auから格安SIMに乗り換える方法とデメリットへの対処法

auから格安SIMに乗り換える方法とデメリットへの対処法

現在、格安SIMを取り扱う会社は600社以上ありますが、そのほとんどがドコモの回線を使用しています。

その中で少数ですがau回線を使用する格安SIMもあり、中でもmineo(マイネオ)・UQモバイル・FiimoならSIMロック解除をしなくても、端末はそのままでauからの乗り換えが可能です。

auの端末を使った格安SIMへの乗り換えは、携帯代の節約を考えている人におすすめです。実際に筆者もauからSIMロック解除せずにmineoに乗り換えましたが、毎月の通信料金が約1,600円に収まっていますよ。

今回はau端末を使って格安SIMに乗り換える方法や、au回線を使った格安SIMの料金を詳しく解説します。

auから格安SIMに乗り換えるために対応機種を確認しよう!

auで購入した端末を使って格安SIMに乗り換える方法には、次の2種類があります。

  • SIMロック解除※する
  • SIMロック解除不要の格安SIMに乗り換える
SIMロック解除とは

自社のSIMカードしか対応しないようロックをかけたものを解除することです。ロックは大手3キャリアであるau・ドコモ・ソフトバンクが、他社への流出を阻むためにかけています。

SIMロック解除については「SIMロック解除とは?SIMロック解除義務化でiPhoneも対応」の記事で詳しく解説しています。

SIMロック解除するとau端末でも、対応端末ならばドコモ回線を使った格安SIMにも乗り換えができます。

マイネオ・UQモバイル・フィーモはau回線を利用しており、SIMロック解除が不要です。SIMロック解除ができない機種や、端末はそのままで格安SIMに乗り換えたい人におすすめです。

IIJmioのタイプAなど、SIMロック解除が必須な格安SIMもありますので注意してください。

格安SIMについては「格安SIMとは?わかりやすく解説」の記事で詳しく説明しています。

SIMフリー端末ならドコモ回線の格安SIMも選べる!

SIMロック解除ができれば、auで購入したスマホ端末であってもドコモ回線の格安SIMに乗り換えができます。

人気の格安SIMであるOCNモバイルONEや楽天モバイルはドコモ回線を使っているので、auから乗り換えたい場合はSIMロック解除が必要です。

ただし端末によって対応する周波数や通信方式が異なるため、auで購入した端末がドコモ回線では使えない場合があります。必ず乗り換え前に、格安SIM各社のホームページにある「動作確認端末一覧」で、自分の端末が対応しているか確認しておきましょう。

SIMロック解除なしならmineo・UQモバイル・Fiimo

SIMロック解除ができない端末であっても、格安SIMへの乗り換えを諦める必要はありません。

次の3社ならSIMロック解除なしでauから乗り換え可能です。

  • mineo
  • UQモバイル
  • Fiimo

筆者もSIMロック解除非対応端末だったので、auからSIMロック解除なしでmineoに乗り換えました。不具合もなく快適に使っています。

中古スマホの白ロムでもauならSIMロック解除可能!

中古スマホは白ロムと呼ばれています。SIMカードが入っていない状態の端末で、稀に型落ちの新品もありますが基本的には中古品です。SIMカードを挿入することで端末を使用することができます。

SIMロックがかかっている端末は、SIMロック解除されていないSIMフリー端末に比べ中古市場で安く売られており、端末の購入代金を抑えたい人におすすめです。

auのSIMロックがかかったままの白ロムでも、対応機種であればauショップでSIMロック解除ができます。購入者以外がSIMロック解除できるのはauだけなんですよ。

ただしその場合はauショップに本人確認書類を持って来店する必要があり、機種も購入から180日が経過していることが条件です。

白ロムについては「白ロムとは?購入方法と注意点」の記事で詳しく説明しているよ。白ロムを検討している人はぜひ参考にしてね。

au回線を使う5社の特徴を比較!

