LINEの格安SIMへの引き継ぎ方法

LINEの格安SIMへの引き継ぎ方法

今やスマホユーザーにとって、なくてはならないアプリ「LINE(ライン)」。トーク(チャット)や音声通話はもちろん、最新ニュースの配信やグルメクーポンの発行などさまざまなサービスを提供しています。

格安SIMへの乗り換えを考えているLINEユーザーにとって、新しい端末にLINEアプリを引き継ぐことができるかは、かなり重要なことですよね。

結論から言うと、格安SIMでもLINEは使えます!

そこで格安SIMでLINEを利用するときに、知っておきたいポイントや引き継ぎの方法をご紹介していきます。

格安SIM※へ乗り換えをしようと思っている人にとって、今使っている大手キャリアスマホとの違いは気になるところ。でも通信速度もほとんど変わらない使い心地なんですよ。

格安SIMとは

格安で利用できるSIMカードを格安SIMと呼びます。SIMは通話やインターネットをするために必要なICカードです。

格安SIMについては「格安SIMとは?わかりやすく解説」の記事で詳しく説明しています。

そして格安SIMでもLINEをはじめ、ほとんどのアプリが利用可能です。

データ通信専用の格安SIMでもLINEが使える!無料通話もOK

格安SIMカードには多くの種類があります。データ通信のみのSIMカード、データ通信と音声通話ができるSIMカード、各種オプションやデータ容量など、さまざま。

多くの種類がある格安SIMですが、どのSIMカードでもLINEが使えます。

音声通話のついていないデータ通信専用のSIMカードでも、LINEアプリを使うことができますし、さらに無料通話も利用できるんですよ。

ただしここで気をつけたいのが、LINEは無料でトークの送受信や通話をすることができますが、データ容量は使用しているということです。もしもLINEの無料通話やトークの送受信を多く使うという人は、次のような方法でLINEをするのがおすすめです。

LINEを多く使う人におすすめの方法
  • MVNO※をLINEモバイルにする
  • データ容量の大きいものや無制限使い放題のSIMカードを選ぶ
  • できるだけWi-Fiを使用する
MVNOとは

利用料金が安い携帯会社のことです。電話やインターネット回線を大手キャリアから借りて、通信サービスを提供しています。

MVNOについては「MVNOとは?仕組みとメリット・デメリット」の記事で詳しく説明しています。

LINEモバイルでは、LINEが提供する特定のデータ通信がカウントの対象外となります。データ容量が小さなSIMカードで、大きなデータが必要な無料通話などを利用すると、すぐに上限に達してしまうこともありますが、LINEモバイルならその心配がいりません。

LINEモバイルついては「LINEモバイル徹底検証!サービスや通信速度など評判まとめ」の記事で詳しく紹介していますので、気になる人はチェックしてくださいね。

LINEの無料通話ができないときはLINE Outがオススメ

LINEは相手もLINEアプリをダウンロードしていないと使えません。またLINEの無料通話は、携帯電話や固定電話には電話することができません。

携帯電話や固定電話とも通話したいという人には「LINE Out」という通話アプリがおすすめです。

LINEの設定画面から「LINE Out」を選択し、「友達のLINEプロフィールからLINE Outで発信」をONにするだけ。アプリの追加インストールなどの面倒な設定は不要です。

LINE(ライン) - 無料通話・メールアプリ

以前「LINE電話」という名称でサービスを展開していましたが、2015年9月より「LINE Out」に名称が変わりました。

LINE Outなら固定電話や携帯電話にも発信することができますが、着信することはできません。

電話がかかってこないのは困るという人は必ず、音声通話のついたSIMカードを選んでください。音声通話のついたSIMカードであれば、通常の電話アプリで着信できるので問題なく通話できます。

格安SIMの通話はLINE Outがお得!LINE Outのメリット

無料通話や定額通話プランが導入されつつある格安SIMですが、多くのプランでは30秒20円程度の通話料がかかってしまいます。

しかしLINE Outを活用することで、通話料をぐっと抑えることが可能です。

LINE Outの使用料・通話料
プラン 携帯電話への
通話料
固定電話への
通話料
Line Out Free 1回あたり1分まで無料 1回あたり3分まで無料
コールクレジット 1分あたり3円 1分あたり14円
30日プラン 1分あたり2円 1分あたり6円

LINE Out Freeは1回約15秒の動画広告を見れば1回あたり携帯電話には1分、固定電話には3分まで無料で発信できます。

動画広告を省略したかったり、それ以上の時間通話したい場合はコールクレジットや30日プランを活用しましょう。前もってLINE STOREから購入・チャージをすることで利用できます。

コールクレジットは事前に金額をチャージすることで利用できます。また30日プランは購入から30日間、特定の国・端末あてと限定されるため、通話する相手が決まっている場合に使うのがおすすめです。

ではLINE Outのメリット・デメリットを見ていきましょう。まずメリットを紹介します。

LINE Outのメリット
  • 相手がアプリをダウンロードしていなくても利用できる
  • 携帯電話や固定電話にも発信できる
  • 通常の格安SIMの発信よりも通話料を抑えることができる

デメリットは次のとおりです。

LINE Outのデメリット
  • 110番や119番などの緊急電話に発信できない
  • 0120のフリーダイヤルへ発信できない
  • 着信ができない

LINE Outでは着信ができませんが、音声通話がついているSIMカードなら着信可能です。メリットやデメリットをしっかり把握して、LINE Outを上手に利用しましょう。

LINEって本当に便利だよねぇ~!無料だと思ってついついトークも通話もしすぎちゃうんだぁ。
それは危険!LINEをやりすぎると、データ容量使い切ったり速度制限にかかったりしちゃうから気をつけてね。

大手キャリアからLINEアカウントの引き継ぎ可能!

