デビットカード払い可能な格安SIM一覧と注意点

デビットカード払い可能な格安SIM一覧と注意点

毎月の携帯料金が2,000円以下になることも当たり前な格安SIM。節約のために、大手キャリアから乗り換えを考えている人も多いですよね。

そんな格安SIMの支払いはほとんどの会社が、クレジットカード払いのみに限定されています。

しかしクレジットカードを持っていない人など、クレジットカード払いでは都合が悪いというユーザーもいますよね。

実はクレジットカードではなく、デビットカードで支払いができる格安SIMもあるんです。

デビットカードとは銀行が発行しているカードで、クレジットカードのように後払いではなく即時引き落としとなるカードです。デビットカードのような便利なカードで、格安SIMの支払いに利用できたら嬉しいですね。

そこでこの記事では、デビットカードで支払いができるMVNO(格安SIMを提供する携帯会社)を調べましたので紹介します。

主要MVNOに直接確認!デビットカードで支払い可能なのは?

クレジットカード払いが主流な格安SIMですが、デビットカード払いができるMVNO※もあるんです。

MVNOとは

利用料金が安い携帯会社のことです。電話やインターネット回線を大手キャリアから借りて、通信サービスを提供しています。

MVNOについては「MVNOとは?仕組みとメリット・デメリット」を参考にしてください。

次の主要MVNOに直接連絡をして、デビットカード支払いができるかどうかを調査し、表にまとめましたのでご覧ください。

デビットカード支払い可否
MVNO デビットカード払い
楽天モバイル
UQモバイル
OCNモバイルONE
NifMo(ニフモ)
LINEモバイル
mineo
DMM
BIC SIM
IIJmio

【◯】デビットカード払い可能と公表しているのは「楽天モバイル」のみ

楽天モバイルのみ公式にデビットカード払いが可能という返答がありました。

実際に楽天モバイルのサイトでは、楽天銀行デビットカードとスルガ銀行デビットカードでの支払いが可能としっかり記載されています。

【△】UQ、OCN、mineoはデビットカード払いができるかもしれない

楽天モバイル以外のMVNOサイトでは「クレジットカード払いのみ」と書かれていますが、実はデビットカード払いできるMVNOもあるんですよ。

電話で問い合わせたところ、UQモバイル、OCNモバイルONE、mineoの3社はからは「すべてではないですが、対応できる場合があります」という返答がありました。

ただしどんなデビットカードが有効かは公表されていません。以下のようなデビットカードでは利用できない可能性もありますので、参考にしてください。

利用できない可能性があるデビットカード
  • MVNOとの提携銀行ではない
  • 月額利用に対応していない
  • 残高が少ない

直接問い合わせをしましたが、「どこの銀行が利用可能かなどはわかりかねます」とのこと。デビットカード払いの手続きをしてみて、審査が通れば利用可能となります。

【✕】デビットカード不可のMVNOでも登録できるかもしれない

実際にMVNO各社に電話して確認したところ、「デビットカードでの支払いは受け付けておりません」という回答がほとんどでした。

しかしクレジットカードもデビットカードも、同じ16桁の番号です。

「クレジットカード番号を入力する欄に、デビットカード番号を入力したら登録できた」という口コミも一部で見られます。

登録できない可能性も高いですが、入力してみたら登録できたというケースもあるようですので、自分の契約したいMVNOがデビットカード非対応だとしても、一か八か入力してみると登録できるかもしれません。

できるかもしれないしできないかもしれない・・・なんて、結構アバウトね。
絶対にデビットカード払いがいいなら、楽天モバイルの一択だよ。

デビットカードとは?今さら聞けない素朴な疑問を解説

クレジットカードを持っていない人や持てない人、使いたくない人は、毎月の格安SIM料金の支払い方法を、一部のMVNOならデビットカード払いにすることもできます。

しかしデビットカードを普段利用していない人にとって、そもそもデビットカードって何?と思っている人もいることでしょう。

そこでデビットカードについて、今さら聞けない素朴な疑問を解説していきます。

クレジットカードとデビットカードの違い
クレジットカード デビットカード
銀行口座 必要 必要
使える場所 クレジットカード加盟店 クレジットカード加盟店
支払い方法 後払い 即時
限度額 カードによって異なる 銀行口座残高まで
審査 あり なし
年齢 18歳以上 15歳以上※
※中学生を除く

クレジットカードとデビットカードの一番大きな違いは、クレジットカードが後日の支払日にまとめて支払うのに対し、デビットカードは利用したその時点で即時に口座から料金が支払われるという点です。

ですからデビットカードは、銀行口座に残高がないと利用することができません。

またクレジットカードは作る時に収入などの審査がありますが、デビットカードは残高さえあれば審査なしで発行することができます。

デビットカードは比較的誰でも作りやすいので、クレジットカードを持っていない人や作ることができない人にもオススメだよ。

格安SIMの支払いはクレジットカードが主流なワケ

格安SIMはクレジットカードでの支払いが主流です。

実は以前はもっと多くの格安SIMがデビットカード払いに対応していましたが、現在はそれらの格安SIMもデビットカードでの支払いができなくなっています。

デビットカードでの支払いができなくなった理由
  • クレジットカード払いは料金回収が確実
  • クレジットカードは審査があるので信用度が高い

クレジットカード払いであればクレジットカード会社が利用料金を立て替えるので、MVNOは過不足なく料金を回収することが可能です。しかしデビットカード払いでは料金回収ができないことも。

またデビットカードは誰でも簡単に作ることができますが、クレジットカードは審査が必要なため信用度が高いです。

なるほどぉ。クレジットカード払いならMVNOは未回収の料金がなくなるもんね。
そうなんだ。MVNOにとってクレジットカード払いのほうがメリットが多いから、クレジットカード払いが主流になったみたいだよ。

デビットカード払いの2つの注意点!

格安SIMの料金をデビットカード払いで契約する場合に、知っておきたい注意点が2つあります。デビットカード払いを希望する人は必ずチェックしてください。

デビットカード払い登録の注意点
  • 月額払い対応のデビットカードであること
  • 銀行口座の残高不足にならないこと

先述の通り、デビットカードは利用すると即時に銀行口座より料金が引き落とされるというシステムです。しかし月額払いに対応しているデビットカードもあります。

月額払い非対応のデビットカードでは、格安SIMのデビットカード払い審査が通らないことも多いようです。

登録前に自分の持っているデビットカードが月額払い対応かどうかを確認しておきましょう。

また、格安SIMの料金をクレジットカード払いにする場合、クレジットカード会社がいったん料金を立て替えるので突然スマホが止められることはありません。

しかしデビットカードの場合は引き落とし日に銀行口座に残高があることが前提です。

デビットカード払いの場合、残高不足で引き落としができないと、一時的にデビットカードが使用できなくなったり、最悪の場合強制解約されることもあるようです。

引き落とし日に残高不足にならないように、しっかり口座残高を確認しようね!

デビットカード払いも可能!でも主流はやはりクレジットカード

デビットカードで確実に支払いできるのは楽天モバイルです。

しかしクレジットカード払いのみという表記があるMVNOでも、場合によってはデビットカード払いできる会社もあります。

クレジットカードを持っていない人や、あまりクレジットカードを使いたくないという人は、この記事のデビットカード払い可能なMVNOを参考にして、格安SIMを選んでみてくださいね。

※記載されている内容は2017年2月現在のものです。