MNPで格安SIMに電話番号を引き継ぐ方法

MNPで格安SIMに電話番号を引き継ぐ方法

月額料金が2,000円以下は当たり前の格安SIM。乗り換えを考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし今の携帯電話でできていることができなくなったり、使い勝手が悪かったりしたら困る・・・と二の足を踏んでいる人も多いようです。特に仕事やプライベートで利用している携帯番号が変わるのは困りますよね。

でも安心してください。

大手キャリアから格安SIMへ乗り換えをしても、MNP(番号ポータビリティ)は利用可能なので、電話番号はそのまま使えます。

しかも格安SIMの使い心地は、大手キャリアとほとんど変わりません。

この記事ではMNP乗り換え手続きの手順や注意点について解説していきます。

MNP予約番号の取得方法!電話やネットで簡単に取得できる

大手キャリアから格安SIMへの乗り換えにもMNP※を利用することは可能です。

MNPとは

スマホの電話番号を変えずに、契約する携帯会社を乗り換えることです。

MNPを利用するには、まずは現在のキャリアでMNP予約番号を取得します。そしてこれから契約する格安SIM会社でこの予約番号を入力することで、今までの電話番号をそのまま利用することができます。MNP予約番号を店舗で発行してもらうことも、もちろん可能です。

しかしMNP予約番号を取得するということは転出するということなので、強く引き止められることも多いです。断る勇気がない人や押しに弱い人、勧誘が苦手な人は、自分でネットや電話でMNP予約番号を取得しましょう。

ではネットや電話でのMNP取得方法を、キャリアごとに解説します。

ドコモ(docomo)のMNP手続きの方法を解説

ドコモ(docomo)は、電話でもインターネットでもMNP予約番号を取得することが可能です。

ドコモユーザーに特におすすめな取得方法は、インターネットによる取得です。

インターネットは24時間受け付けしていて、手続きも3分ほどで完了。とっても簡単で便利ですよ。

ドコモのMNP予約番号取得方法
利用方法 窓口 受付時間
WEB
(PC・スマホから)
My docomoにアクセス→各種お申込み・お手続き 24時間
WEB
(ガラケーから)
iモードに接続→お客様サポート→お申込・お手続き 24時間
携帯電話から 151へ電話 9:00~20:00
一般電話から 0120-800-000へ電話 9:00~20:00

電話の場合、強く引き止められることもありますので覚悟しておきましょう。またMNP予約番号をメモしておくことをお忘れなく。

auのMNP手続きの方法を解説

auの場合、PC・スマホからMNP予約番号を取得することはできません。

ネットでの取得はガラケーで利用可能なEZWebからのみなので、スマホユーザーは電話での取得となります。

auのMNP予約番号取得方法
利用方法 窓口 受付時間
WEB
(ガラケーから)
EZWebにアクセス→auお客様サポート 9:00~21:30
携帯電話
一般電話から
0077-75470 9:00~20:00

電話の場合、予約番号を口答で教えられますので、間違えないようにメモしておきましょう。

ソフトバンク(SoftBank)の手続きの方法を解説

ソフトバンクはPC・スマホからMNP予約番号を取得することはできません。

ネットでの取得はガラケーのMySoftBankからのみなので、スマホユーザーは電話での取得となります。

ソフトバンクのMNP予約番号取得方法
利用方法 窓口 受付時間
WEB
(ガラケーから)
MySoftBankにアクセス→設定・申し込み→契約者情報の変更 9:00~21:30
携帯電話
一般電話から
0800-100-5533 9:00~20:00

ソフトバンクの場合、契約時に4桁の暗証番号を決めています。その番号を準備しておきましょう。

電話やネットでも簡単に取得できるから、自分で予約番号を取ってね!店舗に行くと強く引き止められることがあるんだ。

だから断るのが苦手な人や押しに弱い人は特に、ネットや電話で取得したほうがいいよ。

MNP予約番号を取得するときに覚えておきたい3つのポイント

MNP予約番号を発行は店舗でなくても自分で簡単にすることができます。でも注意しておきたいポイントが3つあります。しっかりポイントを把握していれば、乗り換え手続きがスムーズにできますよ。

覚えておきたい3つのポイント
  • 有効期限は15日
  • 発行しても解約にはならない
  • 手数料は2種類必要

では3つのポイントを詳しくご紹介します。

予約番号の有効期限は15日!でも再発行も可能です

MNP予約番号には15日という有効期限があります。

多くのMVNO※が有効期限が7~10日以上残っていないと、MNP転入手続きを受け付けてくれません。

MVNOとは

利用料金が安い携帯会社のことです。電話やインターネット回線を大手キャリアから借りて、通信サービスを提供しています。

MVNOについては「MVNOとは?仕組みとメリット・デメリット」の記事で詳しく説明しています。

MNP予約番号を取得したら、次に乗り換えるMVNOに早めに転入手続きをしてください。実はMNP予約番号の発行は何度でもできます。もしも有効期限が切れてしまったら、もう一度MNP予約番号を発行しましょう。

