【動画あり】BIGLOBE SIMの速度を徹底調査!

【動画あり】BIGLOBE SIMの速度を徹底調査!

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)は、YouTubeやGoogle Play Musicなどが定額で視聴し放題な「エンタメフリー・オプション」や大容量プランで人気の格安SIM。

BIGLOBE SIMに乗り換えを考えるうえで、速度が気になるという人も多いのではないでしょうか。

この記事では気になるBIGLOBE SIMの高速データ通信での速度を徹底調査。実際にYouTubeを閲覧し動画撮影しましたので確認してみてください。

【動画で検証】BIGLOBE SIMの体感速度

iPhone 6sにBIGLOBE SIMのSIMカードを入れ、Yahoo!のトップページとBIGLOBE SIMのCMを閲覧し、その模様を動画で撮影しましたので確認してみましょう。

【通常時】平日午前9時30分ごろ撮影

【混雑時】平日の昼休み時間に撮影

いかがでしょうか?遅いと感じましたか?それともこれくらいなら許容範囲ですか?

筆者は昼休み時間帯にYahoo!を利用し検索を頻繁にしますが、これくらいならストレスを感じません。また昼休みに動画を見ることはほとんどありませんが、昼休みや帰宅時間など混雑時の動画閲覧は少しストレスに感じそうです。

速度は人によって感じ方が違いますので、自分の感覚で確認してみてください。

昼休み時間帯はどうして回線が混み合うの?
昼休みにスマホを使う人が急激に増えるからだよ~。

あとは夕方の帰宅時間帯も回線が混雑する傾向にあるよ~。仕事や学校の帰りに電車に乗ると、ほとんどみんなスマホ触っているでしょ?

みんなが一斉に使う時間帯は回線が混み合うんだよ~。

BIGLOBE SIMの時間帯別速度

格安SIMの速度は、アプリで簡単に計測することができます。

当社では速度計測アプリ「RBB SPEAD TEST」を使用し、朝、昼休み時間帯、昼、帰宅時間帯の1日4回、iPhone 6sを使用してBIGLOBE SIMの上り・下りの速度計測をしました。

上り・下りとは

上り(アップロード)はサイトに写真をアップしたり、メールを送信するときの通信のこと。下り(ダウンロード)はサイトや動画を視聴したり、メールを受信するときの通信のことです。

名古屋市中心部の計測結果(2017年5月)

BIGLOBE SIMの時間帯別速度

※愛知県名古屋市(名古屋駅近く)にて計測

実は、速度計測アプリの数値を実際より高くする技術があります。

本当は速度が出ない格安SIMでも、その技術を使えば速いスピードが表示されます。どの格安SIMがその技術を使用しているかはわからないので、参考程度にみてくださいね。

今回はiPhone 6sを使用して計測しましたが、機種によっても速度は異なります。詳しくはこの次の章で紹介します。

また当社では毎月格安SIM各社の速度計測も行っています。ぜひ参考にしてください。

エンタメフリー・オプションは高速データ通信と使用する回線が違うから、速度が異なるよ~。

混雑する時間帯は速度が落ちることがあるけれど、動画や音楽を視聴できなくなるレベルではないんだ~。

エンタメフリーについては「BIGLOBE SIMのエンタメフリー・オプションを解説」を見てね~

BIGLOBE SIMの速度は機種によって変わる

BIGLOBE SIMの速度を、いろいろな端末を使用して計測してみましたので参考にしてください。

端末別に計測したBIGLOBE SIMの速度比較

BIGLOBE SIMの機種別速度比較

なお計測時間帯は、比較的回線が混み合いにくい午前10時ごろにしました。

BIGLOBE SIMを速い速度で使用するための周波数

BIGLOBE SIMはドコモ回線をレンタルして運営している格安SIMです。ドコモで購入したスマホ端末ならば周波数帯が同じなので、ほとんどのものが対応します。

MVNOの仕組み解説イラスト

周波数帯の違うスマホ端末を使用すると、通信や通話ができなかったり遅くなったりする場合があるので注意してください。

でも周波数帯と言われてもよくわからないですよね。このあとできる限り簡単に紹介していますので、参考にしてください。

安価なSIMフリースマホやSIMロック解除※したスマホ端末を使用する場合は、パンフレットなどで次の項目を必ずチェックしましょう。

SIMロック解除とは

自社のSIMカードしか対応しないようロックをかけたものを解除することです。ロックは大手3キャリアであるau・ドコモ・ソフトバンクが、他社への流出を阻むためにかけています。

