AppleSIMとは?国内・海外でiPadが活用できる最強SIM

AppleSIMとは?国内・海外でiPadが活用できる最強SIM

2014年に発表されたApple SIMですが、その仕組みに世界中が衝撃を受け、一躍注目が集まりました。

その仕組みとはApple SIMが1枚あれば世界90カ国以上で、現地の携帯会社を数社から画面上で選びプリペイド契約ができるもの。

これまでのように携帯会社ごとで発行されるSIMカードを、わざわざ差し替える必要がなくなったのです。

現地に到着後すぐに携帯会社と契約できるので、海外旅行や出張に行く人におすすめです。

また「出先で少しだけデータ通信を使いたい」「長期プランに入りたくない」という人には、国内での利用も便利です。

ただしこのApple SIMはiPhoneに対応しておらず、使用できるのは最新のiPadのみなので注意が必要です。

今回はApple SIMの仕組みやiPhoneに対応していない理由、購入の仕方やおすすめの使用方法まで詳しく紹介します。

Apple SIMとは革新的な仕組みだった!基礎から解説

これまでも海外で自分のiPadを使用するときには、次のようないくつかの方法がありました。

海外で自分のiPadを使用する方法
  • キャリアの海外プランに加入
  • ポケットWi-Fiをレンタル
  • 現地でSIMカードを購入
  • 日本で現地対応のSIMカードを購入

どの方法も海外プランやポケットWi-Fiのレンタルを申し込んだり、SIMカードを購入したりと一手間必要でした。

しかしApple SIMはその1枚を差し込んでおけば、海外でSIMカードを買う必要はありません。

画面上で現地の携帯会社を自由に選んでその場で契約ができるという、破壊力抜群の今までにない便利さ・手軽さです。

Apple SIMの解説イラスト

例えばApple SIMを差し込んでイギリスに行くと、携帯会社3社から契約先を選ぶことができます。

わざわざSIMカードを差し替える必要もないので、入国審査の待ち時間などで手早く契約できます。

ただしApple SIMはiPad全ての端末に対応しているわけではありません。

Apple SIMに対応するiPad
  • iPad Pro
  • iPad Air2
  • iPad mini4
  • iPad mini3

Apple SIMを検討する場合は、対応端末かどうか確認しておきましょう。

日本で使用する場合はauのみ取り扱いで、1GB1,500円(税別)だよ。プリペイド契約だから、たまに出先で使いたいという人におすすめ。

Apple SIMメリットと国内・海外での使い方を解説

Apple SIMを国内・海外で使用する際のメリットと、お得な使い方を紹介します。

Apple SIMのメリット
海外
  • SIMカードを差し替える必要がない
  • 画面上で自由に携帯会社を選べる
国内
  • 長期プランに縛られない
  • ちょっと出先で使う分だけ購入できる

海外では入国審査待ちの時間など、隙間時間にすぐ画面上で契約できます。

また国内でも毎月のプランに縛られず、出先で少し使いたいときなどに使うことができ便利です。

国内ではiPadの使い方に合わせてSIMカードを変えるのが賢い使い方。

Apple SIMを海外・国内で利用するメリットや便利な場面をそれぞれ詳しく紹介します。

Apple SIMが最短ルート!海外でiPadを使う方法を比較

海外でiPadを使うにはいくつか方法があります。Apple SIMとそれぞれ比較しました。

海外でiPadを使う方法比較
メリット デメリット
Apple SIM
  • 現地到着後すぐに画面上で、自由に携帯会社を選んで契約できる
  • SIMカードを差し替える必要がない
  • 世界90カ国以上で使える
  • 携帯会社によって現地のクレジットカードが必要
  • 高額なプランしかない場合がある
Wi-Fiレンタル
  • 空港でレンタルできる
  • 事前予約しないと品切れの場合がある
  • 持ち運ぶ必要がある
キャリアの海外プラン
  • 画面上ですぐに利用を開始できる
  • 滞在国によって1日約1,500円など高額
現地でSIMカードを購入
  • 料金が安い
  • 空港などでSIMカードを探したり、差し替える手間がある
  • 日本語が書いていない
日本でSIMカードを購入
  • 日本語表記なので安心
  • 料金が安い
  • 事前に購入する手間が必要

