APN設定の方法を動画付きで解説

APN設定の方法を動画付きで解説

「今持っているスマホで格安SIMを使いたい」と考えていても、いざ契約となるとなかなか踏み出せないという人もいるのではないでしょうか。

その理由はさまざまだと思いますが「自分で初期設定をすることにハードルの高さを感じている」人は多いようです。

格安SIMはスマホに挿せばすぐに使えるという訳ではなく、初期設定(APN設定)を行う必要があります。

APN設定は機械に詳しくない人でも、所要時間も3分ほどで簡単にできるんですよ。設定方法は端末によって異なるので、この記事で詳しく紹介します。

APN設定は格安SIMのデータ通信に欠かせない初期設定

APN設定とは、携帯電話の回線からデータ通信を行う際に経由するネットワークの設定です。格安SIMを契約したら、ますはAPN設定を行いましょう。

携帯電話の回線からデータ通信

接続情報であるAPNを入力することで、通信サービスができるようになります。

楽天モバイルやmineoなど格安SIMを提供するMVNO※は、大手キャリアから回線を借りて、安い月額料金でスマホを使えるようにしています。

MVNOとは

利用料金が安い携帯会社のことです。電話やインターネット回線を大手キャリアから借りて、通信サービスを提供しています。

MVNOについては「MVNOとは?仕組みとメリット・デメリット」の記事で詳しく説明しています。

同じキャリア回線を使っていても、MVNOごとにゲートウェイ(ネットワークを仲介する装置)が違います。

契約したMVNOのゲートウェイを通りデータ通信を行うために、APN設定が必要です。

ではAPN設定は、どのように行えばいいのでしょうか?次の項目で詳しく説明します。

APNって何かの略称?
APNとは「Access Point Name」の略で、「アクセスポイント名」っていう意味だよ。携帯電話回線からネットワークへの接続窓口なんだ。

APN設定方法は3分でできて簡単!端末別に手順を紹介

APN設定は、3分程度で完了できる簡単な操作です。

機械が苦手な人でも、MVNOに問い合わせればサポートしてもらえますよ。事前に準備するべき事項と、端末ごとのAPN設定方法を動画付きで詳しく説明します。

APN設定の事前準備!Wi-Fi環境とSIMカード挿入方法を確認

APN設定をする前に、次の3つの準備を行います。

APN設定をする前に準備すること
  1. Wi-Fi環境を確保する
  2. SIMカードを端末に挿入する
  3. 端末の電源を入れる

APN設定を行うときには、Wi-Fiやモバイルルーターでデータ通信ができる環境が必要です。

APNの設定項目はMVNOによって違います。設定項目はMVNOの公式ホームページで確認できますが、データ通信ができないと設定項目が確認できません。

もし自宅にWi-Fiやモバイルルーターがない場合は、Wi-Fiを設置している店などを利用してAPN設定を行いましょう。

Android端末の場合はAPN設定で通信を行う必要はないので、契約前にMVNOの設定項目をメモしておくといいでしょう。

iPhone端末の場合はデータ通信を行い「プロファイル」をインストールする必要があるので、必ずWi-Fi環境のある場所でAPN設定を行ってください。

Wi-Fi環境が整ったら、契約した格安SIMのSIMカードを端末にセットして端末の電源を入れてください。

iPhone端末のAPN設定方法

それでは端末ごとにAPN設定方法を解説します。

  • iPhone端末のAPN設定方法
  • アンドロイド(Android)端末のAPN設定方法

iPhone端末で格安SIMを利用する場合は、次の手順でAPN設定をします。

iPhone端末のAPN設定
  1. 画面「Safari(サファリ)」からMVNOの公式ホームページへアクセスする
  2. ネットワーク設定のページを開き、自分の機種に対応したプロファイルをインストールする
  3. 「インストール完了」画面で「完了」を選択する

楽天モバイル

BIGLOBE SIM

設定ができたら、Safariなどでインターネット接続ができているか確認しておきましょう。

アンドロイド(Android)端末のAPN設定方法

アンドロイド端末で行うAPN設定は、次の手順で行います。

アンドロイド端末のAPN設定
  1. 設定画面から「モバイルネットワーク」を選択する
  2. 「アクセスポイント名」を選択する
  3. 通信サービス名を選ぶ
  4. 通信サービス名がなければ画面右上の+マークをタップして新規登録する

楽天モバイル

BIGLOBE SIM

新規登録する通信サービス名は、各MVNOのホームページで確認してください。

SIMカードってどうやって挿入するの?
SIMのトレーを出してSIMをセットするだけだよ!

SIMカードの挿入方法は「 【画像つき】SIMカードの取り出し方と挿入方法」で詳しく説明しているから、参考にしてね。

SIMカードを挿入しても認識されない方法もこの記事で確認できるよ。

APN設定が不要になる方法!MVNOのサービスと端末セット購入

実は格安SIMでも、次の2つの方法でAPN設定が不要になる場合があります。

APN設定が不要になる場合
  • MVNOのサービスを利用する
  • 端末とSIMカードをセットで購入する

楽天モバイルには、利用者の自宅まで販売員が出張する「ご自宅出張申込」があります。APN設定も代わりに行ってくれるので、自分で設定できるか不安な人は利用しましょう。サポート内容は次のとおりです。

楽天モバイルの「ご自宅出張申込」
  • スマホの購入
  • スマホの基本的な使い方のレッスン
  • 楽天モバイルの契約
  • 契約した電話回線の開通作業
  • 各種オプションについての説明
  • スマホの利用に必要な情報登録や初期設定のサポート

また格安SIMの契約時にSIMカードと端末を別々に購入したり、SIMカードのみ購入して持っている端末はそのまま使う人が多いですが、端末とSIMをセットで購入すれば、APN設定をする手間が省けます。

端末セット購入でAPN設定が不要になるMVNO例
  • 楽天モバイル
  • FREETEL(フリーテル)
  • Uモバイル
  • UQモバイル
  • Nifmo(ニフモ)
MVNOで販売されている端末は基本的に初期設定がしてあるから、購入したらすぐ使えるよ。設定が不安な人にぴったりのサービスだね!

APN設定は簡単にできる!不安ならMVNOのサポートを利用しよう

格安SIMの利用前に、自分でAPN設定を行うことに不安を感じる人もいるでしょう。でも今回紹介したようにAPN設定は簡単ですし、3分ほどで終わります。

APN設定を行う過程で困ったことがあっても、MVNOのサポートを利用すれば大丈夫です。実店舗での契約なら基本的に即日でSIMカードを受け取れるので、その場でスタッフに相談してみましょう。

インターネット契約の場合はMVNOに問い合わせて聞くこともできますし、ホームページ上ではオペレーターがチャットでも対応してくれます。

機械に弱い人や端末も買い替えようと考えている人は、端末とSIMカードをセットで購入すればAPN設定が不要です。

セットでの購入でデータ容量を増やしたり、月額料金が安くなるキャンペーンを行うMVNOもあるのでチェックしてみてくださいね。