白ロムとは?購入方法と注意点

白ロムとは?購入方法と注意点

ドコモやau・ソフトバンクなどの大手キャリアに比べ、格段に安い携帯料金で利用できる格安SIM、どうせなら端末代も安く抑えたいですよね。

SIMカードが入っていない白ロムのスマホなら、中古品として販売されているため低価格で購入できます。大手キャリアの端末が5万円~9万円ほどするのに対し、白ロムには3,000円以内で手に入るものもあります。

しかし中古品のためすぐ故障してしまったり、前の利用者が端末代を滞納していた場合は利用制限がかかったりする可能性もあるので、補償サポートのある店を選びましょう。

今回は白ロムのメリット・デメリットや購入方法、そして使用時の注意点を説明します。そして現在は白ロムを使った詐欺も報告されているので、被害事例と予防法も紹介します。

白ロムのメリット・デメリットを紹介!SIMフリースマホとの違いとは?

携帯電話に入っているSIMカードには、キャリアメールのアドレスや、電話番号などの情報が設定されています。

白ロムとは、このSIMカードが抜かれた端末です。この状態だと電話をかけたり、着信できなくなります。またキャリアメールも使えません。

白ロムにSIMカードを差し込むことで、その電話番号を持ったスマホとして使用することができます。

白ロムの解説イラスト

白ロムは一度契約された中古の携帯電話である場合が多く、リサイクルショップやオンラインショップで購入することができます。

未使用の新古品や、メーカーで在庫処分された新品の白ロムも稀に販売されています。

白ロムには次のようなメリット・デメリットがあります。

白ロムのメリット・デメリット
メリット
  • スマホを低価格で購入できる
  • 販売中止になった機種も選べる
デメリット
  • 欲しい端末が見つからない場合がある
  • 個体差がありすぐ故障する場合がある

白ロムは次のような人におすすめです。

白ロムがおすすめな人
  • 安い料金で機種変更したい
  • 中古品に抵抗がない
  • 使いたい機種が販売終了している

メリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

白ロムのメリットは価格の安さ!

白ロムの一番のメリットは価格の安さです。docomoやau、SoftBankのような大手キャリアで販売されているスマホと、白ロムの端末料金を比較してみました。

白ロムの端末料金例
販売店 機種 端末料金
エコモバイル ドコモ版iPhone6sPlus 16GB
(未使用品)
54,980円
IOSYS
(イオシス)
au Xperia XZ SOV34
(未使用品)
55,800円
ダイワンテレコム ドコモ版 Galaxy S7
(美品)
58,800円
※全て税込み価格・保証サポート付き

大手キャリアでは多くのスマホが9万円以上で販売されていますが、白ロムには新品同様の状態でも1万円以下で販売されている場合もあります。

例えばiPhone6s Plusの場合Apple Storeでは72,800円で販売されていますが、同じ機種の白ロムを購入した場合未使用でも、端末料金は3万円近く安くなるのがわかります。

今では大手キャリアで次々に新機種が登場しているため、白ロムは中古でも比較的新しい機種が多いです。短期間しか使用していない新品同様のものが販売されていることもあります。

