【速度の動画あり】DMMモバイルの速度を徹底調査!

【速度の動画あり】DMMモバイルの速度を徹底調査!

DMMモバイル(DMM mobile)は、業界最安値クラス。格安SIMへの乗り換えを考えている人にとって、料金が安いというのは最大のメリットですよね。

でも安かろう悪かろうでは意味がありません。

DMMモバイルの速度は速いのでしょうか?遅いのでしょうか?

この記事では、回線が混雑している時間帯と比較的速度が安定している時間帯に、DMMモバイルでYahoo検索画面やYouTubeにアクセスし、どれくらいの速度なのかを動画撮影しました。

数字で見るよりもわかりやすいと思いますので、ぜひ参考にしてくださいね。

【動画で検証】DMMモバイルの体感速度

DMMモバイルのSIMカードをiPhone 6sに挿入し、Yahoo!のトップページとDMMモバイルのCMを見てみました。その模様を動画で撮影しましたので、自分は速いと感じるか遅いと感じるかを確認してみましょう。

【通常時】平日14時ごろ撮影

【混雑時】平日の昼休み時間帯に撮影

いかがでしたか?遅いと感じましたか?それともこれくらいなら全然OKと感じましたか?

筆者は昼休み時間帯にYahoo!を利用し検索を頻繁にしますが、これくらいならストレスを感じません。

ただ昼休みや帰宅時間など混雑時の動画閲覧は映像が停止してしまうこともあるので、少しストレスに感じそうです。

速度は人によって感じ方が違いますので、自分の感覚で確認してみてくださいね。

昼休み時間帯はこんなに止まるの!?イケメン動画が見られないじゃん!
混雑時はどうしても回線が混み合うから、読み込みにも時間がかかるし動画も止まることがあるんだぜ。

でもWi-Fi環境が整っていれば問題ないんだから、混雑時はWi-Fiでイケメン鑑賞したらどうだ?

DMMモバイルの時間帯別速度

当社でもDMMモバイルの速度を、朝、昼休み時間帯、昼、帰宅時間帯の1日4回、iPhone 6sを使用して上りと下りの速度を計測をしました。なお速度計測アプリ「RBB SPEAD TEST」を使用しています。

なお、上りとはアップロードのことで、サイトに写真をアップしたり、メールを送信するときの通信です。下りはダウンロードのことで、サイトや動画を視聴したりメールを受信するときの通信のことです。
名古屋市中心部の計測結果(2017年5月)

DMMモバイルの時間帯別速度

※愛知県名古屋市(名古屋駅近く)にて計測

当社では格安SIM各社の速度計測を毎月行っています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

実は速度計測アプリに表示される数字は正しい速度とは限らないんだぜ。

数値を高く表示させる技術を利用している格安SIMもあるから、速度計測の結果はあくまでも参考程度に見ておくといいぞ。

DMMモバイルの速度はスマホの機種によっても異なる

格安SIMの速度計測をしているサイトはたくさんありますが、どこも同じスマホ端末を使用していることが多いですよね。

実はスマホ端末(機種)によって速度が変わることを知っていますか?

当社はいろいろなスマホ端末を使用して速度計測をしてみましたので、参考にしてくださいね。

端末別に計測したDMMモバイルの速度比較

DMMモバイルの端末別速度比較

なお計測時間は、比較的回線が混み合いにくい14時ごろにしました。機種によって差が出ていることがわかりますね。

DMMモバイルを速い速度で使用するための周波数

DMMモバイルはドコモ回線をレンタルして運営しています。

MVNOの仕組み解説イラスト

周波数帯の違うスマホ端末を使用すると、通信や通話ができなかったり遅くなったりする場合があるので注意してください。

ドコモで購入したスマホ端末ならば周波数帯が同じなので、ほとんどのものが対応します。

安価なSIMフリースマホやSIMロック解除※したスマホ端末を使用する場合は、SIMカードを挿入しても使えないということもありますので注意してください。

SIMロック解除とは

自社のSIMカードしか対応しないようロックをかけたものを解除することです。ロックは大手3キャリアであるau・ドコモ・ソフトバンクが、他社への流出を阻むためにかけています。

SIMロック解除については「SIMロック解除とは?SIMロック解除義務化でiPhoneも対応」の記事で詳しく説明しています。

もし安価なSIMフリースマホやSIMロック解除したスマホを使用する場合は、周波数帯と通信方式をチェックしてください。

でも周波数帯と言われてもよくわからないですよね。このあとできる限り簡単に紹介していますので、参考にしてくださいね。

ドコモ回線の格安SIMに対応する通信方式と周波数帯

まずドコモ回線の格安SIMに対応する周波数帯は次のとおりです。

DMMモバイルに必須の対応周波数帯
  • 2.1GHz帯(バンド1)
  • 800MHz帯(バンド6)