最も安い方法は現地でSIMカードを購入することですが、空港やコンビニでSIMカードを探したり現地で差し替えたりと手間がかかります。

Apple SIMなら国によって異なりますが、例えばイギリスでは3社から選ぶことができ、場所や時間を選ばずスムーズに通信が可能になります。

ただし国によっては高額なプランしかない場合もあるので、事前に調べておくことをおすすめします。

海外でiPadを使用できるシーンは多い!旅行に最適なSIM

大きくて持ち運びが不便だという印象もあるiPadですが、海外で活用すればとても便利なんですよ。

海外でのiPadお役立ち術
  • マップで目的地までナビゲート
  • ガイドブックとして行き先を検索
  • SNSやメールがいつでも使える
  • 言葉が分からなければオンライン翻訳
  • 各地の天気予報をリアルタイムでチェック
  • ゆっくり読書に映画や音楽鑑賞
  • 動画や写真が高画質で撮れる

Apple SIMで現地の携帯会社と契約すれば、iPadを快適にオンラインで通信できます。旅行や出張で普段より快適に過ごせます。

海外だけじゃない!国内版Apple SIMの使い方

Apple SIMが有効なのは海外だけではありません。国内でも有効活用することで、便利で快適にiPadを利用することができます。

Apple SIMの国内利用がおすすめな人

  • 普段はWi-Fi環境でiPadを使用
  • Wi-Fiが利用できない場所でもiPadで通信したい
  • 月額利用に縛られたくない
  • 通信の利用頻度にむらがある

Apple SIMは日本国内でauのみが1GB1,500円(31日間有効)でサービスを提供しています。

1GBでできること

  • メールを約2,000通の送受信
  • サイトを約6,600ページ閲覧
  • ネット動画を約4時間再生

これだけできれば普段Wi-Fiを利用し、たまにデータ通信を使うだけなら十分だという人も多いのではないでしょうか。

月額料金に縛られず、使いたいときに使いたいだけ契約できるSIMカード。利用頻度にむらがあったり普段Wi-Fi環境で使用している人におすすめです。

国内ではMVNO、海外ではApple SIMと使い分けもアリ

国内でWi-Fi環境にない場所でもiPadを多用する人もいますよね。そんな人におすすめなのが国内ではMVNOの格安SIM、海外ではApple SIMとSIMカードを使い分けする方法。

国内MVNOのIIJmioやmineoなどでは、毎月3GBを1,000円以下で使用できるプランもあるため、普段からデータ通信を多く利用するユーザーにおすすめの使い方です。

またiPad Pro Wi-Fi + Cellularなら、Apple SIMの他にもう1つSIMカードを差し込むスロットがあるので、Apple SIMを挿したままでも国内・海外ともにMVNOと契約し使用することも可能です。

うーん、Apple SIMとMVNOのSIM、どっちがお得なんだろう~?
MVNOで月額利用する場合は毎月通信料金がかかるから、使用頻度や通信料によってMVNOとApple SIMのどちらがお得かは人によって変わるよ。

一度毎月のデータ通信量を確認してみて。ほぼWi-Fiを利用したり使用頻度にむらがある人にはApple SIMがおすすめだよ。

Apple Storeで購入可能!すでに内蔵されている場合も

Apple SIMがiPadの一部端末に対応していると紹介しました。対応している端末を持っていたり、購入を検討している人の中には、Apple SIMの入手方法が気になる人もいるのでは。

Apple SIMの入手方法
  • 端末に初めから内蔵されている
  • Apple Storeで購入する

端末に初めからApple SIMが内蔵されている場合は、SIMロックが解除されていないと国内で利用ができません。

内蔵していなくても対応していれば、Apple Storeで購入して利用することができます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

