DMM mobile(DMMモバイル)の便利な専用アプリを紹介

DMM mobile(DMMモバイル)の便利な専用アプリを紹介

DMMモバイルには、DMM mobile会員専用の公式ツールアプリがあります。

高速データ通信の残容量を確認したり、追加で通信量をチャージしたりできるほか、高速データ通信のON/OFF切り替えや請求内容の確認もできる、手軽で便利なアプリです。

このアプリをインストールすれば、その都度公式ホームページからマイページを開いてログインして・・・という手間も省けますよ。

この記事では、DMM mobile公式ツールアプリのインストールの手順はもちろん、公式アプリで確認・操作できる内容と手順を画像付きで詳しく説明しています。

DMM mobile公式ツールアプリをインストールしよう

DMMモバイルを利用するなら、DMM mobile公式のツールアプリをスマホにインストールしましょう。このアプリがあれば、毎月の請求額の確認やデータ残容量の確認、追加チャージなどがマイページより手軽に行えて便利です。

DMM mobileアプリをアイコンからダウンロード

アプリは下のアイコンから簡単にインストールできますよ。手順も説明します。

DMM mobileツールアプリはAndroid端末とiOS(iPhone)端末のどちらにも対応しており、ダウンロードは無料です。

DMM mobile

iPhone端末なら「App Store」、Android端末なら「Google Play」を選んでアイコンをタップしてください。

DMM mobileアプリインストールからログインまでの手順

インストールしたDMMモバイル公式アプリを、ログインして実際に使ってみます。

ログインには、DMMモバイルに契約したときに「お客様情報」として登録したメールアドレスとログインパスワード(英数字4~16文字)の入力が必要です。事前に確認しておきましょう。

筆者がAndroid端末で行ったアプリインストールとログインの流れを、画像付きで説明します。

1「Google Play」のインストール画面で「インストール」をタップ

DMMモバイルツールアプリインストール

2次の画面に変わるので「開く」をタップ

DMMモバイルツールアプリ開く

タップするとインストールしたDMM mobileツールアプリが開きます。アプリの利用にはログインが必要です。

3次の画面で「ログイン」をタップ

DMMモバイルツールアプリログイン

4契約時に登録したメールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」をタップ

DMMモバイルツールアプリログイン入力

これでDMM mobile公式ツールアプリへのログインは完了。次は具体的なアプリの利用方法の説明に入ります。

このアプリって使わなきゃいけないの?インストールとか面倒なんだけど。
面倒だなんて言うけど、インストールさえすれば「マイページ」から確認するよりもアプリの方が早いんだぜ。

使ったほうが絶対便利だぞ。これからアプリの内容を説明するからちゃんと聞いててくれよな。

DMM mobile公式アプリで高速データ通信について確認する

DMMモバイルの公式アプリでは、請求内容の確認や高速データ通信に関する確認・手続きができます。まずは高速データ通信に関して見ていきましょう。

DMM mobile公式ツールアプリでできること
  • 高速データ通信の残容量をグラフで確認
  • 高速データ通信のON/OFF切り替え
  • データ通信残量が20%になったらメールで通知
  • 高速データ通信量を追加でチャージ

それぞれを詳しく説明します。

DMM mobileアプリで高速データ通信の残りを確認

DMM mobileツールアプリにログインするとまず、次のような画面がトップに現れます。

DMMモバイルツールアプリtop画面

画面で高速データ通信の残容量が大きな文字とグラフで表示され、アプリを開くとすぐに確認できるようになっています。

DMM mobileアプリで高速データ通信をON/OFF

DMM mobileツールアプリでは、自分の好きなタイミングで高速データ通信の「ON」と「OFF」を切り替えることができます。

「高速データ通信をOFFにする」=「低速通信になる」ということです。低速通信はデータ使用量にカウントされません。

高速データ通信を低速通信に切り替えることによって、データの消費量が節約できます。

データ容量が残り少ない場合、あるいは情報量の少ないサイトの閲覧やメール、LINE利用時などには低速通信に切り替えれば、無駄に高速データ通信量を使うことがありません。