2.1GHz帯は日本では2GHzと呼ばれることもありますが、同じものです。

利用するシーンによって必要な周波数帯
周波数帯 利用シーン
1.5GHz帯(バンド21)※ ドコモ回線で地方都市で高速データ通信をするための周波数帯(日本独自)
800MHz帯(バンド19) 地方や山間部、都市のビル内のデータ通信と、音声通話に広く使用される周波数帯
1.7GHz帯(バンド3) 主にドコモが東名阪で使用するLTE限定の周波数帯(海外では1.8GHzと呼ばれる)
※ドコモの周波数帯に対応していない端末で使おうとすると、電波が悪かったり通信できなかったりする場合があります。
表の3つの周波数帯は、対応している機種だと繋がりやすくなります。しかしなくても使用することはできますが、速度が遅くなったりビルのなかや山間部などでは繋がりにくくなったりすることがあります。
DMMモバイルで音声通話に必要な通信方式
  • W-CDMA

音声通話をする人は、まず通信方式をチェックしてください。

格安SIMの通話は3G回線を使用するため、このW-CDMAに対応していないと通話ができません。

ドコモで購入したスマホであれば、必ずこの通信方式に対応していますので安心してください。

ドコモで購入していないスマホ端末の場合は、DMMモバイルの公式サイトの申し込み画面の「動作確認端末一覧」で事前に確認し、そこにも記載がなければ上記の周波数帯などをパンフレットなどで確認してから契約をしてください。

通信方式?周波数帯?難しいなぁ・・・
そうだな、ちょっと難しいが、必要なのは3つだけだぜ!

必須な周波数帯は2.1GHz帯(バンド1)と800MHz帯(バンド6)、通話するなら通信方式はW-CDMA。

動作確認端末一覧にない端末は、この3つをチェックしてくれよな。

DMMモバイルの速度制限と対処法

DMMモバイルには、「3日間制限」と言われる速度制限が高速通信時にはありません。

自分が契約したデータ容量に達するまで、高速データ通信を利用することができます。

もしもデータ容量を使い切ってしまった場合は低速通信となり、この低速時には3日間制限があります。

低速通信時に3日あたりの通信量が合計366MBを超えると、通信速度がさらに制限されることがあるのです。

DMMモバイルにはバースト機能※があり、低速時でも比較的快適に利用できるのはDMMモバイルの大きなメリット。
バースト機能とは

低速通信時にも、はじめの一定量だけ高速通信で読み込みを行う機能。

SNSやサイトのトップ画面など、読み込みがすぐに完了します。低速でも快適にネットが利用できる便利な機能です。

ユーザーにとって便利な機能であるこのバースト機能により、低速時に3日間制限にかかってしまうこともあるので注意してください。

「DMM mobileツールアプリ」は必須!ダウンロードしよう

DMMモバイルを契約したら、無料アプリ「DMM mobileツールアプリ」をぜひダウンロードしてください。

DMM mobile

DMMmobileツールアプリの画面

このアプリがあれば、高速データ通信の使用量と残量がひと目でわかり、高速データ通信と低速データ通信の切り替えも簡単にすることができます。

またこのアプリがあれば、契約の高速データ通信量の残量が20%になるとメールで通知してくれたり、高速通信量を簡単にチャージすることができたりと便利ですよ。

高速通信量のチャージは100MBが200円、500MBが600円、1,000MBが1,100円、繰り越しなしの1,000MBは480円(税別)だぜ。

【DMMモバイル】混雑時は少し速度は遅め

DMMモバイルは数ある格安SIMのなかでも、月額の利用料金が安く人気です。

気になる速度は、比較的混雑していない時間帯はスムーズですが、昼休みや帰宅時などの混雑時は正直あまり速いとは言えません。

でも混雑時間帯にそれほど利用しないという人や、その時間帯はWi-Fi環境が整った場所にいる人にとっては問題ありません。

混雑時でも、重い動画やデータを閲覧するわけでなければ、それほどストレスもかからないでしょう。

人によって速度の感じ方は違いますので、この記事の体感速度動画を見て、自分の使い方に合っているのか確認してみましょう。

※記載されている内容は2017年5月現在のものです。