0SIM by So-netとは?気になる速度などを徹底解説

0SIM by So-netとは?気になる速度などを徹底解説

0SIM(ゼロシム)は、インターネットサービスなどを行うSo-netが提供する格安SIMサービスです。

なんと「データ専用プラン」が、高速データ通信量500MB未満まで0円(無料)で利用できるという、画期的な格安SIM。

ほかにも「データ+SMSプラン」は月額150円、「データ+音声プラン」は月額700円という低料金。データ専用プランと同じように、高速データ通信が500MB未満まで利用できるのが、0SIM最大のメリットです。

しかし当社が行った速度計測においては、他社に比べ、上りも下りも著しく速度が遅い結果となっています。

速度は遅いけれど0円から利用できる0SIM。この記事ではメリットやデメリット、注意点などを解説していくので、0SIMを検討している人は参考にしてくださいね。

月額0円!?気になる0SIM(ゼロシム)とは

0SIMとは、月額0円から利用可能な格安SIMです。

インターネットプロバイダ大手のソニーネットワークコミュニケーションズ(So-net)が手がける格安SIMをnuro mobile(ニューロモバイル)といい、このnuroモバイルのサービスのひとつが0SIMです。

So-net相関図

では気になる0SIMのプランを見てみましょう。

0SIMの各種プランと月額料金
月額利用料金※
データ専用プラン 0円
データ+SMSプラン 150円
データ+音声通話プラン 700円
※ただし高速データ通信は500MB未満

0SIMは月間の高速データ通信量が500MB未満であれば、上の表の料金で利用することができます。

もしも500MBを超えてしまった場合、100MBごとに追加料金100円で利用可能。2GBを超えたらどのプランも、プラス1,600円の定額で5GBまで高速通信を利用できます。

0SIM利用料金表

5GB以上利用したい場合は、さらにチャージをすれば利用可能ですがかなり割高です。

5GB以上利用した場合のチャージ料金
データ量 チャージ料金
100MB 500円
500MB 2,100円
1GB 3,800円

データ通信をたくさん利用する人に0SIMは、おすすめできません。

この記事では0SIMについて詳しく説明しているよ。

0SIM以外のnuroモバイルのプランについては「nuroモバイルの「5時間プラン」って?全プラン一挙紹介」の記事を参考にしてね。

0SIMのメリット・デメリットまとめ

0SIMの最大のメリットと言えば、月額0円から利用できることですよね。

その反面、速度が非常に遅いというのがデメリット。

しかし使い方によっては、デメリットがあっても便利に使えるという人もいますので、ここからは0SIMのデメリットを解説し、どんな人に0SIMが適しているのか紹介します。

0SIMのデメリット
  • とにかく速度が遅い
  • 月間500MB以上を利用すると割高
  • 月間5GB以上利用するとさらに割高
  • 「データ+音声通話プラン」には1年の最低利用期間がある

0SIMはとにかく速度が遅く、時間帯によってはYahooのトップページさえも開けないこともあります。

しかし例えば次のような人にとっては、0SIMで十分です。

  • Wi-Fi環境の整った場所でスマホを利用することが多い
  • LINEのIDをもうひとつ持ちたい
  • LINEのトークのために持ちたい
  • 電話番号を低料金で維持する
  • サブ機として予備で持っておきたい

0SIMは使い方によっては便利に使えます。

高速データ通信が500MB未満なら使えるんじゃないの?
実際は”高速”と言いながら、他社の低速モードよりも遅いこともあるんだ。

契約前に必ずチェック!0SIMの8つの注意点

0SIMには8つの注意点があります。安いからといって何も考えず契約すると後悔することも。必ず契約する前にチェックしておいてください。

1、とにかく遅いことを理解しておく

0SIMのデメリットは速度が遅いこと。時間によってはほとんど使い物にならないと言ってもいいくらいです。

当社がnuroモバイルに直接確認したところ、今のところ回線の増強などをする予定はないとのこと。残念ながら当分は速度が速くなるということはなさそうです。

2、データ専用、データ+SMSプランは3カ月に1度の利用が必須

0SIMの「データ専用プラン」や「データ+SMSプラン」を申し込む人に特に注意してほしいのが、3カ月に1度の利用が必須であること。

「データ専用プラン」や「データ+SMSプラン」は、開通手続き後3カ月連続してデータ通信をしていない場合、自動的に解約になってしまいます。

0SIMを使おうと思ったときに使えないなんてことがないように、最低でも3カ月に1回は必ずデータ通信をしてください。スマホの電源を入れるだけではダメです。Yahooなどに繋いだりLINEをしたり、通信をしてくださいね。

3、データ+音声プランは最低利用期間がある

「データ+音声通話プラン」は月額700円で利用できますが、12カ月の最低利用期間があります。

もしも12カ月以内に解約してしまうと、5,000円の解約違約金が発生しますので注意してください。

なお「データ専用プラン」や「データ+SMSプラン」には違約金はありません。

4、500MBを超えると100MBごとに100円の料金が加算される

0SIMのすべてのプランで、500MBを超えると割高な利用料金がかかります。

もしもデータ容量を多く使いそうならば、0SIMのほうが高額になる可能性があります。ほかのnuroモバイルのプランや他社のプランを検討したほうがよいでしょう。

500MB未満に抑えたい人は、データ通信をどれくらい利用しているのかをアプリなどでチェックしながら利用してください。

5、申し込み後のキャンセルや内容の変更ができない

0SIMは契約後のプラン変更ができません。

契約したあとにプランを変更をしたくなった場合、一旦解約してからもう一度契約し直すことになります。

SIMカードのサイズ変更は可能ですが、別途3,000円が必要です。

6、初期費用が合計3,394円必要

0SIMは登録手数料に3,000円、SIMカード準備料に394円の初期費用がかかります。

完全に0円で運用することはできないことを知っておきましょう。

7、1人1枚までしか契約できない

500MB未満は無料で利用できる0SIMなので、何枚も契約して500MBギリギリまで使用し、SIMカードを入れ替えようと考えている人もいるかもしれません。

しかし0SIMはどのプランであっても、1人1枚までしか契約することはできません。

8、発行されるSIMの枚数は1カ月7,777枚限定

0SIMの契約数は1カ月に7,777枚までです。

0SIMのホームページを見ると残りの枚数が表示されています。月末には残り少なくなりますが、月始になれば残数が増えますので、もしも契約時に残り枚数が少なくても心配ありません。

3カ月以上使用していないと、強制的に解約になっちゃうの!?
そうだよ。放置せずにたまにはデータ通信してね。

0SIMの速度は遅いが、使い方次第で有効利用できる

0SIMは500MB未満の高速データ通信が無料という、安くスマホを使いたいユーザーにとって嬉しい格安SIM。

しかし高速データ通信というのは名ばかりで、実際は他社の低速モードのほうが速い場合もあるほど速度が遅いです。

大手キャリアのような使い勝手はありません。

サクサク使いたいという人は、0SIMではなく、nuroモバイルのほかのプランにしましょう。ほかのプランであれば0SIMとは違う回線を使用しているので、速度も安定しています。

ただし格安で電話番号を維持したい人や、LINEなどを少しだけやりたい人など、使い方次第で0SIMは有効に利用できます。

初期費用は3,394円必要ですが、データ専用プランなら月額0円から利用可能なので、気軽に試せるのが嬉しいですね。

※記載されている内容は2017年8月現在のものです。なお料金はすべて税抜です。