格安SIMのメールアドレスとキャリアメールを使う方法

格安SIMのメールアドレスとキャリアメールを使う方法

格安SIMに乗り換えたいと思っている人にとって、今まで大手キャリアスマホでできていたことができなくなるのは困りますよね。

大手キャリアで使用していた電話番号は、MNP(番号ポータビリティ)をして引き続き格安SIMで使うことができますが、今まで使用していた@docomo.ne.jpなどのキャリアメールアドレスを格安SIMに引き継ぐことはできません。

しかし格安SIMでもメールをすることは可能です。

どうしてもキャリアメールを2台持ちせずに使用したいなら、デュアルSIMスマホを利用する方法もあります。

格安SIMではフリーメール(YahooメールやgmailなどのWEBメール)を上手く利用しているユーザーが多いよ。

MVNOによっては独自のメールアドレスを無料で提供している会社もあるんだ。

ここでは格安SIMではどのようなメールアドレスを使用することになるのか、またキャリアメールを残す場合の契約内容を詳しく解説していきます。

格安SIMの3種類のメールアドレスとは

最近はLINEの普及もあり、メールはほとんど利用しないという人もいるでしょう。しかし相手がLINEユーザーでなければLINEはできませんし、世代によってはメールしかできないということも多いですよね。

格安SIMでもメールのやり取りをすることは可能です。まずはどんな種類のメールアドレスがあるのかを紹介します。

メールアドレスの種類
  • フリーメール(WEBメール)
  • MVNO独自のメール
  • キャリアメール

3種類のメールアドレスを利用することが可能ですが、格安SIMではフリーメールを使用することが一般的です。

独自のメールアドレスドメインを持っているMVNO※もありますがそれほど多くはありませんし、それほど使い勝手もよくないのが現状です。

MVNOとは

利用料金が安い携帯会社のことです。電話やインターネット回線を大手キャリアから借りて、通信サービスを提供しています。

MVNOについては「MVNOとは?仕組みとメリット・デメリット」の記事で詳しく説明しています。

以前使用していたキャリアメールをどうしても使いたいという場合は、少ない費用で使用することもできるよ!後ほど「どうしてもキャリアメールを使いたい!継続利用の方法と料金」で詳しく解説するね。

人気のフリーメールは「Yahoo!メール」と「Gmail」

格安SIMに乗り換えた人の多くは、Yahoo!メールやGmailなどのフリーメール(WEBメール)を使用しています。

Yahoo!メール - 無料で大容量のメールボックス
Gmail

キャリアメールとフリーメールの大きな違いは、キャリアメールは基本的に端末本体にメールが残るのに対し、Yahoo!メールやGmailなどのフリーメールは、サーバー上にメールが残るということ。

フリーメールはサーバーで受信されたメールを、スマホやPCで読み込むことでメールを確認することが可能です。

簡単にメールアドレスを取得でき、さまざまな端末で確認することができる使い勝手の良いフリーメール。でも実はデメリットもあります。

メリットとデメリットを知っておけば、格安SIMでもフリーメールを快適に使えますよ。

フリーメールのメリットは?

多くの格安SIMユーザーが使用しているフリーメール。利用者が多いということはメリットが多いということ。ではフリーメールのメリットを見てみましょう。

フリーメールのメリット
  • 無料
  • スマホやPCなどで確認できる
  • 保存容量が大きい
  • プッシュ受信※に対応しているものもある
  • アプリ連動のものも多いのでスマホでも使いやすい
プッシュ受信とは

メールの受信方式のこと。サーバーへメールが届くとユーザーへ自動に通知をしてくれます。

無料で誰でも取得できるフリーメール。スマホやPCなどいろいろな端末で確認することもでき、保存容量も大きく使い勝手が良いので、多くの人が利用しています。

プッシュ受信に対応しているフリーメールでは、メールを受信したらほとんどタイムラグなくスマホなどに通知してくれます。アプリなどと連動させれば、格安SIMでも受信を簡単に確認できるのも利用者には好評です。

フリーメールのデメリットは?