白ロムには販売を終了している機種もあるので、以前気に入っていた機種が見つかるかもしれません。

しかし機種が古すぎるとスマホをアップデートできないため、ウイルス感染の危険性が高くなります。

詳しくは「格安SIMのセキュリティ対策方法」をご覧ください。

中古品の白ロムはすぐ故障する可能性もある!デメリットを紹介

先ほど説明したように白ロムの多くは中古品で、いつも同じ端末が販売されているわけではなく、在庫数も確保されていません。

そのため使いたい端末を探しても見つからなかったり、購入を迷っている間に売り切れてしまったりする可能性があります。

また白ロムには個体差があり、以前の使用期間や扱い方などによっては購入後すぐ壊れてしまう恐れもあります。

白ロムを購入するときは、故障時に修理や交換などのサポートを行っている販売店を選びましょう。

白ロムとSIMフリースマホの違いを解説!使える機能にも違いがある

SIMフリースマホという言葉を聞いたことがある人の中には、白ロムとSIMフリーの違いがよくわからない人もいるのではないでしょうか。

SIMフリースマホとは、どこの通信会社と契約しても使用できるスマホのことです。

決まった携帯会社のSIMカードしか使えないようになっている「SIMロック」を、解除した状態になっています。

SIMフリースマホはネットショップや家電量販店で購入可能です。最近ではSIMフリースマホとSIMカードをセットで販売しているMVNO※もあります。

MVNOとは

ドコモ・au・ソフトバンクの回線を借り、携帯事業を行う会社です。格安でユーザーがスマホを使えるよう、サービスを提供しています。

MVNOについては「MVNOとは?仕組みとメリット・デメリット 」の記事で詳しく説明しています。

白ロムにも、SIMフリースマホとSIMロックがかかっているスマホの2種類があります。

SIMフリースマホをより安く購入したい人は白ロムのSIMフリースマホを中古サイトなどで購入するのもおすすめですよ。

次の項目に当てはまる人に、SIMフリースマホはおすすめです。

SIMフリースマホはこんな人におすすめ
  • 海外でも自分のスマホを安く使いたい
  • 携帯会社を自由に選びたい

SIMフリースマホは、海外でも現地のSIMカードを入れれば使うことができます。

またSIMロックがかかっていると、端末によっては、契約できる携帯会社が限られるものがあります。

SIMロック解除※することで、好きな携帯会社のSIMカードを利用することが可能です。

SIMロック解除とは

自社のSIMカードしか対応しないようロックをかけたものを解除することです。ロックは大手3キャリアであるau・ドコモ・ソフトバンクが、他社への流出を阻むためにかけています。

SIMロック解除については「SIMロック解除とは?SIMロック解除義務化でiPhoneも対応」の記事で詳しく説明しています。

白ロムとSIMフリースマホを混同してたけど、やっと違いがわかったわ。
どちらも中古スマホってわけではなく、SIMフリースマホは新品でも売られているよ。

SIMフリースマホにはSIMロックはかかっていないけど、白ロムにはSIMロックがかかっているスマホもあるから注意してね。

おすすめの白ロム販売店を紹介!実店舗での購入が安心

白ロム端末で格安SIMを利用するために、まず大手キャリアで解約の手続きをしておきましょう。

白ロムは、次の方法で購入できます。

白ロムの購入方法
  • 実店舗
  • 通販サイト
  • オークションサイト

このほかに、知人から不用になったスマホを譲り受ける人もいます。

それぞれの購入方法には、次のような特徴があります。

実店舗の特徴
メリット ・自分で商品の状態を確認できる
デメリット ・値段が比較的高い
通販サイトの特徴
メリット ・近くに店舗がなくても購入できる
・商品数が多い
デメリット ・商品の状態がわかりづらい
オークションサイトの特徴
メリット ・値段が比較的安い
デメリット ・出品者の信頼度がわからない

それでは次の項目から、白ロム購入方法について詳しく解説していきます。

実店舗なら実際に商品状態を確認できる!サポートもついて安心

実店舗での購入は実際どれくらい傷が付いているのか、画面は綺麗な状態かなどを確認し納得したうえで購入できるため、返品や交換の可能性も低いです。

中古品の白ロムは使用期間や、前の利用者の扱い方によっては、購入後すぐ壊れてしまう恐れもあります。

しかし多くの店舗では1週間~1ヶ月程度の保証期間を設けていて、期間内であれば同等品との交換や返品が可能です。

それ以降の故障は、大手キャリアのショップやメーカーで対応してもらえる端末もあります。故障時のサポートが受けられる端末を探したいとき、店舗で相談できるスタッフがいるのも実店舗購入の利点といえます。

