DMMモバイルで使えるiPhone端末と設定方法を紹介

月々のスマホ料金が大手キャリアよりも安く、豊富なプラン設定で人気のDMMモバイル。

乗り換えに興味はあるものの、「DMMモバイルでiPhoneって使えるの?」「今持ってるiPhoneの機種でそのまま乗り換えできる?」と思う人も多いとか。

DMMモバイルでも、iPhoneは使えます。ただしauやソフトバンクで購入したiPhone端末は、場合によっては使えないこともあるので注意が必要です。

この記事では、DMMモバイルで使えるiPhone機種を紹介し、必要な場合のSIMロック解除方法、iPhoneをDMMモバイルで使うために必要な設定方法について詳しく紹介します。

DMMモバイルで使えるiPhone端末とは

NTTドコモで購入したiPhone、またはSIMフリー※のiPhoneは、DMMモバイルに乗り換えてもそのまま使えます。

SIMフリーとは

SIMロックがかけられていないこと。SIMロックがかかっていると、契約した大手キャリアでしかその端末を使うことができません。契約を別の携帯電話会社に変更する場合には、SIMロックを解除する必要があります。

DMMモバイルは、NTTドコモの回線をレンタルして運営しています。そのためドコモで購入したiPhone端末であればSIMロック解除の必要はなく、そのまま使えるのです。

SIMフリーのiPhone端末は、Appleの公式オンラインストアや全国のAppleStore路面店(銀座・渋谷・表参道・仙台一番町・名古屋栄・心斎橋・福岡天神)、伊勢丹新宿店にある「Apple Watch at Isetan Shinjuku」で購入できます。

では、auやソフトバンクで購入したiPhoneはDMMモバイルでは使えないのでしょうか。

auやソフトバンクで購入したiPhoneも、SIMロック解除をすればDMMモバイルでも使えるようになります。

ただし残念ながら、どのiPhone端末でもSIMロック解除ができるわけではなく、SIMロックが解除できるのは「iPhone 6s以降」の機種のみです。

auまたはソフトバンクで購入した「iPhone 6sより前」の端末は、SIMロック解除ができないためDMMモバイルでは使えません。

auまたはソフトバンクで購入したiPhone機種がDMMモバイルで使えるかどうか、表にまとめました。SIMフリーまたはドコモで購入したiPhoneは、次の表にあるすべての機種がそのまま使えます。

DMMモバイルで利用可能・不可能なiPhone一覧
iPhone機種(auまたはソフトバンクで購入) DMMモバイルでの使用可否
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
SIMロックを解除すれば使える※
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
SIMロックが解除できず使えない
※auのみ購入日より181日目以降にSIMロック解除可能となる

2014年、総務省が「SIMロック解除に関するガイドライン」を改正。それにより、2015年5月以降に発売の端末はすべてSIMロック解除ができるようになっています。

auとソフトバンクでSIMロック解除の条件が異なるので、それぞれの詳細については次の記事を参考にしてください。

DMMモバイルの公式ホームページで、SIMフリー端末とドコモ端末について、DMMモバイルのSIMカードで正しく動作できるかどうか調べた結果を紹介してるぜ。「動作確認端末一覧」をチェックしてくれよな。

DMMモバイルでドコモまたはSIMフリーのiPhoneを使う

NTTドコモで購入したiPhoneを使っている人は、SIMロック解除をする必要はありません。そのまま使えるので、ドコモからDMMモバイルへの乗り換えは他社からよりも簡単です。

SIMフリーのiPhone端末を持っている、あるいは新たに購入予定の人も、そのiPhone端末をDMMモバイルでそのまま使えます。

DMMモバイルへの乗り換え手順は大きく分けて次の3ステップです。

DMMモバイルへのiPhone乗り換え手順
  1. MNPを利用するかどうかを決める
  2. DMMモバイルと契約する
  3. DMMモバイルのSIMカードをiPhoneに挿入し接続する

順に説明します。

1、iPhoneでMNPを利用するかどうかを決める

今使っているiPhoneの電話番号をDMMモバイルでも引き続き使いたい場合、MNP(番号ポータビリティ)を利用します。

MNPの利用には、ドコモでのMNP予約番号の取得とMNP手数料2000円(税抜)が必要です。

このほか契約内容によっては解約金が発生する場合があります。

MNP予約番号を取得する方法としておすすめなのは、パソコン・スマホでの手続き。ドコモでは、「My docomo」の「ドコモオンライン手続き」から申し込めます。

ただしパソコン・スマホからは、一括請求/一括送付サービスの代表番号、あるいは3回線以上でファミリー割引を契約中の主回線の場合、MNPの申し込みができません。

その場合は、ドコモの店舗に行くか、ドコモのインフォメーションセンターに電話してMNP予約番号を発行してもらいましょう。

ドコモのMNP予約番号取得先電話番号
ドコモのスマホから(※1) 151
一般電話などから(※2) 0120-800-000
※1:一般電話などからは利用できない
※2:一部IP電話からは接続できない場合あり