メリットが多く使いやすいフリーメールですが、デメリットもあります。デメリットをしっかり把握しておくことで対処できることもありますので、ご紹介しましょう。

フリーメールのデメリット
  • 迷惑メール扱いになることもある
  • キャリアメールでしか登録できないものもある
  • 絵文字が送受信できないこともある

誰でも簡単に取得できるフリーメールは信用度が低いとみなされ、迷惑メールとして認識されてしまうこともあります。

またキャリアメールに送信する場合、受け取る側がドメイン拒否をしていることも多く、メールが届かないというケースも。

信用度の問題から、キャリアメールでしか登録できないサイトなどもあるようです。

キャリアメールでしか登録できないサイトの一例
  • 病院などの予約メール
  • 幼稚園や保育園の連絡メール
  • ショップのメルマガなどの配信メール

しかしフリーメールでも登録できる場合もありますし、キャリアメールのみだとしても電話などで対応してくれるところもあります。

絶対にできなくなっては困る配信メールなどがある場合は、フリーメールに対応しているか、電話などの代替対応をしているかなどを確認しておきましょう。

iCloudメールを使用しているiPhoneユーザーはそのまま使うのがオススメ

iPhoneユーザーの中には「~@icloud.com」のiCloudメールを使用している人も多いかと思います。今までのキャリアでこのiCloudメールアドレスを使用してメールのやり取りをしていたという人は、今後もiPhoneを使用するのであれば、そのままiCloudメールを使ってメールをすることが可能です。

iCloudメールはApple社のフリーメールなので、iPhoneなどのApple製品ユーザーであれば、どのキャリアであってもそのまま利用することができます。

フリーメールはYahoo!メールやGmail、iCloudメール以外にも、さまざまな会社が提供をしています。自分が使用する端末やプロバイダーなども考慮して、使いやすいものを選びましょう。

ぼくキャリアメールでしかやりとりできない友だちがいるんだけど・・・そういう場合はどうすればいいの?
まずは乗り換え前にキャリアメールでやり取りして、フリーメールアドレスを知らせておこう。

フリーメールの指定受信設定をしてもらうか、ドメイン拒否解除をしてもらわないと、届かないことがあるよ。

独自のメールアドレスドメインを持つ格安SIMもある!

格安SIMのなかにはメールアドレスがもらえるところもあります。

「メールアドレスは変わってもいいけれど、スマホ専用のメールアドレスが欲しい」という場合は、メールアドレスを付与してくれる格安SIMを選びましょう。

メールアドレスを付与してくれる格安SIMを一部紹介!

メールアドレスを付与してくれるMVNOはありますが、それほど多くはありません。

大手キャリアのメールアドレスに比べ格安SIMのメールアドレスは信用度が低めなんだ。

だから残念ながら迷惑メールと認識されてしまったり、サイトによっては格安SIMのメールドメインでは登録できないものもあったりするんだよ。

楽天モバイルのメールアドレスは月額無料で利用可能!

楽天モバイルの無料メールアドレスは「~@rakuten.jp」です。

メンバーズステーションにログインして、メールアドレスを登録するだけ。1回線につき1つのメールアドレスが登録可能です。

iPhoneでもAndroidでもメールアドレスの登録ができますが、Androidユーザーのみ「楽天メールアプリ」という、楽天メールが利用しやすいアプリをダウンロードすることができます。

楽天モバイルはメールアドレス以外にも、特典やサービスが充実しているので人気の高い格安SIMです。詳しく知りたい人は下のバナーをクリックしてください。

楽天モバイルの詳細へ
楽天モバイルの公式へ

UQモバイルは月額200円!でも迷惑メールとして処理されない

UQモバイルの無料メールアドレスは「~@uqmobile.jp」です。

先ほども少し解説しましたが、格安SIMのメールアドレスは迷惑メールに分類されてしまうことがあります。

しかしUQモバイルのメールアドレスはドコモやauなどのキャリアメールと同等の扱いとなり、迷惑メールとして処理されることはほとんどありません。

200円の月額料金が発生しますが、キャリアメールのようにメールを利用したい人にUQモバイルのはおすすめです。

UQモバイルの詳細へ
UQモバイルの公式へ

mineoは月額無料でメールアドレスがもらえる!

mineoの無料メールアドレスは「~@mineo.jp」です。

1回線につき1つのメールアドレスを発行してもらえますが、PCメールと同等のため迷惑メールに分類されることがあります。

またメールの保存期間は60日間ですが、無料で保存期間を無制限にすることも可能です。

メールアドレス以外にも使い勝手が良く人気のmineo。詳しくは下のバナーをクリックしてプランなどを確認してくださいね。

mineo(マイネオ)の詳細へ
mineo(マイネオ)の公式へ

格安SIM独自のメールアドレスがあってもフリーメールが主流

メールアドレスを付与してくれる格安SIMを契約しても、独自のメールアドレスは使用せず、Gmailなどのフリーメールを使用するというユーザーも多いです。

フリーメールであれば今後乗り換えをした際にも引き続き使用でき、メールアドレス変更の連絡をする必要もありません。

タダでメールアドレスもらえる格安SIMもあるのに、使わないのはなんで?

