iPhoneで楽天モバイルを使うための設定方法

iPhoneで楽天モバイルを使うための設定方法

多くの企業が参入し注目を集める、格安SIM。毎月の料金も格安、使い勝手も大手キャリアと変わらないとあって、契約者数もぐんぐん伸びています。

格安SIMの中でも人気が高いのが、楽天モバイル。そんな楽天モバイルでは「iPhoneは使える?」「iPhoneの設定方法は?」などといった、iPhone関連の質問も多いそうです。

もちろん楽天モバイルでもiPhoneは使えます。

しかし楽天モバイルではiPhone端末の取り扱いはありませんので、自分でApple Store(アップルストア)や大手キャリアなどで手に入れる必要があります。

同じiPhoneでも購入先によって、手続きが少し違うんですよ。

この記事では楽天モバイルでiPhoneを使用するための設定や手続きなどを、キャリアごとに紹介していきます。

ドコモで購入したiPhoneを楽天モバイルで使うには

格安SIMは大手キャリアから回線を借りて、事業を運営しています。

そのためアンテナや回線保守作業などの費用を抑えることができ、料金を安くすることができるんですよ。

楽天モバイルは、ドコモ(docomo)の回線をレンタルして事業を運営しています。

同じ回線であるドコモで購入したiPhoneであれば、SIMロック解除※をしなくても、SIMカードを差し替えるだけで、楽天モバイルとして使用することができるんですよ。

SIMロック解除とは

自社のSIMカードしか対応しないようロックをかけたものを解除することです。ロックは大手3キャリアであるau・ドコモ・ソフトバンクが、他社への流出を阻むためにかけています。

SIMロック解除については「SIMロック解除とは?SIMロック解除義務化でiPhoneも対応」の記事で詳しく説明しています。

ドコモ(docomo)から楽天モバイルに乗り換える時の設定方法

現在ドコモ(docomo)で購入したiPhoneを利用している人は、楽天モバイルでも同じように使えます。

ではどのような乗り換え手続きをすればいいのでしょうか。順番に解説します。

1、MNP(マイナンバーポータビリティ)を利用するかしないかを決める

まずはMNP※の利用の有無を決めます。

MNPとは

スマホの電話番号を変えずに、契約する携帯会社を乗り換えることです。

MNPを利用する場合は、MNP予約番号を取得します。

ドコモのMNP予約番号取得方法
利用方法 窓口 受付時間
WEB
(PC・スマホから)
My docomoにアクセス→各種お申込み・お手続き 24時間
WEB
(ガラケーから)
iモードに接続→お客様サポート→お申込・お手続き 24時間
携帯電話から 151へ電話 9:00~20:00
一般電話から 0120-800-000へ電話 9:00~20:00

MNP予約番号の取得方法や電話番号を引き継ぐ手順については「MNPで格安SIMに電話番号を引き継ぐ方法」の記事で解説しています。簡単なので、ぜひ自分でやってみてくださいね。

MNPを利用しない場合(電話番号が変わってもいいという場合)は、この作業は必要ありません。

2、楽天モバイルに申込む

ネットでの契約が不安な人もいると思いますが、とても簡単ですし、時間を気にせずいつでも申込みできるので、ネット契約が便利ですよ。

申込みの際に気をつけたいことは、SIMカードのサイズは「nanoSIM」を選ぶことです。

SIMカードのサイズを間違えてしまっても交換できますが、1枚につき3,000円(税別)の手数料がかかるので注意してください。

なおインターネットで申込み手続きをした場合、手元にSIMカードが届くまでドコモ(docomo)を解約しないでくださいね。

3、SIMカードが届いたら差し替える

手元にSIMカードが届いたら、早速差し替えてみましょう。

電源をOFFにして、iPhoneの中に入っているdocomoのSIMカードを取り出します。

iPhoneのSIMカード取り出し方法の解説画像

取り出し方は「【画像つき】SIMカードの取り出し方と挿入方法」で画像付きで解説しています。

そして楽天モバイルのSIMカードを挿入し、電源をONにしてWi-Fiなどでデータ通信に接続します。

4、初期設定(APN設定)をする

データ通信が繋がったら、APN設定という初期設定をします。大手キャリアではこのAPN設定を店舗スタッフがしてくれていたので、自分で設定するのは少し不安という人もいるでしょう。でも大丈夫です。APN設定は、ほんの3分ほどでできてしまう簡単な作業なんです。