ここまでau端末を使って格安SIMに乗り換える方法を紹介してきましたが、au回線を使う格安SIMはどこを選べば良いのでしょうか。au回線を利用する主な格安SIMは次の5社です。

au回線を使う格安SIM
  • mineo(マイネオ)
  • UQモバイル(ユーキューモバイル)
  • IIJmio(アイアイジェイミオ)
  • J:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)
  • Fiimo(フィーモ)
au回線を利用する5社の特徴比較
MVNO 特徴
mineo
  • mineoユーザーで余ったパケットを貯めたり、毎月1GBまで引き出せる「フリータンク」
  • SMSの基本料・メールの利用料無料
UQモバイル
  • 何回でも5分かけ放題プランあり
  • 5社のうち通信速度が最も速い
IIJmio
  • 何回でも家族間で30分以内かけ放題プランあり
  • みおふぉんダイアルアプリで通話料30秒10円
J:COM MOBILE
  • SMSの基本料・転送電話無料
  • セキュリティ・有害サイトフィルタリング無料
Fiimo
  • パケット繰越可
  • 店舗で初期設定サポートあり

5社それぞれの特徴がありますが、中でもおすすめなのがmineoです。mineoの「フリータンク」は、全国のmineoユーザーが余った分を貯めたり、足りないときは月に1GBまで無料で引き出して使えるんですよ。

mineoの「フリータンク」イメージ図

実際に筆者も今月パケットが足りなかったので、1GBをフリータンクから引き出し利用しました。とても便利なサービスで助かっています。

みんなで助け合うシステムのフリータンクは、生活を豊かにする物事に贈られる「グッドデザイン賞」を2016年に受賞するなど、高い評価を受けているよ。

auから格安SIMに乗り換える方法を紹介

ここまではauから格安SIMに乗り換える前の事前準備を紹介してきました。準備ができたら、いよいよ乗り換えです。

「格安SIMに乗り換えなんて難しそう」とためらう人も多いですが、実際には簡単に誰でもできるようになっています。

格安SIM各社は乗り換える人に向けて、ホームページ上で動画や画像を使って詳しく方法を説明していますし、電話やチャットでオペレーターが質問に細かく答えてくれるので安心ですよ。auから格安SIMに乗り換える方法を解説します。

電話番号はMNPで引き継ぎ可能!auは電話か店舗で手続き

MNPとは電話番号を変えずに携帯会社を乗り換えることです。MNPの手順を解説します。

auから格安SIMにMNPする方法
  1. 0077-75470に電話、またはauショップに行く
  2. 「MNP予約番号」を教えてもらう
  3. 教えられた予約番号をメモする
  4. 格安SIMに転入手続きをする

auから格安SIMにMNPするときには3,240円のMNP転出手数料がかかるので注意してください。

またMNP予約番号を発行したからといって、auの契約が解約されるわけではありません。その予約番号を使って格安SIMへの乗り換え手続きをするまでは、auで通話や通信が可能です。

MNP予約番号には15日という有効期限がありますが、7~10日以上残っていないと多くの格安SIMが受け付けてくれないので、早めに転入手続きをしましょう。

格安SIMで乗り換え手続きをすると、自動的にauの契約が解除されます。MNPについては「MNPで格安SIMに電話番号を引き継ぐ方法」で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

au回線の格安SIMはネットか店舗で簡単に契約できる

格安SIMはネットまたは店舗で契約ができます。ネットで申し込めば10分程度でいつでも契約ができますし、早ければ翌々日には自宅にSIMカードが届き便利です。

格安SIMの契約方法については「SIMカードの購入方法と手続きを徹底解説!」で詳しく解説しています。

格安SIMを契約後、初期設定をしたら手続き完了です。

えー自分で設定なんて難しそうだし不安だよー。
UQモバイルなら、端末をセット購入すればAPN設定が完了した状態で送ってくれるよ。それに電話やチャットでのサポートサービスもあるから大丈夫。