近くに実店舗がなくても、オンラインショップを持つ店も多いです。サポート内容も実店舗と同じで安心ですが、他の購入方法より価格は高めの傾向があります。

次の白ロム販売店は、店舗と通販で販売を行っています。利用者からの評判も高くおすすめです。

販売店 特徴
IOSYS
(イオシス)
・1ヶ月の保証期間
・新機種が手に入りやすい
エコモバイル ・1年間の保証サポートがある※
・不正改造携帯は販売不可
※2,000円

オークションサイトは白ロム詐欺の危険性あり!出品者の評価に注意

価格面から見て一番お得なのはオークションサイトでの購入方法ですが、「有名だから」「大手だから」と安心するのは危険です。多くは購入時のトラブルや購入後の故障に対して白ロムへの保証が全くありません。

オークションサイトの中には、詐欺目的で白ロムを出品している人(業者)もいます。購入者からは、このような事例が報告されています。

被害事例1、使用できない白ロムを売り付けられた!

スマホが壊れたので白ロムを買い、今使っているSIMカードで使用することにした。

オークションサイトに欲しい端末があったので申し込みをし、端末代3万円を振り込んだが、届いた端末にSIMカードを差し込んでも使用できない。携帯会社に相談してみたら、「この端末は盗難品扱い(赤ロム)なので使用できない」と言われた。

その後返品するために出品者に連絡したが、連絡は取れず振り込んだお金は返ってこなかった。

被害事例2、端末が入っていた箱だけ送られてきた!

商品説明には「iPhone3GS 箱・ケーブル・ACアダプタ完備」と記載されていたから購入したのに、届いた商品は箱だけ。

出品者に連絡をとることはできたが、「自分が出品したのは箱だ」と言われ返金に応じてくれなかった。

購入者が商品情報の信憑性や、出品者の信頼性を判断することは難しく、その被害を確実に避けることは不可能です。

また上のようなことが起きた場合、内容証明郵便や少額訴訟制度などを利用することもできますが、内容によっては「確実に詐欺と証明するのが難しい」とされ、泣き寝入りするしかないことも。

もし欲しい端末がオークションサイトにしかなかったり、通販サイトや実店舗販売よりも安かったりしたら、出品者の評価を確認してから購入しましょう。

評価が「良い」とされている割合が98%以上だと信頼度は高いです。

あ~!詐欺られた!!悔しいー!
どんな詐欺だったの!?詐欺は犯罪だから、最寄りの消費者生活センターや警察に相談して!泣き寝入りする前に早めに行動してね。

白ロム購入時の注意点2つ!購入後使えなくなることもある

白ロムを購入する際は、次の2つの注意点を必ず守ってください。

白ロム購入時の注意点
  • 赤ロム永久保証を行っている店で購入する
  • SIMロックが解除された白ロムを購入する

それぞれ詳しく説明します。

いきなり利用制限がかかり使用不可に!?赤ロムに注意!

赤ロムとは、ネットワーク制限がかかりSIMカードを入れても使用できないスマホのことです。スマホ画面にある、電波のマークが赤色になることからそう呼ばれています。

盗難による不正利用や端末料金支払の踏み倒しなどが原因で、キャリアが端末にロックをかけると赤ロムになります。

実はこの赤ロムが、販売されている白ロムの中に紛れ込んでいます。

店舗では販売前に厳重な確認がされていますが、購入後赤ロムになってしまうこともあります。これでは安くスマホを購入しても、端末料金分の損をしてしまいます。

白ロムを購入する際には、利用制限がかかっていないか確認するだけでなく、次のような「赤ロム保証」のあるショップを選びましょう。

サポート内容
  • 購入した端末が赤ロムだった場合、同等品と交換または全額返金
  • 永久保証のためいつスマホが赤ロムになっても対応可能
赤ロム保証のあるショップ例
販売店 保証
じゃんぱら 赤ロム永久保証
IOSYS 通信利用制限(通信規制・赤ロム)の保証
GEO mobile(ゲオモバイル) 赤ロム永年保証