予約番号を発行したら解約ではない!予約番号を取るのは無料

大手キャリアでMNP予約番号を発行したら、その契約が解約されるわけではありません。その予約番号で次の格安SIMへの乗り換え手続きをしなければ、引き続き今までと同じようにキャリアでの契約が続きます。

乗り換え手続きをしたタイミングで以前の携帯電話は使用できなくなりますが、それまでは以前のキャリアで通話や通信が可能です。

乗り換え手続きをしたら、自動的に以前のキャリア契約は解除になります。本来であれば今まで使用していたSIMカードをキャリアに返却する必要がありますが、強制ではないので返さなくても請求などはありません。

また予約番号を発行すること自体は無料、何度でも取得することができます。

MNP予約番号の有効期限は15日ですので、もしも期限が切れてしまったら再発行することも可能です。

乗り換え時に必要な手数料は2つ!MNP転出手数料と契約事務手数料

MNPを利用して乗り換えするときに必要な手数料は「MNP転出手数料」と「契約事務手数料」の2種類です。MNP予約番号を発行したときや、格安SIMカードを手に入れた時点ではどちらの手数料も発生していません。

乗り換え手続きをしたあとに、MNP転出手数料は以前のキャリアより、契約事務手数料は新しく契約するMVNOより請求されます。

ではそれぞれの手数料がいくらなのか見てみましょう。

MNP転出手数料
キャリア 手数料(税込)
docomo 2,160円
au 3,240円
ソフトバンク 3,240円

乗り換え先のMVNOでかかる契約事務手数料は、ほとんどが3,000円程度です。

MNP予約番号って有効期限があるんだねぇ~。それもたった15日なんて!僕、忘れちゃいそう。
たった15日じゃない!15日もあるんだから、予約番号を取得したらすぐに乗り換え手続きに取りかかりなさい!

MNPをすると電話が繋がらない!?不通期間が生じない手続き方法

格安SIMへの乗り換えを考えている人にとって、今使っているスマホとの使い心地の違いは気になるところ。格安SIMのメリットやデメリットを知りたい人はインターネットで検索するケースも多いと思います。

ネット上には「MNPすると不通期間が生じてしまう」「何日も繋がらなくなる」という間違った情報が溢れているんです。

しかし実際は、MNPをしても不通期間が生じない格安SIMがほとんどです。

間違った情報に惑わされないように注意してくださいね。

格安SIMへの乗り換えで生じる「不通期間」とは?

実は以前は大手キャリアから乗り換えると数日の不通期間が生じていました。しかし最近では多くのMVNOが対策をとり、多くのMVNOで繋がらない時間が数分~2時間ほどとなりました。

MNPの流れ

このようにMNPを利用して格安SIMに乗り換えても、ほとんど不便を感じることはありません。

不通期間がないMVNO多数!すぐに繋がる格安SIMを紹介

格安SIM業界に参入している企業は現在200社を超えています。不通期間がなくなったMVNOは多いですが、まだ繋がらない期間が生じる会社もあるかもしれません。そこで不通の時間が数分から2時間程度のMVNOを調べてみました。

不通時間が短いMVNOの一例
  • 楽天モバイル
  • LINEモバイル
  • mineo
  • BIC SIM
  • IIJmio
  • OCNモバイルONE
  • b-mobile

そのほかにももちろん多数のMVNOが短い不通時間で乗り換えが可能です。

ここ最近迷惑電話が多くてうっとうしいのよねぇ~。

格安SIMでも大手キャリアみたいに新しい電話番号をもらうことはできるのかしら?

もちろん格安SIMでもMNPを利用せずに新しい電話番号にすることは可能だよ。しかも電話番号を新規取得したほうが手続きは簡単なんだ!

新しい電話番号の取得方法については「格安SIMで電話番号を新規取得する方法」で詳しく説明してるよ。

MNP手続きは自宅で簡単にできる!格安SIMを不便なく使おう

格安SIMへの乗り換えもMNPを利用すれば、今の電話番号がそのまま使えます。MNPの予約番号の発行も格安SIM会社への契約も、ネットや電話を利用して自宅で簡単にできますよ。

またネットで噂されている「格安SIMへの乗り換えで生じる不通期間」も今では改善し、不通時間は数分~2時間程度。大手キャリアと変わりません。

自宅にいながら携帯会社を乗り換えることができる格安SIM。MNPを利用して今までと同じように使い、今までと格段に違う低料金にしませんか?

※記載されている内容は2017年2月現在のものです。