詳しくは「APN設定の方法を動画付きで解説」で紹介しているから参考にしてね。

auから格安SIMに乗り換えるデメリットを解説

auから格安SIMに乗り換えると毎月の通信料金が格安になるうえ、契約はとても簡単です。

しかし「料金が安くなる分デメリットもあるのでは」と疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。

実際auから格安SIMに乗り換えをしてしまうと、キャリアメールやLINEのID検索が使えなくなったり、端末の補償が受けられなくなるなどのデメリットもあります。

auから格安SIMに乗り換えると起きるデメリットと対処法を、詳しく見ていきましょう。

キャリアメールは使えなくなる!対処法は3つ

格安SIMに乗り換えると、auから提供される◯◯◯◯@ezweb.ne.jpのキャリアメールが使えなくなりますが、次の方法で対応が可能です。

  • 乗り換え前にGmailやヤフーメールなどのフリーメールに移行
  • 格安SIM独自で発行するメールアドレスを使用
  • キャリアメールを最安プランで残しておく

格安SIMによってはメールサービスが有料であったり、保存期間が限定されたりする場合があります。

フリーメールでは不安という人は、事前にメールサービスの内容を確認しておきましょう。

病院の予約や保育園・幼稚園の連絡にキャリアメールしか対応していない場合もあり、キャリアメールを使い続けたい人もいます。

そんな人におすすめなのは、キャリアの契約を約1,000円の一番安いプランで残して格安SIMを契約し、デュアルSIMにして1台でキャリアと格安SIMを使う方法。

キャリアメールを使い続ける方法は「格安SIMのメールアドレスとキャリアメールを使う方法」、デュアルSIMの方法は「デュアルSIM活用術!格安SIMのデメリットを解消する究極の裏技」でそれぞれ詳しく紹介しています。

LINEのID検索ができなくなる!ふるふるやQRコードで対応

格安SIMに乗り換えると、LINEのID検索ができなくなるデメリットもあります。

ただしLINEのID検索が唯一できるのがLINEモバイルです。

ID検索が必須という人はLINEモバイルへの乗り換えがおすすめです。またLINEのID検索ができなくても、「ふるふる」やQRコードを使って友達登録は可能。格安SIMでLINEを使う方法については「LINEの格安SIMへの引き継ぎ方法」の記事wpご覧ください。

端末の補償が受けられなくなることも!オプションを確認しておこう

auで購入した端末は格安SIMに乗り換えたあとに故障した場合、auからも乗り換え先の格安SIMからも補償が受けられないこともあります。iPhoneのApple Care+もau経由で申し込んでいる場合、乗り換えと同時にサポートが終了してしまいます。

IIJmioなどは他社で購入したスマホでも、有料のオプションサービスで補償が受けられます。故障が不安な人は修理・交換サービスがある格安SIMを選ぶのがおすすめです。

格安SIMのデメリットについて詳しくは「格安SIMの特徴とメリット・デメリット」で解説しています。

他にも色々聞きたいことがあるんだけど。
格安SIMについて多くの人が持つ疑問や不安については「格安SIMの疑問・不安をQ&Aで徹底解説」にまとめて解答しているから、ぜひ参考にしてね。

auはSIMロック解除非対応端末でも格安SIMに乗り換え可能!

auから格安SIMへ乗り換える方法を紹介しました。実際に筆者もauから格安SIMに乗り換え、毎月約7,000円かかっていた携帯代を1,600円程度まで抑えることができました。

auからSIMロック解除せずに格安SIMに乗り換える方法もあります。中でもmineoは毎月1GBまで足りないパケットをシェアしてもらえるので、使いすぎた月でも快適に使うことができます。

ただし格安SIMに乗り換えると、@ezweb.ne.jpのキャリアメールが使えなくなるので、フリーメールや格安SIM独自のメールサービスなどをうまく活用してください。

通話料が心配な人も多いと思いますが、5分以内何回でもかけ放題のプランがUQモバイルなどで設定されているので、通話が多い人は検討してくださいね。

※記載されている内容は2016年12月現在のものです。