docomo(ドコモ)端末のSIMロック解除手順

docomo(ドコモ)端末のSIMロック解除手順

LINEモバイルや楽天モバイル、mineo(マイネオ)など格安SIMを提供するMVNOの多くが、ドコモの回線を利用しています。

ドコモの機種を使って格安SIMに乗り換える場合、ドコモ回線を使う格安SIMなら周波数や通信方式の違いを気にせず使うことができます。

大手キャリアでスマホを契約している人の多くが毎月6,000円以上の通信料金を支払っていますが、MVNOに乗り換えれば毎月の携帯代を2,000円以下に抑えることができるんです。

ドコモの端末ならSIMロック解除なしでも、端末によってはドコモ回線を使用するMVNOに乗り換えもできます。

しかしSIMロック解除すれば他社回線の携帯会社も利用でき、海外でも現地対応のSIMを使って安く自分のスマホを使うことができおすすめです。

ドコモ端末のSIMロック解除方法をスマホ・パソコン・電話・ショップそれぞれで詳しく解説します。

ドコモのSIMロック解除条件と注意点は?他人の白ロムは解除不可

SIMロック解除とは、大手3キャリアであるau・ドコモ・ソフトバンクが、他社への乗り換えを阻むために、自社のSIMカードしか対応しないようかけているSIMロックを解除することです。

ドコモのSIMロック解除には、機種の発売時期別に条件があります。詳しく見ていきましょう。

2011年4月~2015年4月に発売された機種の場合

ドコモから2011年4月~2015年4月に発売された機種をSIMロック解除する場合は、次のような解除条件があります。

2011年4月~2015年4月に発売された機種の解除条件
  • SIMロック解除対象機種であること
  • 故障していないこと※
  • ネットワーク制限、おまかせロックなど各種ロックがかかっていないこと
※故障している場合は修理後に手続き

SIMロック解除対象機種であるかはドコモの公式ホームページで確認できます。

2015年5月以降にドコモから発売された機種の場合

ドコモから2015年5月以降に発売された機種をSIMロック解除する場合は、次のような解除条件があります。

2015年5月以降に発売された機種のSIMロック解除条件
  • 機種購入から6ヶ月が過ぎていること(※1)
  • SIMロック解除対象機種であること
  • 故障していないこと(※2)
  • ネットワーク制限、おまかせロックなど各種ロックがかかっていないこと
※1:契約している回線ですでにSIMロック解除をしたことがあり、さらに前回のSIMロック解除から6ヶ月以上経過していれば、機種を購入してから6ヶ月以内でも解除可能
※2:故障している場合は修理後に手続き

ドコモは2011年から他社に先駆けてSIMロック解除を拡大してきたため、多くが対応機種となっています。

ただしiPhoneだけは他社同様6s以降のみなので、注意が必要です。

docomoの白ロムをSIMロック解除できない!

中古スマホである白ロム※を、ヤフオクなどのオークションや中古スマホ専門サイトで購入する人もいます。中には購入後にSIMロック解除したいと考える人も。

白ロムとは

SIMカードが入っていない状態の端末で、基本的には中古品です。SIMカードを挿入することで端末を使用することができます。

白ロムについては「白ロムとは?購入方法と注意点」の記事で詳しく説明しています。

しかしドコモの中古スマホは、契約者本人が購入した端末でないとSIMロック解除はできません。そのためドコモの白ロムを購入しても、SIMロック解除はできないので注意が必要です。

SIMロック解除が契約者本人以外で可能なのはauの機種のみです。SIMロック解除を前提に白ロムを購入するなら、次のような白ロムがおすすめです。

おすすめの白ロム
  • auの端末
  • すでにSIMロック解除済の端末
  • もともとSIMフリーの端末

白ロムを購入する際は、自分の用途に合うタイプの端末を選びましょう。

SIMロック解除について詳しくは「SIMロック解除とは?SIMロック解除義務化でiPhoneも対応」で詳しく説明しているから、参考にしてね。

docomoのSIMロック解除方法を解説!所要時間3分・無料で簡単

ドコモのスマホをSIMロック解除するには、自分でドコモの公式サイトから解除手続きを行う場合と、ショップや電話でスタッフに解除してもらう方法に分かれますが、手数料が異なるので、注意が必要です。

ドコモのSIMロック解除方法と手数料
パソコン・スマホ 無料
ドコモショップ 3,000円
電話 3,000円
※ドコモを解約済みの場合は手数料が全ての方法で3,000円かかります。

