OCNモバイルONEの料金プランやキャンペーン、オプションを紹介

NTTコミュニケーションズが提供するOCNモバイルONEには、豊富な料金プランと独自の通話サービスがあります。

音声通話料金を安く抑えたいなら、オプションの「OCNでんわ」や「050 plus」の利用がおすすめ。また高速データ通信容量を分け合える「シェアプラン」を利用すれば、家族でスマホ代を節約できます。

OCNモバイルONEでは時期によってキャンペーンもあり、お得に契約することもできるため、事前にチェックしておくのがおすすめ。

OCNモバイルONEの利用にかかる料金を詳しく解説します。

OCNモバイルONEの通常料金プランをSIMタイプ別に紹介

OCNモバイルONEは、スマホ端末本体にSIMカードを入れることで、通信・通話ができるという仕組みです。

SIMカードの説明

OCNモバイルONEではSIMカード単体で契約する方法と、SIMカードとスマホ端末をセットで契約する2つの方法があります。

スマホとSIMカードがセットになった「スマホセット」なら、端末の分割払いもでき便利です。スマホセットについて詳しくは「OCNモバイルONEなら端末の分割払いも可!端末を準備する方法」をご覧ください。

OCNモバイルONEのSIMカードは次の3種類です。

  • 音声対応SIM
  • データSIMカード
  • SMS対応SIMカード

音声通話とデータ通信、SMSをしたいなら「音声対応SIM」、データ通信のみで使うなら「データ通信専用SIMカード」、データ通信とSMSを使いたいなら「SMS対応SIMカード」を選びましょう。

どのSIMでも初期費用として、初期工事費用(パッケージ費用)3,000円とSIMカード手配料394円(どちらも税抜)がかかります。

それぞれの料金プランを詳しく紹介しますが、まずは音声通話SIMを解説するので、それ以外の人は「データ専用SIMカードとSMS対応SIMカードの料金プラン」まで読み飛ばしてください。

音声対応SIMは通話料が加算される!月額基本料を解説

音声対応SIMの場合は初期費用と月額基本料に加え、通話をしたら通話料、オプションを申し込み・利用した場合はオプション料金が加算されます。

データ通信容量の上限には、1日単位と月間単位の2種類のコースがあり、どちらも月額基本料にSIMカード利用量700円が加算されます。

OCNモバイルONEの音声対応SIM毎月の支払い料金(日単位)
1日の通信容量 料金(税抜)
110MB/日 1,600円
170MB/日 2,080円
OCNモバイルONEの音声対応SIM毎月の支払い料金(月単位)
1カ月の通信容量 料金(税抜)
3GB 1,800円
6GB 2,150円
10GB 3,000円
20GB 4,850円
30GB 6,750円

この他「1カ月15GB、最大通信速度500kbpsで2,500円」というプランもあり、「通信速度が多少落ちても、安くたくさんのデータ通信をしたいという人に向いています。

音声通話には「OCNでんわ」を使えば、国内通話料が半額になりお得です。詳しくは「通話料金は「OCNでんわ」や「050 plus」を使えばお得に」の章で詳しく紹介しています。

また電話番号そのままで乗り換える「MNP」をする場合は「OCNモバイルONEに安くMNPするタイミングと開通手順や時間」もぜひ参考にしてください。

データ専用SIMカードとSMS対応SIMカードの料金プラン

データ通信容量の上限には、音声通話SIMと同様に1日単位と月間単位の2種類のコースがあります。

SIMカード利用料は、データ専用SIMカードの場合かかりません。一方でSMS対応SIMカードには月額120円かかります。

データ専用SIMカードとSMS対応SIMカードの毎月かかる料金を詳しく見ていきましょう。

データ専用SIMとSMS対応SIMで毎月かかる料金(日単位・税抜)
1日の通信容量 データ専用SIM SMS対応SIM
110MB/日 900円 1,020円
170MB/日 1,380円 1,500円
データ専用SIMとSMS対応SIMで毎月かかる料金(月単位・税抜)
1カ月の通信容量 データ専用 SMS対応SIM
3GB 1,100円 1,220円
6GB 1,450円 1,570円
10GB 2,300円 2,420円
20GB 4,150円 4,270円
30GB 6,050円 6,170円