APN設定を行う際は、必ずWi-Fiやモバイルルーターでデータ通信ができる状態にしておいてください。

もしも自宅にWi-Fiやモバイルルーターがない場合は、Wi-Fiを設置しているお店などで設定しましょう。

Wi-Fiスポットについては「全国の無料Wi-Fiスポット一覧と便利なアプリ紹介」の記事で紹介していますので参考にしてください。

また「APN設定の方法を動画付きで解説」の記事でもわかりやすく解説しています。

とても簡単な作業ですので、ぜひ自分でチャレンジしてくださいね。

APN設定をしたら、以前のドコモは自動的に解約されます。晴れて楽天モバイルユーザーです。

ドコモのiPhoneなら、とっても簡単に楽天モバイルに乗り換えられるんだね。やったー!
しかも写真やアプリの入れ替えも必要ないんだよ。

au・ソフトバンクで契約したiPhoneを楽天モバイルで使うには

楽天モバイルはドコモ(docomo)の回線をレンタルしている格安SIMです。

違う回線であるauやソフトバンク(SoftBank)で購入したiPhoneは、SIMロックを解除する必要があります。

SIMロック解除にはいくつかの条件がありますので注意してください。

SIMロック解除の条件
  • iPhone6s以降の機種であること
  • 機種購入から180日が過ぎていること※
  • 故障や水濡れがないこと
  • ネットワーク制限がかかっていないこと
※181日目から解除可能(auのみ)

iPhone6以前の機種を使用している人は、残念ながら新しい機種を準備する必要があります。

店舗でもSIMロックは解除してもらえますが3,000円の手数料がかかります。自分でも3分ほどで簡単にできるので、ぜひ自分でやってみてくださいね。

解除の方法は、auユーザーなら「【画像つき】auのSIMロック解除方法」の記事で、ソフトバンクユーザーなら「ソフトバンクのSIMロック解除方法を徹底解説」の記事で、とてもわかりやすく解説しています。

au・ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える時の設定方法

先ほど解説したように、auとソフトバンク(SoftBank)のiPhoneを楽天モバイルで使用する場合はSIMロック解除が必要です。

では、楽天モバイルへの乗り換え手順を解説します。

1、SIMロック解除をする

SIMロック解除はキャリアの店舗でも行っていますが、3,000円の手数料がかかるうえ、待ち時間などもあります。

スマホやPCで自分ですればわずか3分ほどの時間で、しかも無料でできます。

auの場合は公式サイトから、ソフトバンクの場合はMy SoftBankから簡単に手続きができますよ。

SIMロック解除してもそのまま使い続けることができるので、時間のあるときにSIMロック解除だけしておいてもいいですね。そうすれば乗り換えだけでなく、例えば海外旅行先などで使うこともできます。

2、MNP(マイナンバーポータビリティ)を利用するかしないかを決める

乗り換えの際、電話番号を引き継ぐかどうか、つまりMNPを利用するかどうかを決め、利用するならMNP予約番号を取得します。

MNP予約番号もSIMロック解除と同様自分で簡単に取得することができますが、iPhoneユーザーの発行手続きは電話のみです。

MNPの受付について
MNP受付電話番号 受付時間
au 0077-75470 9:00~20:00
ソフトバンク 0800-100-5533 9:00~20:00

MNP予約番号の取得方法や電話番号を引き継ぐ手順については「MNPで格安SIMに電話番号を引き継ぐ方法」の記事で解説しています。簡単なので、ぜひ自分でやってみてくださいね。

MNPを利用しない(電話番号が変わってもいい)なら、MNP予約番号を取得する必要はありません。

3、楽天モバイルに申込む

多くの格安SIM会社は店舗を持っていません。楽天モバイルには店舗がありますが、人気のため待ち時間が長くなることもあります。申込みは、時間を気にせずいつでも申込みできるネット契約が便利です。

iPhoneのSIMカードのサイズは「nanoSIM」です。

SIMカードのサイズを間違えてしまうと交換が必要です。交換には1枚につき3,000円(税別)の手数料がかかるので、間違えないようにしてくださいね。

ネットで申込むと後日郵送でSIMカードが届きます。それまではキャリア(auかソフトバンク)を解約しないでください。

4、SIMカードを差し替える

手元にSIMカードが届いたら、SIMロック解除をしたiPhoneに、楽天モバイルのSIMカードを入れます。

まずは電源をOFFにして、iPhoneの中に入っているauもしくはソフトバンクのSIMカードを取り出します。

iPhoneのSIMカード取り出し方法の解説画像

取り出し方は簡単ですが、もしもわからないという人は「【画像つき】SIMカードの取り出し方と挿入方法」で画像とともに詳しく解説しています。

楽天モバイルのSIMカードを挿入したら、電源をONにします。

5、初期設定(APN設定)をする

次にAPN設定という初期設定をします。

大手キャリアの場合このAPN設定はすべて店舗スタッフがしてくれています。自分で設定したことがない人も多いですが、設定はとても簡単でほんの3分ほどでできますよ。

必ずAPN設定は、Wi-Fiやモバイルルーターでデータ通信できる環境を整えてから行います。

もしもない場合は、Wi-Fiを設置しているお店などで設定しましょう。Wi-Fiスポットについては「全国の無料Wi-Fiスポット一覧と便利なアプリ紹介」の記事で紹介していますので参考にしてください。