SIMロック解除については「SIMロック解除とは?SIMロック解除義務化でiPhoneも対応」の記事で詳しく説明しています。

ドコモ回線の格安SIMに対応する周波数帯と通信方式

まずドコモ回線の格安SIMに対応する周波数帯は次のとおりです。

BIGLOBE SIMに必須の対応周波数帯
  • 2.1GHz帯(バンド1)
  • 800MHz帯(バンド6)

2.1GHz帯は日本では2GHzと呼ばれることもありますが、同じものです。

2.1GHz帯と800MHz帯の2つのバンドは絶対に必要な周波数帯です。このバンドがなければ通信できません。

利用するシーンによって必要な周波数帯
周波数帯 利用シーン
1.5GHz帯(バンド21)※ ドコモ回線で地方都市で高速データ通信をするための周波数帯(日本独自)
800MHz帯(バンド19) 地方や山間部、都市のビル内のデータ通信と、音声通話に広く使用される周波数帯
1.7GHz帯(バンド3) 主にドコモが東名阪で使用するLTE限定の周波数帯(海外では1.8GHzと呼ばれる)
※ドコモの周波数帯に対応していない端末で使おうとすると、電波が悪かったり通信できなかったりする場合があります。
表の3つの周波数帯はあると繋がりやすくなります。パンフレットなどに記載がなくても使用することができますが、速度が遅くなったりビルのなかや山間部などでは繋がりにくくなったりすることがあります。
BIGLOBE SIMで音声通話に必要な通信方式
  • W-CDMA

音声通話をする人は、必ず通信方式をチェックしてください。

格安SIMの通話は3G回線を使用するため、このW-CDMAに対応していないと通話ができません。

ドコモで購入したスマホであれば、必ずこの通信方式に対応しています。

BIGLOBE SIMの公式サイトのサポートページの「動作確認済み端末」にある端末であれば、周波数帯も通信方式も対応していますので安心です。

もしも「動作確認済み端末」に機種名がない場合はスマホ端末のパンフレットやサイトなどで事前に確認してから端末を購入、またはSIMカードの契約をしてください。

周波数帯とか通信方式とかよくわからないよぅ~。
そうだよね~、ちょっと難しいよね~。

とりあえず必須な周波数帯は2.1GHz帯(バンド1)と800MHz帯(バンド6)、通信方式がW-CDMAということは覚えておいてね~

BIGLOBE SIMの速度制限と対処法

BIGLOBE SIMには以前3日間制限※がありましたが、現在は撤廃されています。

3日間制限とは

直近3日間の高速データ通信量が規定値を超えると、高速通信が使えなくなり低速通信になること。

3日間制限が撤廃されたことはユーザーにとって喜ばしいことですが、制限なく使えるようになったので、今まで契約プランのデータ容量を使い切っていなかった人も、月の途中でデータ容量に達してしまうことがあります。

契約プランの上限データ容量に達せば、もちろん低速(200Kbps)の速度制限がかかりますので注意してください。

「BIGLOBE SIMアプリ」をダウンロードしよう

「BIGLOBE SIMアプリ」は無料なので、BIGLOBE SIMを契約したらぜひダウンロードしてください。

BIGLOBE SIMアプリ (通信量確認)

このアプリがあれば、高速データ通信の使用量と残量がひと目でわかります。さらにあらかじめ設定しておけば、高速データ通信を使いすぎると知らせてくれるという機能もありますので活用してくださいね。

もしも使いすぎて低速通信になってしまっても、100MB300円(税別)でチャージすることができるよ~。

BIGLOBE SIMの速度は少し遅いことも

BIGLOBE SIMの速度は、当社が調べた結果では混雑時には遅くなることもありますが、平常時はそれほど遅いとは感じませんでした。

昼休みや夕方の帰宅時間帯に使いたいという人にはなかなか繋がらずストレスを感じることがあるかもしれませんが、それでもまったく繋がらないということはありません。

対象の動画や音楽が視聴し放題のエンタメフリー・オプションは、違う回線を使用するため当記事で紹介した速度とは異なります。

速度に関しては人それぞれ感じ方が違いますので、ぜひこの記事の動画を参考にしてくださいね。

※記載されている内容は2017年5月現在のものです。