Apple SIM内臓のiPadもあり!SIMロックに注意して

au・ソフトバンク・ドコモやApple Storeで契約・購入した場合、Apple SIMは初めから内蔵されている端末もあります。購入・契約するときにチェックしておきましょう。

Apple SIM内蔵の場合は、海外でそのまま利用することができます。しかしキャリアで契約している場合、国内でApple SIMを利用するためにはSIMロック解除が必要です。

SIMロック解除には契約後180日を経過していることなどの条件があり、解除しなければApple SIMを含め他社のSIMカードは利用できません。

国内は契約している携帯会社しか利用できませんが、海外で使う場合はSIMロック解除していなくても現地の携帯会社を選びプリペイド式で契約できます。

SIMロック解除しSIMフリーの状態にすれば国内でもApple SIMやその他携帯会社のSIMカードを使えるようになります。

また日本国内ではauが回線をApple SIMに提供しているものの、Apple SIMは他社のSIMという扱いのため、やはりSIMロック解除をしないと利用することができません。

Apple SIMが別売りの場合は、全国のApple Storeで600円(税別)で購入可能です。

SIMロック解除って何?
SIMロック解除とは自社のSIMカードしか対応しないようロックをかけたものを解除することだよ。

ロックは大手3キャリアであるau・ドコモ・ソフトバンクが、他社への流出を阻むためにかけているんだ。

SIMロック解除については「SIMロック解除とは?SIMロック解除義務化でiPhoneも対応」の記事で詳しく説明しているよ。

Apple SIMはiPhoneに対応しない!iPadだけの理由

とても便利で手軽なApple SIMですが、iPhoneには対応していないので注意が必要です。

iPhoneは5以降、Apple SIM対応のiPadと同じnanoサイズのSIMカードが使われています。サイズが同じなのでApple SIMをiPhoneに差し込むことは可能ですが、通信はできません。

AppleはiPhoneにApple SIMを搭載するつもりはないという見解を示しています。その理由は多くの人がiPhoneを、日本でいえばauやソフトバンク、ドコモのような携帯会社から購入しているためとしています。

Apple SIMを使えば自由にキャリアを選ぶことができるようになります。しかし多くのiPhoneユーザーがiPhoneを購入する前に携帯会社を選び、その携帯会社からiPhoneを購入しています。

iPadとiPhoneを購入する方法の主な流れ
  • iPad
  1. iPadをApple Storeなどで購入
  2. 携帯会社を選択
  3. 契約
  • iPhone
  1. 携帯会社を選択
  2. iPhoneを購入
  3. 契約

つまりわざわざApple SIMで携帯会社を選ぶまでもなく、ユーザーは携帯会社を選んでいるので、iPhone購入後に携帯会社を選ぶ必要がないのです。

ではなぜiPadにはApple SIMを搭載し始めたのでしょうか。その理由をAppleは「iPadの場合iPhoneよりも独自に販売するルートがあるからだ」としています。

SIMカードのサイズにはnano・micro・標準と3種類あって、端末によって対応サイズが違うんだ。

SIMカードのサイズについては「SIMカードのサイズと対応機種一覧」で詳しく解説しているよ。

海外旅行に行くiPadユーザーはApple SIMを活用して!

Apple SIMは1枚で携帯会社を選ぶことができる画期的なものですが、一部のiPadにのみ対応という点に注意が必要です。iPhoneに差し込むことはできても動作はしません。

海外でApple SIMを利用すれば、入国審査の間にスムーズにiPadでデータ通信を利用できるようになります。

SIMカードを購入やポケットWi-Fiのレンタル、高額な海外プランを利用する必要がなくなり、スムーズでお得にネットを海外で利用できます。

キャリアで購入したiPadを国内で使用する場合、SIMロック解除をしなければApple SIMが使用できない点に注意しましょう。

iPadは国内だけでなく海外旅行や出張でも大活躍すること間違いなしですよ。ぜひ参考にしてください。

※記載されている内容は2016年12月現在のものです。