この他に「1カ月15GB、最大通信速度500kbps」というプランもあります。その場合の月額はデータ専用SIMカードの場合1,800円、SMS対応SIMカードの場合1,920円です。

OCNモバイルONEの支払い方法はどんなものがあるの?
他の格安SIMと同様にクレジットカード払いももちろんできるし、口座払いも選択できるわ。詳しくは次の記事を読んでちょうだい。

OCNモバイルONEのシェアプランなら家族で節約できる

OCEモバイルONEにはデータ通信容量が分け合える「シェアプラン」があります。

OCEモバイルONE「シェアプラン」

※1:全てのコースで容量シェアが可能

家族全員でデータ容量を分け合えるので、データ通信容量を無駄なく使うことができ、携帯代を節約できます。

大手キャリアにもシェアコースはありますが、OCNモバイルONEの方が料金も安くお得です。家族4人(そのうち25歳以下が2人)の場合で比較しました。

ドコモとOCNモバイルONEのシェアコース比較(月額)
データ通信容量 ドコモ OCNモバイルONE
10GB 16,120円 6,300円
30GB 20,120円 10,050円
※ドコモはシンプルプラン、OCNモバイルONEは音声通話SIMで比較
※端末代は別料金

このように1カ月約1万円、年間約12万円も節約できるという結果になりました。家族で利用する人やスマホとタブレットなど複数端末で使う人にはシェアプランがおすすめです。

OCNモバイルONEの通常料金プランをSIMタイプ別に紹介」で先程紹介したどのコースでも、通信容量をシェアプランとして分け合うことができます。

シェアプランとして分け合うには、別途枚数分の初期費用とSIMの利用料が必要です。

OCNモバイルONEの新規契約と同時にシェアプランを申し込む場合は、どのSIMカードでも初期費用は1枚あたり394円(初期工事費用0円、SIMカード手配料1枚あたり394円)です。

すでにOCNモバイルONEを使っていて、あとから容量シェアを申し込む場合は、別途初期費用が加算されます。

追加でシェアプランを申し込む場合の初期工事費用(1枚あたり)
  • 音声対応SIMカードの場合3,000円
  • データ通信専用SIMカード・SMS対応SIMカードの場合1,800円

さらにどのSIMでも、SIMカード手配料394円が必要です。

また月額料金として次の料金がかかります。

シェアプランでのSIMカード1枚あたりの月額料金
1カ月の通信容量 月額基本料金(税抜)
データ専用SIMカード 400円
SMS対応データ通信専用SIMカード 520円
音声対応SIMカード 1,100円

うまく活用して効率的にデータ通信容量を使ってみてください。

もし容量を使い切っちゃったらどうなるの?
容量を使い切っても通信はできるけど、速度制限がかかった状態になるわ。OCNモバイルONEのアプリかOCNマイページから追加容量を購入すれば、高速通信に戻すことができるわよ。

OCNモバイルONEはキャンペーンが狙い目

OCNモバイルONEでは過去に次ようなキャンペーンがありました。

OCNモバイルONEのキャンペーン例
  • SIMカードの追加手数料無料
  • JCBギフトカード2,000円分プレゼント
  • 紹介した人・された人両方にAmazonギフト券1,000円分プレゼント
  • 2カ月間月額基本料700円割引
  • 基本通信容量の増量

他に数量限定特価など、端末代が安くなっている場合もあります。

いつ申し込んだらオトクなんだろう~?
キャンペーンの内容は時期によって大きく違いがあるから、一概にいつとは言えないわ。こまめに公式サイトでキャンペーンをチェックするのがおすすめよ。

OCNモバイルONEのオプション料金を紹介

OCNモバイルONEには、通話や端末補償、セキュリティなどのオプションが用意されています。料金を詳しく見ていきましょう。

通話料金は「OCNでんわ」や「050 plus」を使えばお得に

OCNモバイルONEの音声対応SIMを契約した場合は、通話料が安くなる「OCNでんわ」を利用できます。

またデータ通信専用SIMやSMS対応SIMの場合は、IP電話である「050 plus」を使うことで、安い料金で音声通話が利用可能です。

それぞれの料金を詳しく見ていきましょう。

音声対応SIMなら「OCNでんわ」がお得!