高速データ通信の切り替え方法

高速データ通信のON/OFFも、通信容量の確認と同じトップ画面からすぐに切り替え可能。切替方法は画面下の方にある「OFF/ON」の表示をタップするだけです。

DMMモバイルツールアプリ高速切替

紺色になっている方が現在の設定。画面では「ON」になっています。

切り替えるには「OFF」の白い部分をタップして、色が白から紺色に変わるのを確認してください。

このとき、一度「OFF」または「ON」に切り替えてしまうと、すぐに戻したくても連続での変更はできません。

筆者は一旦「OFF」にした後、「ON」に戻したかったのですが、「時間を置いてもう一度試してください」という旨が表示されました。そのまま放置して3時間後には変更できるようになっていましたが、誤ってタップしないよう気を付けてください。

DMMモバイルなら低速時も「バースト機能」あり

高速データ通信をOFFに切り替えると低速データ通信※に切り替わりますが、DMMモバイルには、低速通信の状態でもはじめの一定量のみ高速でデータ通信を行う「バースト機能」があります。

※低速データ通信の速度は最大で200Kbps

この機能によって、たとえば画像や動画のないテキスト(文字)だけのサイトであれば、最初の高速データ通信時にデータを読み込み、ストレスなく閲覧できます。

ただし高速データ通信OFFの設定で直近の3日間(当日は含まない)の通信量が合計366MBを超えると、通信速度が制限される場合があります。低速通信だからと安心して使いすぎないようにしましょう。

アプリでできるこのほかの手続きは、トップ画面の左上にあるメニュー画面から選択して行います。

DMM mobileアプリ メニュー確認方法
1トップ画面左上にある、横三本線(メニュー)をタップ

DMMモバイルツールアプリメニュー

2一覧からメニューを選んでタップして進む

DMMモバイルツールアプリメニュー一覧

ここからデータ通信残量の通知メールと追加チャージについて順に説明します。

DMM mobileアプリでデータ通信残量20%の通知を設定

DMM mobile公式アプリには、データ通信容量が残り20%になるとメールで知らせてくれるという機能があります。

手続きは簡単。メニュー一覧から「高速データ通信残量通知」を選択し、「ON」をタップするだけです。通知は登録したメールアドレスに届きます。

DMMモバイルツールアプリ残量通知設定

上の画像では高速データ通信残量通知が「ON」(通知する)の状態です。

「OFF」が紺色、「ON」が白色になっていたら、「ON」をタップして変更します。「変更しました」などの表示はありませんので、紺色に変わったかを自分で確認しておきましょう。

DMM mobileアプリで高速データ通信量を追加チャージ

「残りのデータ容量がもうあとわずかしかない」「データを節約してもこのままでは月末まで残量が足りない」そんなときは、アプリから追加でデータ容量をチャージできます。

DMM mobileアプリ追加容量チャージの手順

1メニュー一覧から「追加チャージ」を選んでタップ
2追加購入するデータ容量を選ぶ

DMMモバイルツールアプリ追加チャージ

白枠の部分をタップすると、選択できるチャージの一覧とその料金がリスト表示されますので、希望のチャージ容量をタップしてください。

DMMモバイルツールアプリ追加チャージ選択肢

1番下の「1,000MB※繰り越しなし」は、すぐ上の「1000MB」より料金は安いですが当月中に使い切らなかった場合でも繰り越しはできません。自分のスマホ利用状況に合わせて選びましょう。

それ以外の追加チャージ分は、翌月まで繰り越しできます。

3「今すぐチャージする」をタップ

これで追加チャージ完了です。

このアプリでは、追加チャージした履歴も確認することができます。メニュー一覧に「チャージ履歴」という項目があります。履歴を確認して、毎月のように追加チャージをしていたら、プランの見直しを検討する必要があるかもしれません。