格安SIMでもLINEはちゃんと使えます。またどんなSIMカードの種類でも利用可能です。

そして大手キャリアスマホで使っていたLINEアカウントを、新しい格安SIMに引き継ぐことも可能です。

引き継ぎ手順を紹介!事前準備はしっかりと

LINEアカウントの引き継ぎをせずに「新規登録」をタップしてしまうと、すべての情報が消えてしまい引き継ぐことができなくなります。LINEアカウントの引き継ぎは慎重にやりましょう。

LINEアカウント引き継ぎの事前準備(乗り換え前のスマホ)

1、LINEに登録したメールアドレスとパスワードを確認する

[設定]→[アカウント]→[メールアドレス変更又はメールアドレス登録]をタップ

ここでメールアドレスが登録されていなかった場合は登録します。

パスワードは表示されないので、わからない場合は[パスワード変更]→[パスワードを忘れた場合]に進み、もう一度設定し直します。

2、機種変更をする当日【引き継ぎの許可】をする

[設定]→[アカウント引き継ぎ設定]→オンにする(必ず24時間以内に引き継ぎ設定をすること)

格安SIMでのLINEアカウント引き継ぎ(乗り換え後のスマホ)

1、LINEアプリをダウンロードする

LINEのアカウントを引き継ぐ方法

最初の画面では必ず[ログイン]を押します。ここで誤って[新規登録]を押すとアカウント、友だち、グループ、スタンプなどすべてのデータが削除されてしまいますので慎重に。なお、削除されたデータは復元できません。

2、旧スマホで登録したメールアドレスとパスワードを入力する

3、電話番号を入力し、SMSで受信した4桁の認証番号を入力する

引き継ぎは以上で完了。とっても簡単ですよね。

格安SIMにLINEデータは移行可能!トーク内容はバックアップで

LINEアカウントの引き継ぎができれば、友だちリストや今まで買ったスタンプなどはちゃんと引き継がれますが、一部引き継がれない情報がありますので確認しましょう。

LINEで引き継がれる情報・引き継がれない情報
引き継がれる情報
  • 友だち(グループ)リスト
  • 自分のプロフィール
  • 購入したスタンプ・着せかえ※
  • 課金アイテムの購入履歴
  • 課金アイテムのコイン残高
  • LINE連動アプリの登録に関するデータ
引き継がれない情報
  • 過去のトーク内容
  • 通知音の設定
  • トーク背景
  • 異なるOSでのコイン残高
※購入したスタンプは[設定]→[スタンプ]→[マイスタンプ]に進み再度ダウンロードします。一度購入したものなので料金は発生しません。

過去のトーク内容は基本的に引き継がれませんが、どうしても引き継ぎたいという場合は、事前に保存しておきましょう。

LINEのトーク内容の引き継ぎ
iPhone
  • [設定]→[トーク・通話]→[トークのバックアップ]→[今すぐバックアップ]
  • 新しいiPhoneでiCloudにログインして引き継ぐ
Android
  • バックアップしたいトークの画面右上[∨]→[トーク設定]→[トーク履歴をバックアップ]→[すべてバックアップ]
  • 新しいスマホで[トーク履歴をインポート]

iPhoneの場合、iTunesでアカウントやトーク履歴を引き継ぐ方法もあります。ただしうまく引き継がれなかったという事例もありますのであまりオススメできません。

LINEを引き継ぐ際、絶対に「新規登録」を押したらダメだよ!復元できなくなっちゃうからね。

格安SIMでのLINEはID検索ができない

大手キャリアから格安SIMへ乗り換えすると、2つできなくなることがあります。

大手キャリアから格安SIMへ乗り換えた場合
  • キャリアメールが使えなくなる
  • LINEのID検索ができなくなる

しかしどちらも代替方法があるので大丈夫。遠く離れたご家族やお友達ともちゃんとLINE交換できますよ。

近くにいる人とは「ふるふる」で交換することができますし、遠く離れた人にも自分専用のQRコードを送れば簡単にLINE交換することができます。

QRコードでLINE交換する方法は、次のとおりです。

送る人
[設定]→[プロフィール]→[自分のQRコード]→[メールで送信]
追加する人
[友だち]→[友だち追加]→[QRコード]→[ライブラリ]→QRコードを選択

このようにID検索ができなくても、格安SIMでちゃんと友だち追加はできます。

へぇー。格安SIMにすると、LINEのID検索ができなくなるんだね。
格安SIMのなかでただ1社、LINEモバイルだけはID検索ができるよ。しかもLINEのカウントフリーだから、LINEをたくさん使う人にオススメ。

詳しく知りたい人は「LINEモバイル徹底検証!サービスや通信速度など評判まとめ」の記事を見てね。

LINEはどんなSIMカードでも利用可!引き継ぎもできます

毎月の携帯代が安くなる格安SIM。安くなってもちゃんとLINEは使えます。しかもどんな種類のSIMカードでもLINEは利用することができ、さらに友だちリストやスタンプなどほとんどのLINE情報の引き継ぎもできるので安心です。

LINEのトークや無料通話に料金は発生しませんが、データ通信は使用しています。LINEヘビーユーザーはデータ容量の大きなSIMカードを選ぶか、LINEモバイルにすることをオススメします。

※記載されている内容は2017年2月現在のものです。