音声対応SIMを契約している場合は「OCNでんわ」を、申し込み不要・月額基本料無料で使うことができます。

OCNでんわアプリから発信するか、通常の通話で発信時に「0035-44」をつけることで、電話番号そのまま、国内通話料が半額で通話可能。

また1回10分以内の通話を、日本国内であれば回数無制限で利用できる「OCN10分かけ放題オプション」もあります。

「OCNでんわ」の月額基本料
サービス名 月額基本料
OCNでんわ 無料
OCNでんわ10分かけ放題オプション 850円

短時間の通話回数が多い人に10分かけ放題オプションはおすすめです。

「OCNでんわ」については「電話アプリ「OCNでんわ」でOCNモバイルONEの通話料金を節約」で詳しく解説しています。

データ専用SIM・SMS対応SIMなら「050 plus」が便利

データ専用SIM・SMS対応SIMの場合は、090や080など通常の電話番号を使った音声通話ができません。

その場合は050から始まる番号で電話をかける「050 plus」がおすすめ。050 plusはIP回線を使った通話アプリです。

050 plusのアプリ同士や固定のIP電話との通話が無料なうえ、通常の電話番号への発信でも通話料を安く抑えることができます。
「050 plus」の月額基本料
契約内容 月額基本料
音声対応SIM 無料
データ専用SIM・SMS対応SIM 150円
OCNモバイルONEの契約なし 300円

ただしこの050 plusからは110番や119番、177番などかけられない番号があるので、事前に公式サイトで確認しておくことが重要です。

050 plusについては「おすすめの050アプリ(IP電話アプリ)を比較して解説します」をご覧ください。

故障時に修理・交換ができる「あんしん補償」

 

OCNモバイルONEの「あんしん補償」は月額500円で、故障や画面割れなどのトラブル時に修理・交換が受けられるサービス。

補償には50,000円の上限がありますが、スマホの故障が不安な人にはおすすめのオプションです。

「あんしん補償」は別途次の料金がかかります。

  • 修理代金が50,000円以上の場合その差額
  • 交換代金1回目は4,000円、2回目は8,000円
  • 交換の場合手数料300円~600円

その他さまざまな条件もあるため、公式サイトでチェックしておきましょう。

子どもに持たせるならぜひつけておきたい「マイセキュア」

「マイセキュア」は迷惑電話やウイルス、悪質サイトへのアクセスなどをブロックする、セキュリティアプリです。1ライセンスで1台使用することができます。

マイセキュアの月額基本料
ライセンス数 月額基本料
1ライセンス 250円
2ライセンス 450円
3ライセンス 500円

WindowsやMacにも使えるので、パソコンのセキュリティ対策を合わせてしておきたい人におすすめ。

ただしiPhoneの場合は悪質サイトへのアクセスブロックしか使えないので、その場合はぜひ次の記事を参考にしてください。

申し込みの手順については「【画像つき】OCNモバイルONEの申し込み手順を解説」をご覧ください。

またOCNモバイルONEについて詳しく知りたい人は「OCNモバイルONEを申し込みから解約まで徹底解説!」の記事をぜひ参考にしてください。

料金は「OCNマイページ」と「OCNモバイルONEアプリ」から確認できるわ。OCNモバイルONEアプリは、他にも契約情報や利用量なども確認できるから、ダウンロードしておくと便利よ。

OCNモバイルONEをお得に使おう!キャンペーンも要チェック

OCNモバイルONEでかかる料金について解説しました。

契約する際にキャンペーンを利用したり、「OCNでんわ」や「050 plus」などの通話アプリを使うことで、スマホ代をさらに節約することができます。

また複数端末でデータ通信を使ったり、家族でスマホ代を節約したい人には、シェアプランがおすすめ。無駄なく大手キャリアより安い料金で、高速データ通信を利用することができます。

ぜひこの記事を参考にして、OCNモバイルONEをお得に利用してみてください。

※記載されている内容は2017年7月現在のものです。