APN設定はとても簡単な作業です。「APN設定の方法を動画付きで解説」の記事でとてもわかりやすく解説していますので、一度目を通してからやってみてください。

APN設定すれば、楽天モバイルと契約です。自動的にauやソフトバンク(SoftBank)は解約となります。

auやソフトバンクのiPhoneもSIMロック解除すれば基本的には楽天モバイルで使えるようになるよ。

でも動作確認がされていないので、もしも使えなかった場合は自己責任になってしまうんだ。

SIMフリー版のiPhoneを購入して楽天モバイルで使うには

格安SIMは、SIMフリー端末※であれば使うことができます。

SIMフリー端末とは

SIMロックが掛かっていないスマホやタブレット端末です。

SIMフリー端末については「SIMフリーとは?仕組みとメリットを解説」の記事で詳しく説明しています。

SIMフリー版のiPhoneはApple Store(アップルストア)などで販売されています。

SIMフリー版のiPhoneは、使用後に機種変更をする際に売却することになった場合、比較的高値で買い取ってもらえるというメリットもあるんですよ。

SIMフリー版のiPhoneはそのままでOK!設定方法を紹介

Apple Store(アップルストア)などでSIMフリー版のiPhoneを購入した場合、そのまま楽天モバイルで使用することができます。

ではSIMフリー版のiPhoneの手続き方法を紹介します。

1、MNP(マイナンバーポータビリティ)を利用するかしないかを決める

まずはMNPを利用するかどうかを決めます。MNPを利用する場合は、MNP予約番号を取得します。

新しくSIMフリー版のiPhoneを用意した場合は、大手キャリアで契約している端末でMNP手続きをします。

MNP予約番号の取得方法はとても簡単です。「MNPで格安SIMに電話番号を引き継ぐ方法」の記事で解説しているので確認してくださいね。

MNP予約番号を取得したら、その番号で楽天モバイルの申込みをします。MNPを利用しないなら、予約番号は必要ありません。

2、楽天モバイルに申込む

格安SIMは基本的にネット契約です。楽天モバイルは店舗もありますので、すぐに使いたい人は店舗で契約するとよいでしょう。ネット契約でも数日で手元にSIMカードが届くので、とても簡単で便利なネット契約がおすすめです。

SIMカードのサイズは「nanoSIM」です。

ネット契約の際、SIMカードのサイズを間違えないように注意してください。交換も可能ですが、1枚につき3,000円(税別)の手数料がかかります。

なおインターネットで申込み手続きをした場合、手元にSIMカードが届くまでは以前のキャリア契約を解約しないようにしてくださいね。

3、SIMカードを差し替える

楽天モバイルのSIMカードを挿入する方法です。

電源をOFFにして、iPhoneの中に入っているSIMカードを取り出します。

もしも新しくSIMフリー版のiPhoneを用意した場合は、中に何も入っていないので、そのまま楽天モバイルのSIMカードを入れます。

トレイの開け方やSIMカードの取り出し方はとっても簡単。

iPhoneのSIMカード取り出し方法の解説画像

わからない場合は「【画像つき】SIMカードの取り出し方と挿入方法」で解説していますので、参考にしてくださいね。

楽天モバイルのSIMカードを挿入したら、電源をONにしWi-Fiなどでデータ通信に接続します。

4、初期設定(APN設定)をする

続いてAPN設定という初期設定をします。

APN設定は大手キャリアの場合店舗スタッフがしてくれていましたが、格安SIMでは自分でやることが一般的です。APN設定はほんの3分ほどでできるほど簡単です。不安に思わずぜひ自分で設定してください。

APN設定を行う際に気をつけたいのは、Wi-Fiやモバイルルーターでデータ通信ができる環境で行うことです。

もしもWi-Fiやモバイルルーターがない場合は、Wi-Fiを設置しているお店などで設定してください。Wi-Fiスポットについては「全国の無料Wi-Fiスポット一覧と便利なアプリ紹介」の記事で紹介しています。

データ通信が繋がったらAPN設定を行ってください。先ほども言いましたが、APN設定はとても簡単な作業です。不安な場合は「APN設定の方法を動画付きで解説」の記事でわかりやすく解説しています。

APN設定ができれば、楽天モバイルを使用できますよ。

白ロムを買ったらSIMフリー版のiPhoneじゃなかったから、楽天モバイルで使えないじゃん!

しかも購入後180日が経過していないみたいでSIMロック解除もできない!

それは困ったね。白ロムは安くて良いものが手に入ることもあるけど、トラブルがあることも多いから注意が必要なんだよ。

白ロムを楽天モバイルで使用するなら、ドコモの白ロムかSIMロック解除された端末、SIMフリー端末を選んでね。

楽天モバイルでiPhoneを使おう!新規購入ならSIMフリー版を

楽天モバイルでiPhone端末の取り扱いはありませんが、使用することはもちろんできます。

今まで大手キャリアで使用していたiPhoneを使用したい場合は、ドコモであればSIMロック解除なしでもOK!auやソフトバンクの場合は、SIMロック解除が必要です。

SIMロック解除はiPhone6s以降の機種しかできませんし、携帯会社によってSIMロック解除の条件が異なるので注意してくださいね。

もしもこれから新しいiPhoneを購入するのであれば、Apple StoreなどでSIMフリー版のiPhoneを購入しましょう。使用後に売却する場合も、SIMフリー版のほうが高価買取が期待できますよ。

※記載されている内容は2017年4月現在のものです。