高速データ通信量の目安

追加チャージをしたくても、100MBとか500MBとかの数字だけでは選ぶべき容量がわからないかもしれません。

データ通信量の目安としては、1カ月あたり3GBでの契約が標準だと言われています。

1カ月を30日とすると、1日あたり約100MB。これを月末までの残り日数で計算してみましょう。例えばあと5日なら500MBということです。

またDMMモバイル公式サイトでは、1GBの利用目安として次の例が挙げられています。使用状況により異なりますが、追加チャージするときの参考にしてください。

1GB※でできること
使い方 時間・回数
動画・アニメなどの閲覧 約95回(475分)
ウェブの閲覧 約4,339回
メール 約204,800通
通話アプリでのネット電話 約1,863分
地図の閲覧 約1,398回
※「1GB=1000MB」として算出した目安
データ通信の使用量を節約したいなら、高速データ通信をOFFに切り替えるほかに、コンビニやカフェなど誰でも使える無料Wi-Fiスポットもおすすめだぜ!

無料Wi-Fiスポットについて詳しくは、「全国の無料Wi-Fiスポット一覧と便利なアプリ紹介」の記事で詳しく紹介しているから読んでみてくれよな。

DMM mobile公式アプリで請求内容を確認する

DMMモバイルでは、請求書や利用明細書の発行はされません。請求内容は「DMM mobile マイページ」からでも確認できますが、アプリで確認する方が手順が少なく手軽です。

アプリのメニュー一覧から「ご請求内容確認」を選んでタップすると、月ごとの請求金額とその明細が表示されます。

DMMモバイルツールアプリ請求内容確認

上の画像右上にある「2017年7月分▼」をタップすると、過去4カ月までさかのぼって確認できますよ。

アプリのメニュー一覧には「よくある質問」の項目もあるんだぜ。

DMMモバイルを使っていて何か知りたいこと、困ったことがあったら、サポートセンターに聞く前に読んでみると答えがすぐに見つかるかもな。

DMM mobile「マイページ」と公式ツールアプリの違い

DMMモバイルには契約者用に、契約内容の確認や各種変更手続きができる「マイページ」が設定されており、このアプリでできることは、実はマイページでも操作が可能です。

そう聞くと「マイページでできるならアプリは不要では?」と思う人もいるかもしれませんね。アプリとマイページとの違いは何なのか調べました。

DMM mobile公式アプリのメリットは使いやすさ

アプリならアイコンがスマホのホーム画面に置けるので、アプリを開けばすぐに残容量の確認や高速データ通信の切り替え手続きができます。

マイページでは、その都度公式ホームページからログインし、それぞれの確認画面まで段階を経てたどり着く必要があります。

DMM mobile公式アプリでは契約内容の変更はできない

逆に、マイページで行える契約内容の変更やMNP転出手続きは、アプリでは行えません。

上で紹介したアプリのメニューには「通信容量を変更する」という項目もあるのですが、タップすると「マイページ」へのログインに繋がり、マイページでの変更手続きとなります。

DMMモバイルには、この公式アプリのほかに、通話がいつでも誰とでも半額になる「DMMトーク」アプリがあるぜ。IP電話と違って回線も安定してるし、電話番号がそのまま使えるから便利だぞ!

「DMMトーク」アプリについて詳しくは、「DMMトークアプリで通話料半額!DMMモバイル契約者以外も利用可」で説明しているぜ。

DMM mobile公式ツールアプリで快適にスマホを使おう

DMMモバイルには、いつでもどこでもすぐにデータ残量の確認や高速データ通信の切り替えなどができる便利なアプリがあります。

「高速データ通信をONまたはOFFにする」「残容量が20%になったらメールで通知してもらう」「足りなくなったら追加チャージする」などの操作が簡単にできるので、快適にスマホが使えます。

手順も簡単なので、この記事を読んで頭の中でシミュレーションしてから実際にDMM mobileツールアプリをインストールし、月々のスマホ料金の節約に有効活用しましょう。

DMM mobileツールアプリは「マイページ」から確認するよりも手軽でおすすめです。

ただし契約内容の変更やMNP転出手続きなどはアプリではなくマイページでしか行えませんので覚えておいてください。

※記載されている内容は2017年8月現在のものです。