電話でのMNP予約番号発行受付時間は午前9時から午後8時まで、パソコン・スマホからは午前9時から午後9時30分まで。受付は年中無休です。

MNP予約番号を取得したら、DMMモバイルに契約を申し込みましょう。MNP予約番号には有効期限があるので、申し込みまでの間を空けないようにするのがポイントです。

2、DMMモバイルに契約する

DMMモバイルには店舗がありませんので、契約はインターネット経由で申し込みます。

DMMモバイルの申し込みに必要なのは、本人名義のクレジットカードやフリーメールアドレスの取得。データ専用SIMにするか音声通話付きSIMにするかも決めておきましょう。

音声通話SIMの場合は、本人確認用に公的書類の提出も必要となります。

DMMモバイルの新規契約手数料は3,000円(税抜)です。

DMMモバイルへの申し込み前に知っておきたい準備や注意事項については「DMMモバイルの支払い方法や申し込み準備、注意事項などを紹介」の記事で詳しく説明しています。

DMMモバイルへの具体的な申し込み手順については「DMMモバイルの申し込み方法をわかりやすく紹介」で詳しく説明しています。

3、DMMモバイルのSIMカードに挿し替えて接続設定をする

DMMモバイルに申し込みをすると、5日程度でSIMカードが届きます。届いたSIMカードを使用中のスマホに入っているSIMカードに挿し替えてください。

SIMフリーのiPhone端末を新たに購入する場合は、もともとSIMカードがない状態なので、届いたSIMカードを挿入するだけでOKです。

SIMカードを挿し替えたら、APN設定をして実際に使えるように接続します。iPhone端末のAPN設定には構成プロファイルのインストールが必要なので、Wi-Fiが使える環境で作業しましょう。

iPhoneの構成プロファイルのインストールやAPN設定は、3~5分ほどあればできる簡単な作業です。

また、MNP利用で乗り換える場合は電話回線切り替えの申し込みも必要となります。この切り替え申し込みを忘れるとAPN設定をしても接続できないので、忘れないようにしましょう。
DMMモバイルのAPN設定やMNP時の電話番号切り替え申し込み、接続できない場合の対処法は、「DMMモバイルのAPN設定方法を詳しく紹介」の記事で説明しているから読んでみてくれよな!

DMMモバイルでauまたはソフトバンクのiPhoneを使う

auまたはソフトバンクで購入したiPhoneの場合、DMMモバイルに契約を申し込む前に、SIMロックの解除が必要です。

auまたはソフトバンクのiPhoneのSIMロック解除方法

SIMロック解除はau・ソフトバンクのどちらも、パソコンやスマホから簡単にできます。所要時間は5分ほどで、手数料も無料。

auはauの公式サイト内「My au」から、ソフトバンクは「My SoftBank」から、それぞれログインして「契約確認・変更」のメニューでSIMロック解除の手続きができます。

SIMロック解除方法などについて画像付きで詳しく説明している記事がありますので、ぜひ参考にしてください。

auまたはソフトバンクの各店舗でも、SIMロック解除手続きは可能です。しかし店舗では3,000円(税抜)の手数料が必要となり、店舗の混雑具合によっては待ち時間が長くなりますので、インターネットでの手続きをおすすめします。

SIMロック解除したiPhoneはSIMフリー端末と同じ

auまたはソフトバンクで購入したiPhoneでも、SIMロック解除をすればSIMフリー端末になります。DMMモバイルでiPhoneを利用する流れは、上で説明したSIMフリーやドコモの場合と同じ。次の3ステップです。

