BIGLOBE SIMのエンタメフリー・オプションを解説 

BIGLOBE SIMのエンタメフリー・オプションを解説 

ビッグローブSIMのエンターテイメントオプションで人気なのが「エンタメフリー・オプション」。

YouTubeやAbemaTVなど対象のサービスで高速データ通信容量を消費しないため、動画や音楽サービスをよく利用する人は、毎月のデータ使用量を抑えることができます。

データ使用量の消費が抑えられれば、毎月のプラン容量も低く済むので、スマホの月額料金が安くなりお得です。

エンタメフリー・オプションについて、料金だけでなく速度や画質など詳しく知りたいという人のために、詳しく解説します。

エンタメフリー・オプションの対象サービスと節約例

「エンタメフリー・オプション」とは、対象のサービスであれば動画・音楽の視聴をどれだけしても、高速データ通信容量を消費しないというもの。

月額制の有料オプションではありますが、動画や音楽の視聴が多い人にとっては、容量が低いプランにできるため、結果的に携帯の月額料金を抑えられる場合も。

エンタメフリーの対象サービスや月額料金、節約例を詳しく見ていきましょう。

BIGLOBE SIMのエンタメフリーサービス概要

エンタメフリーとは、対象サービスでの動画・音楽の再生で高速データ通信容量を消費せず視聴できるオプションのことです。対象サービスと月額料金は次のとおり。

エンタメフリー・オプションの対象サービス
  • YouTube
  • Amazon Music
  • Google Play Music
  • Apple Music(ビデオ再生は対象外)
  • AbemaTV
  • Spotify
  • AWA
  • radiko.jp
  • U-NEXT

対象サービスであっても、指定外の再生方法を行った場合は高速データ通信容量を消費してしまいます。詳しくは「対象外に気をつけよう!エンタメフリーの注意点」の章で説明しています。

対象サービスは今後拡充していく予定で、利用者からのリクエストも募集中です。

エンタメフリー・オプションの月額料金
  • 音声通話SIM利用者は480円
  • データSIM利用者は980円

どちらのSIMでも月額3GB以上のプランを契約していることが、エンタメフリー・オプションを申し込むための条件です。

エンタメフリーの活用でできるスマホ月額料金の節約例

みなさんは毎月の高速データ通信容量をどれだけ消費していますか?

動画や音楽をネットやアプリで大量に再生しすぎて、速度制限がかかったり、容量が大きいプランを契約しているせいでスマホの月額料金が高額になっていたりする人も実際にいます。

実はYouTubeを1日1時間、1カ月間視聴すると約7.2GBにもなってしまうのです。

エンタメフリーなら、動画や音楽を高速データ通信容量や料金を気にせず楽しむことができるうえ、料金も低容量の月額プランで済むのでスマホの月額料金も下げられます。

大手キャリアの20GBプランの月額平均は8,000円ですが、エンタメフリーなら約5,300円も安くなるんです。

エンタメフリー・オプションのキャリアとの料金比較

高速データ通信を使って動画や音楽の視聴が多い人にとって、エンタメフリー・オプションはとてもお得でおすすめ。

私シェアSIMなんだけど、エンタメフリー・オプションってつけられるの?
エンタメフリー・オプションはシェアSIM利用者でも利用できるよ~。その場合は契約者のユーザーIDで会員ページにログインして、申し込みしてね~。

エンタメフリーの画質と速度について

「動画や音楽が視聴し放題なのは嬉しいけれど、画像が粗かったり速度が遅かったりしたら嫌だ」と慎重になる人も。

エンタメフリーの画質は360p、速度は遅くなることがあっても視聴はできる程度です。エンタメフリーの画質と速度について詳しく解説します。

エンタメフリーの画質は360p

エンタメフリーでの再生は360p程度です。YouTubeを再生するときは720pと1080pがいわゆる「HD画質」で、細部までくっきり美しく見ることができます。

しかしHD画質ではなくても、スマホ画面の場合は360p程度が適しています。数字が大きい程画質が良い分データ量が増えるため、データ通信容量の消費が大きくなってしまうためです。

