NifMoで使える端末を用意!iPhoneなどの入手方法を解説

「@nifty」で知られるニフティの格安SIM「NifMo(ニフモ)」。SIMカードだけでも契約できますが、NifMoではSIMカードとスマホをセットで購入する「スマホセット」が人気です。

NifMoのスマホセットなら、機種によっては24回の分割払いができます。一括払いとの支払額の差はほとんどなく金利手数料はNifMo負担なので、お財布事情がきびしい人にもおすすめ。

人気のiPhoneのようにNifMoで販売していないスマホを別で用意したり、今使っているスマホを使い続けたりすることも可能です。

この記事では、NifMoで使えるスマホ端末とその準備を、「NifMoでスマホセットを購入」「他社で購入したスマホを使用」「中古端末を用意」それぞれの場合について説明します。

NifMoでSIMカードとスマホ端末をセットで購入する

NifMoには、SIMカード単体だけでなくスマホ端末も同時購入できる「スマホセット」があります。

自分で端末を用意するのが手間だという人はもちろん、24回の分割払いも選べるので、経済的に一括払いが難しい人にもおすすめ。

ではスマホセットについて詳しく見ていきましょう。

NifMoのスマホセットのラインナップ

NifMoで購入できるスマホ端末は、機種や本体のカラーが選べる多彩なラインナップ。近年スマホ市場でシェア拡大中のHUAWEI(ファーウェイ)の機種や、高性能の割に安いと人気のZenFone(ゼンフォン)シリーズが名を連ねています。

最新機種もあり、価格は1万円台~8万円台と幅広い設定。ほとんどの機種で24回の分割払いが可能で、端末分の支払いは月々1,000円~3,000円に収められます。

機種によってはお得な割引やサービスあり

NifMoでは、スマホセットで購入した場合、機種によっては「機器セット割」が適用されます。前年の機種などではありますが、最大24カ月間、NifMoのデータ通信プラン料金を上限として税抜200円引き。機種にこだわりのない人向けです。

また、機種によっては新規でNifMo指定アプリを利用(インストール+ログイン)すると、料金が1アプリにつき500円引きとなることも。

適用される割引サービスや機種は時期によって異なるので、買う前にNifMoの公式ホームページでチェックしてみてください。

NifMoって、月額利用料と端末代金の支払い方法が違うって聞いたけどホントなの?
本当だよ。通信料など月額利用料金は、クレジットカードまたは@niftyで登録している支払い方法のどちらかしか選べないんだ。

でも端末代金の支払いは、「12回または24回の分割払い」あるいは、端末が届いたとき運送会社のドライバーさんに「現金」または「クレジットカード」、「デビットカード」から選べるよ。

NifMoの支払いについて詳しくは「NifMoの支払い方法を徹底解説!デビットカードも使える!?」を見てね。

NifMoで使う端末を自分で用意する

自分が今使っている端末を、そのままNifMoで使いたい人も多いのではないでしょうか。あるいは人気のiPhoneなど、NifMoには取扱いのない機種を使いたい人もいますよね。

NifMoの公式ホームページ「動作確認済みデータ端末一覧」に機種名があれば、ドコモまたはSIMフリーの端末をそのままNifMoで使えます。

それ以外の端末はNifMoでは使えません。それぞれについて説明します。

ドコモで購入した端末をNifMoで使う

NifMoは、NTTドコモの回線をレンタルして運営されている格安SIM。

ドコモで購入した端末なら、NifMoでもそのまま使えます。

ただしNifMo公式ホームページにある「動作確認済みデータ端末一覧」にない機種については、使えない可能性があります。一度確認してみてください。

iPhoneについては、NifMoに問い合わせたところ「iPhone 5s以降であれば動作確認がとれています」とのこと。

au、ソフトバンクで購入した端末をNifMoで使うのは避ける

NifMoでは、auあるいはソフトバンクの端末の動作確認を行っていません。

NifMoはNTTドコモの回線を使っており、au、ソフトバンクとは対応周波数帯が違います。そのため、SIMロック※を解除したとしても、NifMoでは正常に使えない可能性がある、というのがその理由です。