SIMロック解除されていない白ロムは携帯会社を選べない

SIMロックとは大手キャリアが、自社のSIMカードしか対応しないようスマホにロックをかけることです。利用者が他社へ流出するのを阻むことが目的で行われています。

白ロムにはこのSIMロックがかかった状態のものもあり、購入後格安SIMを利用するときに契約できるMVNOが限られてしまいます。

ドコモの白ロムはドコモかドコモ系MVNO、auのスマホはauかau系MVNOの格安SIMしか利用できません。

また白ロムにも解除不可だったり、本人以外は解除できない場合があったりするので、それに気付かず白ロムを購入すると、利用したいMVNOで契約できない可能性があります。

白ロムを購入するときには、「SIMロック解除済」と明記されている商品を選びましょう。

購入時は問題なくても後から使えなくなったら大変だよね。念のため赤ロム永久保証のあるお店から購入するなど対策しておいてね。

白ロムバイトは詐欺!覆面調査として求人を行う場合もある

上でも紹介したように、白ロムは詐欺にも使われているのが現状です。現在日本ではMVNOが増え、利用者の更なる増加が予想されます。そのため格安SIMに関する詐欺にも注意が必要です。

しかも狙われているのは購入者だけではありません。

求人情報に、白ロムを使ったバイトが紹介されているのを見たことはありますか?実はこのバイトに応募し働くことで金銭的被害を被ることになります。

白ロムバイト詐欺の手口
  1. 求人に応募してきた被害者に携帯電話を新規契約させ、その後即解約することで白ロムを作らせる。
  2. 業者は郵送で端末を受け取り、被害者には数千円~1万円ほどの報酬を渡す。

アルバイトは労働に対して報酬を受けられるので、逆にお金を取られてしまうとは、まず思わないですよね。

しかし実際解約には端末代と違約金が発生し、その料金は契約名義人である被害者が負担しなければなりません。

大手キャリアの場合新機種の端末代は9万円ほどかかりますし、大手キャリアは解約時、2年縛りによる違約金が発生するのが一般的です。

複数台の契約を要求されるほど発生する請求料金は膨れ上がるので、一日バイトを行うだけで被害金額が100万円になることもあります。

詐欺であることに気付き業者に確認しようとしても、連絡がつかなくなっていることが多いです。

金銭的被害を受けるだけではありません。詐欺に加担し携帯会社を騙したと見なされ、訴訟を起こされる可能性もあるので注意が必要です。

白ロムバイト詐欺には覆面調査としての求人もあります。おいしい話だからといってすぐに応募せず、求人を出している業者の信頼性や仕事内容をよく確認してください。

1日で100万円!?そんなの絶対に許せない!
残念ながら実際に詐欺に加担してしまう人もいるんだ。

応募の時点で気づかなくても何かに契約するときは、自分が何に契約しているか、じっくり契約内容について確認してね。

白ロムと格安SIMの組み合わせでスマホ料金をさらに節約!

格安SIMを利用すると、携帯料金は大手キャリアよりかなり安くなります。

さらに端末を白ロムにすれば端末代が節約できるので、少しでも安い料金でスマホを利用したい人は白ロムの購入を検討しましょう。

中古品のため新品に比べると利用できる期間は基本的に短くなりますが、低価格なので気軽に機種変更できます。

しかし新品に比べると故障しやすいので、保証期間を設けているお店を選びましょう。

購入した端末に利用制限がかかり赤ロムになる可能性もありますが、赤ロム永久保証のある店を利用すれば端末の返品・交換が可能です。

白ロムを購入する場合は、通販やオークションサイトよりも実店舗での購入をおすすめします。

タイミングによっては、新品同様の新機種を低価格で購入できるかもしれません。ぜひ探してみてください。

※記載されている内容は2017年4月現在のものです。