次のサンプル画像は左が720p、右が360pで再生した場合の比較例です。

高速データ通信とエンタメフリーの画質比較

実際に筆者もYouTubeで720pと360pを同じ動画で視聴してみましたが、ほぼ違いは気にならないレベルでした。

エンタメフリーの仕組みと速度

「せっかくエンタメフリーを契約しても、通信が遅くて動画が見れなければ困る」と思う人も多くいます。

BIGLOBEに問い合わせたところ「エンタメフリーでは高速データ通信とほぼスピードは変わらない程度で視聴できます。時間帯によって速度の低下が起こることがあっても、動画や音楽を視聴できなくなるレベルではありません。」と回答がありました。

エンタメフリーは通常の回線ではなく、専用の通信帯域を使用します。

他の高速データ通信回線が混雑した場合は、優先度が下がることもあり、その場合に速度の低下が起こることも。

しかし速度が低下したとしても、動画や音楽を視聴できなくなるレベルではありません。

通信速度が制限された低速モードのときでも、エンタメフリー対象サービスであれば速度制限がない状態で視聴できますが、画像や広告、検索結果などのエンタメフリー対象外の通信は低速モードです。

高速データ通信のスイッチで回線の切り替えもできる

高速データ通信容量を消費してでも、通常の回線で視聴したい場合は、エンタメフリー・オプションをオフに切り替えましょう。

エンタメフリー・オプションのオン・オフ切り替え方法
  1. ネットで「モバイル契約情報」のページを開く
  2. エンタメフリー・オプション項目の「ON/OFF確認」を選択
  3. 「ONに切り替える」または「OFFに切り替える」で切り替え
  4. 一度機内モードをON・OFFにする
げげげっ!エンタメフリー・オプションをオフに切り替えたまま動画観てたら、低速モードになっちゃったよ!
BIGLOBE SIMには、通信量やデータ利用状況を確認できる「BIGLOBE SIMアプリ」があるよ~。

エンタメフリー・オプションをオフにして動画や音楽を視聴するなら、それを活用して容量を消費しすぎないように気をつけようね~。

対象外に気をつけよう!エンタメフリーの注意点

対象の動画や音楽が視聴し放題のエンタメフリーですが、注意点もあります。

エンタメフリー・オプションの注意点例
  • 3GB以上のプランを契約していることが条件
  • Apple Musicのビデオ再生は対象外
  • 対象サービスで表示される文字や広告、画像などは対象外
  • スマホでの利用が基本で、iPadなどタブレットでの利用には適さない

エンタメフリーの画素数は360pと、スマホで視聴する目的で設定されているので、タブレットでの視聴には向いていません。

注意事項には他にも「大量のデータを長時間の通信で使用すると、一時的に通信制限がかかる場合がある」と記載があります。しかしBIGLOBEに問い合わせたところ、「個人的な視聴であれば基本的に通信制限がかかることはない」と回答がありました。

また次の場合はエンタメフリー・オプションの対象外となることがあります。

  • 公式アプリやChromeまたはSafari以外のブラウザでの再生
  • テザリングを使った複数端末での同時再生
  • 利用推奨OS環境※以外のOSで通信
※利用推奨OS環境とはAndroid 5/Android 6/Android 7/iOS 9/iOS 10のこと
他にもエンタメフリー・オプションを使用するにあたっての注意事項が、公式サイトのエンタメフリー・オプション紹介ページに記載されているよ~。事前に確認しておこうね~。

エンタメフリーで動画・音楽をいつでも視聴し放題に

BIGLOBE SIMのエンタメフリー・オプションについて紹介しました。

エンタメフリーを使えばいつでもどこでも、動画や音楽が視聴し放題です。それらのヘビーユーザーにはとてもお得で嬉しいオプションなんですよ。

ただしエンタメフリーの対象外となる通信では高速データ通信の容量を消費してしまいます。事前に注意事項をよく読んでおきましょう。

またエンタメフリー対象サービスでも、表示される広告や画像などは通信容量を消費します。こまめにBIGLOBE SIMアプリを使って、データ容量の残量を確認するのをおすすめします。

ぜひ参考にしてください。

※記載されている内容は2017年8月現在のものです。