やっぱり使い勝手が悪いってこと?

そうとも言い切れないよ。

最近はLINEなどSNSが主流で、キャリアメールだってあまり使わないって人が多いよね。

むしろYahoo!メールやgmailのほうが、スマホやPCなどから確認できて便利という人が多いからじゃないかな。

どうしてもキャリアメールを使いたい!継続利用の方法と料金

格安SIMではほとんどの人が今までのキャリアメールアドレスを手放しフリーメールを使用します。

しかし先ほども紹介しましたが、一部キャリアメールでしか登録できないサイトなどがあるため、中にはどうしてもキャリアメールを使いたいという人もいます。

そんなときは、大手キャリアの一番安いプランで契約を残しておくというのもひとつの方法です。どのキャリアも1,000円程度で契約できるプランがあります。

各キャリアのキャリアメール月額最安料金
キャリア 最安の月額料金(税別)
ドコモ 1,043円
au 1,043円
ソフトバンク 1,234円

「それでもやっぱりキャリアメールを手放せない」という人は、このあとの項目をチェックしてみてくださいね。

キャリアメールを残す場合には、格安SIMと大手キャリアの2台持ちすることになりますが、メール受信用のキャリア端末からメールを転送することもでき、またデュアルSIMという2枚のSIMカードを挿入することができるスマホ端末もあります。

デュアルSIMについては「デュアルSIM活用術!格安SIMのデメリットを解消する究極の裏技」の記事で詳しく説明していますので、参考にしてみてくださいね。

docomoのキャリアメールを使いたい!最安の契約プラン

毎月の料金をできるだけ抑えてdocomoのキャリアメールを継続してい使用したい場合は「タイプシンプル バリュー」というプランがオススメです。

月額基本使用料は1,483円ですが、ファミ割MAX50やひとりでも割50を利用すれば月額743円に。そして月々300円のspモードやiモード利用料をプラスした料金で、キャリアメールを維持することが可能です。

auのキャリアメールを使いたい!最安の契約プラン

毎月の料金をできるだけ抑えてauのキャリアメールを継続してい使用したい場合は「プランEシンプル」というプランがオススメです。

月額基本使用料は1,486円ですが、誰でも割を利用すれば月額743円に。そして月々300円のIS NETコースまたはEZ WINコース利用料をプラスした料金で、キャリアメールを維持することが可能です。

ソフトバンクのキャリアメールを使いたい!最安の契約プラン

毎月の料金をできるだけ抑えてソフトバンクのキャリアメールを継続してい使用したい場合は「ホワイトプラン」というプランがオススメです。

月額基本使用料は1,867円ですが、2年契約をすれば月額934円に。そして月々300円のweb使用料をプラスした料金で、キャリアメールを維持することが可能です。

ただし、ソフトバンクのキャリアメールを格安SIMなど別の端末に転送する場合は「S!メール(MMS)どこでもアクセス」に加入する必要があります。

2台持ちやディアルSIMにせず、キャリアメールを格安SIMに転送をしたい場合は、上記の最安料金の1,234円(税別)に月額300円(税別)がプラスとなります。

どうしてもキャリアメールが必要な場合は毎月1,000円程度で継続利用できるよ。

1,000円も!って思うかもしれないけど、格安SIMに乗り換えればもっとお得になるからね。

格安SIMのメールアドレスはフリーメールが使いやすい

格安SIMでもメールをすることはできます。しかし今まで使用していたキャリアメールは使えません。

LINEなどの普及で、それほどキャリアメールを使用しないという人も多いとはいえ、まったくメールが使えないのは不便です。

格安SIMに乗り換え後もスムーズにメールのやり取りをするために、必ず乗り換え前にフリーメール(WEBメール)のメールアドレスを取得して、必要な相手にメールアドレスを知らせておきましょう。

どうしてもキャリアメールを使用したい場合は2社と契約する必要がありますが、契約内容を安いプランにすれば、大手キャリアだけでスマホを契約していた毎月の携帯料金よりもずっと安い料金で、格安SIMとキャリアメールを使用できますよ。

※記載されている内容は2017年9月現在のものです。