  1. MNP利用でiPhoneを使うかどうか決める
  2. DMMモバイルと契約する
  3. DMMモバイルのSIMカードをiPhoneに挿入し接続する

MNPを利用する場合は、auまたはソフトバンクにMNP予約番号を発行してもらいます。

auではMNP転出手数料として3,000円(税抜)、ソフトバンクでは契約開始時期と内容によって3,000円~5,000円(税抜)が必要です。

このほか契約内容によっては解約金が発生することがあります。

auのMNP予約番号取得先電話番号
スマホ・一般電話共通 0077-75470
ソフトバンクのMNP予約番号取得先電話番号
ソフトバンク携帯電話から *5533
フリーコール 0800-100-5533

au、ソフトバンクともに、電話での受付時間は午前9時から午後8時まで。店頭でのMNP予約も可能です。ただしソフトバンクでプリペイド携帯電話を利用している場合は、店舗のみでの受付となります。

DMMモバイルに契約を申し込み、新しいSIMカードが届いたら、構成プロファイルのインストールとAPN設定。MNP利用の場合は電話番号切り替え手続きを行います。

DMMモバイルにMNPで乗り換えたら、いま契約中のスマホはいつ解約になるの?
DMMモバイルからSIMカードが届いたら、電話番号の切り替え手続きをするんだ。その手続きが完了した日に、前の携帯電話会社は解約されるんだぜ。

中古でiPhoneを購入する場合の注意点

スマホの費用をより節約するため、中古のiPhoneの購入を検討している人もいるかもしれません。街なかの販売店やインターネットサイトでは、SIMカードが抜かれた「白ロム」と呼ばれるスマホなど中古のiPhone端末を買うことができます。

中古スマホの場合も、ドコモとSIMフリーのiPhoneはそのままDMMモバイルで使え、auとソフトバンクのiPhoneの場合は、SIMロックが解除されていることが必要です。

DMMモバイルにおけるiPhone中古端末の使用可否
iPhone端末 使用可否
・SIMフリー版
・ドコモ版
そのまま使える
・SIMロック未解除のau版 条件付き※で可能
・SIMロック未解除のソフトバンク版 使えない
※auショップでのSIMロック解除手続きが必要(本人確認書類の持参と手数料税抜3,000円)

SIMロックがかかっていない、あるいは解除済みの端末は「SIMフリー版」、ドコモで販売された端末は「ドコモ版」と呼ばれています。

SIMロックがかかっているソフトバンクのiPhoneを中古で買っても、DMMモバイルで使うことはできません。

「SIMロックを解除すれば使えるんじゃないの?」と思われそうですが、ソフトバンクのSIMロック解除をするには、解約前あるいは解約後90日以内に契約者本人が手続きをしなくてはなりません。つまり、中古で端末を買う人にはSIMロック解除はできないのです。

DMMモバイルで使うために中古のソフトバンク版iPhoneを購入する際には、必ずSIMロック解除がされていることを確認して購入しましょう。

また中古スマホの場合も、その機種がDMMモバイルで使えるかどうかを公式ホームページの「動作確認端末一覧」で確認してください。

中古で売られているiPhoneには、残債不払いなどの理由で利用制限がかけられている「赤ロム」と呼ばれる端末もあります。利用制限がかかっている端末はSIMロック解除ができず、もちろんDMMモバイルでの使用はできません。

iPhoneを中古で購入するなら、価格の安さだけで選ぶのではなく、このようなリスクがあることを知った上で、保証やサポートがしっかりしている販売店を選ぶことをおすすめします。

DMMモバイルにiPhoneの端末購入セットもあるといいのにー!
そうだな。iPhoneはDMMモバイルの購入セット対象機種じゃないけど、「DMM.com」の「いろいろレンタル」ならiPhone機種もレンタルできるぜ。旅行とかでちょっと試してみたい人には便利だぞ。

DMMモバイルで人気のiPhoneを使おう

世界中で人気のiPhone。料金の安さとプランの豊富さが自慢のDMMモバイルでiPhoneを使えば、月々のスマホ代が節約できます。格安SIMではiPhoneは使えないと思っている人も多いようですが、DMMモバイルでも一部機種を除けば使えます。

DMMモバイルはNTTドコモの回線をレンタルして運営されている格安SIM会社。ドコモのiPhone端末ならSIMロック解除なしでそのまま使えるので、乗り換えも簡単です。

auとソフトバンクで購入したiPhoneは、SIMロック解除さえできればDMMモバイルでも使えるので、記事で紹介したiPhone機種の一覧表でチェックしてみてください。

中古のiPhoneは価格が安い分、利用制限がかかっている可能性もあるなどのリスクもあります。SIMロック解除がしてあるかどうかを確認するのはもちろん、保証やサポートのしっかりしたお店を選びましょう。

※記載されている内容は2017年8月現在のものです。