ショップや電話は混雑している場合待ち時間がかかりますが、オンラインで公式サイトから自分でSIMロックを解除すれば、所要時間3分程度で簡単にできてしまうんですよ。

パソコン・スマホ・ドコモショップ・電話、それぞれの方法でSIMロック解除する手順を詳しく解説します。

スマホ・パソコンで行うドコモのSIMロック解除方法!手数料無料

スマホ・パソコンからオンライン上でSIMロック解除する手順を詳しく説明します。所要時間は3分程度です。

1.IMEIという15桁の番号をメモする
IMEIの確認方法
iPhone 設定 > 一般 > 情報 > IMEI
Android 設定 > 端末情報 > 機器の状態 > IMEI番号 > IMEI
2.My docomoにアクセスしログインする(スマホの場合ページ下部から、パソコン版に切り替える)
3.「ドコモオンライン手続き」を選択

docomoのSIMロック解除手順1

4.その他の「SIMロック解除」を選択

docomoのSIMロック解除手順2

5.機種を選択し、メモしておいたIMEI番号15桁を入力

docomoのSIMロック解除手順3

6.「SIMロック解除を申込む」と「SIMロック解除の注意事項に同意する」のチェックボックスをクリック

docomoのSIMロック解除手順4

7.メールの送信先を選択し、「次へ」をクリック

docomoのSIMロック解除手順5

8.「手続きを完了する」を選択

docomoのSIMロック解除手順6

9.この画面が出れば手続きは完了です

docomoのSIMロック解除手順7

後ほどこのようなメールが送られてきます。

docomoのSIMロック解除手順8

この後に他のSIMを差し込むことで、SIMロック解除は完了です。

2011年4月~2015年4月に発売された機種の場合はショップのみの対応で、手数料が3,000円かかります。回線契約をしていない場合は本人確認書類を持参してください。
うーん、自分でやるのは自信ないなー。ショップとかでやってもらえないの?
ドコモはショップや電話でもSIMロック解除できるけど、どちらも手数料が3,000円かかるよ。

電話が混み合っていると繋がるまで待たされるし、ショップでは数時間待たされることもあるんだ。

自分でオンライン上で手続きしたほうがすぐに出来ておすすめだよ。

国内ならSIMロック解除なしでも格安SIMに乗り換え可能!

ここまでSIMロック解除の方法を説明してきました。

SIMロックを解除してMVNO(※1)の格安SIM(※2)に乗り換えることで、スマホの月額料金を2,000円以下に抑えることも可能です。

※1:MVNOとは

利用料金が安い携帯会社のことです。電話やインターネット回線を大手キャリアから借りて、通信サービスを提供しています。

MVNOについては「MVNOとは?仕組みとメリット・デメリット」の記事で詳しく説明しています。

※2:格安SIMとは

格安で利用できるSIMカードを格安SIMと呼びます。SIMは通話やインターネットをするために必要なICカードです。

格安SIMについては「格安SIMとは?わかりやすく解説」の記事で詳しく説明しています。

SIMロック解除すれば、対応端末であればどの格安SIMでも自由に選べます。

しかしSIMロック解除対象外の機種を使っている人でも、会社を限定はされますが格安SIMに乗り換える方法もあるんです。

MVNOはドコモまたはauから回線の一部を借りています。IIJmioやOCN、mineoなどドコモ系のMVNOであれば周波数や電波帯が同じなので、SIMロック解除せず格安SIMに差し替えることも機種によっては可能です。

MVNOの仕組み解説イラスト

自分の端末が対応してるかどうやって調べればいいの?
SIMロック解除が必要か、また乗り換え先のMVNOに対応しているかは、MVNO各社の「動作確認端末一覧」のページで確認することができるよ。

乗り換える際は必ず事前に確認をしてね。

こんな人にはdocomoでもSIMロック解除がおすすめ!

SIMロック解除なしで格安SIMに乗り換える方法を紹介しましたが、「SIMロック解除は不要なのでは」と疑問に思う人もいますよね。

SIMロック解除してSIMフリー端末※にすると、次のようなメリットがあります。

SIMフリー端末にした場合のメリット
  • ワイモバイルやau、ソフトバンクなど回線の異なる携帯会社と契約もできる
  • 海外で自分のスマホを現地対応SIMでお得に使える
SIMフリー端末とは

SIMロックが掛かっていないスマホやタブレット端末です。

SIMフリー端末については「SIMフリーとは?仕組みとメリットを解説」の記事で詳しく説明しています。

ソフトバンク回線を使用するワイモバイルを始め、他社回線のSIMを使いたい人はSIMロック解除が必須です。

また海外でも自分のスマホをお得に使いたいなら、現地対応SIMを利用するのがおすすめです。しかし海外のSIMもSIMロック解除済みでないと使えません。

SIMロック解除のメリットは「SIMロック解除のメリット・デメリット」で詳しく解説しているから、ぜひ参考にしてね。

他社回線の利用や海外対応SIM利用ならSIMロック解除がおすすめ

ドコモ端末のスマホをSIMロック解除する方法と、そのメリットを紹介しました。

2015年4月以前に発売された機種の場合は、ショップでのみSIMロック解除が可能です。

2015年5月以降に発売された機種の場合は、スマホやパソコンを使いMy docomoから自分で解除するか、ショップや電話でスタッフに解除してもらうか選択できます。

SIMロック解除はショップや電話で行うと、時間もかかるうえ3,000円の手数料が必要です。

自分でスマホやパソコンを使ってSIMロック解除するのは難しいと思いがちですが、実際は3分程度で簡単にできるので、My docomoからSIMロック解除手続きするのがおすすめです。

他社回線や海外でも現地対応SIMを使いたい人には、ドコモでもSIMロック解除はおすすめです。ぜひ参考にしてください。

※記載されている内容は2017年4月現在のものです。