できる位置にいる人にクレジットカード番号を見られ、カードを不正利用されることがあります。

テザリングの注意

Bluetoothテザリングは、USBケーブルを持ち運ぶ必要がなく荷物は減りますが、他の接続方法に比べ通信速度が遅いのがデメリットです。

インターネットの利用には、格安SIMとポケットWi-Fi(モバイルルーター)を使った接続方法もおすすめだよ。

詳しくは「格安SIMでモバイルルーターを使う方法」を読んでみてね。

端末によっては使用不可!?格安SIMでテザリングするときの注意点

格安SIMもドコモやau、ソフトバンクのような大手キャリアと同様、テザリングすることは可能です。

しかし格安SIMのプランや使用する端末によってはすぐ通信速度が落ちてしまったり、テザリングができなかったりする場合もあり注意が必要です。

格安SIMを使ってテザリングを行う際の注意点を説明します。

通信制限がかかる場合も!?MVNOのプランはデータ容量に注意

ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアから回線を借り、安い料金でスマホを利用できるようにする会社をMVNOといいます。

格安SIMでテザリングするなら、利用可能なデータ容量が多いプランを契約しましょう。

動画の視聴など大容量の通信をすると、データ容量を使いきってしまう恐れがあります。

MVNOが設定するプランには利用可能なデータ容量が少ないプランが多く、テザリングを行うとすぐ契約の上限まで使用してしまい、通信スピードが遅くなってしまいます。

テザリングの注意

テザリングを頻繁に行う人向けの大容量プランもあります。契約するときの参考にしてみてください。

音声通話プラン20GBの月額料金例
MVNO プラン 月額料金
楽天モバイル 20GBプラン 4,750円
DTI SIM 音声プラン20GB 5,550円
DMMモバイル 通話SIMプラン20GB 5,980円

大容量プランのあるMVNOについて詳しくは「データ通信量無制限・大容量の格安SIMプランを徹底比較!」で紹介しています。

テザリングできない端末はMVNOごとで違う!事前に確認しよう

また格安SIMを購入してテザリングを行う際、プランだけでなく使用する端末選びにも注意が必要です。MVNOによってテザリング可能な端末は違います。

例えばドコモ回線を利用するドコモ系MVNOの場合、SIMフリーのアンドロイド(Android)端末や2015年夏モデル以降の一部機種などではテザリング可能です。

au回線を利用する会社(au系MVNO)は、アンドロイド端末であればテザリングに対応しています。

ただし同じ回線を利用するMVNOでもテザリングできる端末は異なるので、各MVNOのホームページで対応している端末を確認しておきましょう。

SIMフリーって何?
どの会社のSIMでも使える、携帯会社のロックがかかっていないスマホだよ。

SIMフリーについては「SIMフリーのメリットとデメリット」で詳しく説明しているから、読んでみてね。

アンドロイド端末でテザリングを可能にするアプリを3つ紹介!

上で説明したようなテザリング不可とされるアンドロイド端末を、テザリングできるようにするアプリもあります。おすすめのアプリを3つ紹介します。

PDA-Net

スマホとテザリングしたい機器をBluetoothで接続してテザリングするアプリです。両方の端末にこのアプリをインストールし、Bluetoothでペアリングするだけで簡単にテザリングできます。

片方がBluetoothを利用できなければ、USB接続でもテザリングすることが可能です。

PdaNet+

Easy Tether Lite(No root)

アンドロイド端末をテザリング可能にするアプリです。外出先でWi-Fi接続を利用したときの通信速度が速くおすすめです。 

Easy Tether Lite (No root)

TetherSetting 無料のテザリングアプリ

接続に必要なSSIDやパスワードを変更できるので、セキュリティ面も安心。第三者のタダ乗りや不正アクセスを防げます。

TetherSetting - 無料のテザリングアプリ -

iPhoneの場合はホーム画面にある「設定」から、テザリング設定を行うことができます。詳しい手順などはMVNOの公式ホームページで確認してください。

このアプリを使えば、どんなスマホでもテザリングできるの?
残念だけどこれらのアプリを使っても、OSのバージョンアップなどの理由でテザリングできない場合もあるよ。

アプリを使ってもテザリングできなければ、端末の買い替えをおすすめするよ。

格安SIMのテザリングをうまく利用すれば携帯料金を節約できる

格安SIMのテザリングにはUSB、Wi-Fi、それからBluetoothを使った3つの方法があります。

特にUSBテザリングは通信速度が速く、親機となるスマホを充電しながら使えるので便利です。外出先でも仕事でパソコンを使う人にもおすすめです。

しかしテザリングには対応していない機種もあります。格安SIM購入前には、MVNOのホームページにある「動作確認端末一覧」のページでテザリング可能な端末を確認しておきましょう。

利用中のスマホがテザリング対応していれば、端末は変えずに格安SIMにでき端末代を節約できます。

格安SIMは大手キャリアに比べ月々の携帯料金が格段に安くなります。その格安SIMを使ったテザリングは追加料金がかからないので、ぜひ利用してください。

※記載されている内容は2017年5月現在のものです。