SIMロックとは

大手キャリアが契約者が他社への流出するのを防ぐため、自社でしか使えないようSIMカードに制限をかけた状態のこと。

auやソフトバンクの端末を使っている人は、ドコモで販売された、またはSIMフリーの端末を用意しましょう。

SIMフリー端末を購入してNifMoで使う

SIMフリー端末とは、携帯電話会社との契約なしで購入できる端末のこと。大手家電量販店や、Amazon、楽天市場などのインターネット通販でも販売されています。

iPhoneの場合は、Apple StoreおよびAppleの公式オンラインストアで購入できます。

SIMフリー端末を購入する場合、「技適マーク」が付いているかどうかを確認しよう。このマークがないと、日本では電波法違反に問われる可能性があるんだ。これは次に説明する中古端末についても同じだよ。

技適マークについて詳しくは「SIMフリースマホの技適マーク確認方法と電波法」の記事を見てね!

NifMoで使うスマホ端末を中古で購入する

「人気のiPhoneを使いたいけど新品は高くて無理」「とにかく端末を安く手に入れたい」と言う人には、端末を中古で購入するのも1つの方法です。

ただし中古でスマホ端末を購入する際も、NifMoで使える端末の基準となる「動作確認済みデータ一覧」に記載の機種かどうかと「技適マーク」を確認することが必要です。

中古で入手できる端末にも種類があります。それぞれについて見ていきましょう。

動作確認済みのドコモ版とSIMフリー版はそのまま使える

ドコモで販売されていた端末は「ドコモ版」と呼ばれ、最初からSIMロックがかかっていない端末は「SIMフリー版」と呼ばれています。購入する際は、商品の値札などにある表示を確認し、どちらかを選びましょう。

NifMoの公式ホームページ「動作確認済みデータ端末一覧」に機種名があれば、ドコモ版とSIMフリー版ならそのまま使えます。

auとソフトバンクの中古端末は避けたほうが無難

NifMoで使う端末を中古で購入するなら、au版とソフトバンク版は避けましょう。

上の章でも説明しましたが、NifMoではauおよびソフトバンクで購入した端末の動作確認を行っていません。

NifMoはNTTドコモの回線を利用しており、auやソフトバンクとは周波数帯が異なるため正常に動作しない可能性があるという理由からです。

NifMoの提携ショップで中古スマホ端末が買える

中古製品を扱う店のなかには、価格の安さのみを売りにし、品質の良くない端末を確認もせずに販売しているところもあるようです。

そのため、購入する店舗は価格だけでなく、保証などのサービスがきちんとしているショップを選びましょう。

NifMoの公式ホームページでは、中古端末を取り扱うオンラインショップが2店舗紹介されています。

  • ノジマオンライン
  • モバ・リス

ノジマオンラインは、ニフティの親会社であるデジタル&家電専門店「ノジマ」のオンラインショップ。「モバ・リス」は、NifMoと提携している中古スマホ・タブレット専門店です。

端末を用意したら、いよいよNifMoに申し込みです。申し込みの方法は「NifMo(ニフモ)の申し込み方法と流れを詳しく解説」を参考にしてください。

その後SIMカードが届いてからのAPN設定については「NifMo(ニフモ)のSIMが届いたらAPN設定!手順を解説」で詳しく紹介しています。

ちなみにNifMoでは、契約して12カ月以上経つとNifMoで販売している端末に機種変更ができるよ。新規でスマホセットを購入するときよりもお得な価格なんだ。

ただし機種変更には事務手数料が3,000円(税抜)必要なんだ。選ぶ機種によってはお得じゃなくなるから気をつけて。

NifMoはスマホセットが人気!自己調達ならドコモかSIMフリー

NifMoでは、SIMカードとスマホ端末とのセット購入が人気。その主な理由として「価格が割引になった」「キャッシュバックがあった」などの声が挙げられています。

NifMoでスマホ端末を購入するなら、機器セット割のある機種を選んだり、キャッシュバックなどのキャンペーンが出ているかをまめにチェックしたりしましょう。

自分で端末を用意する場合は、その端末がNifMoで動作確認済みかどうかが大きな基準となります。

動作確認一覧にない機種で契約後、正常に使えなかったとしても、NifMoでは契約のキャンセルはできず、それに関する対応もしてもらえないので注意してください。

※記載されている内容は2017年7月現在のものです。