ソフトバンクのiPhone半額プランの罠!料金シミュレーションで解説

ソフトバンクのiPhone半額プランの罠!料金シミュレーションで解説

ソフトバンク(SoftBank)は2017年9月22日より開始の新サービス「半額サポート for iPhone」を発表しました。

「最新のiPhoneをお求めやすく」「機種代金最大半額」だって!しかもプログラム料は0円!早速申し込んでくるわ!
ライラ、ちょっと待って!実は「半額サポート for iPhone」には、落とし穴がいっぱいあるんだ。
そうなの!?ぼく加入しようと思ってたのに~!!!
ルイーバ、プラン内容はよく見なきゃダメだよ。

ソフトバンクの「半額サポート for iPhone」には、主に次のようなデメリットがあります。

  • 加入後は対象機種を2年以上使わなければならない
  • 対象機種を使用した後、指定機種への乗り換えが必須
  • 機種変更時に約20,000円の料金支払いが必要な場合がある
  • 機種変更後も一定期間使用しなければならない
  • 解約時の支払い料金が高額になる恐れがある

この記事ではソフトバンクの「半額サポート for iPhone」の内容と、オススメしない理由を解説。料金もシミュレーションするので、契約前に必読です!

ソフトバンク「半額サポート for iPhone」の仕組みを解説!

「半額サポート for iPhone」の内容を公式サイトで見てみたんだけど、難しくてよく分からないよ~!
そんなルイーバのために、分かりやすく説明するね!
「半額サポート for iPhone」とは、iPhoneの最新機種が最大半額で購入できるサービス。対象となるのはiPhone 8以降の端末です。

ソフトバンクの料金プラン解説イラスト

ほら、やっぱりお得じゃない!11万円以上するiPhoneⅩが、半額で買えるんだから!
こらっ!話を最後まで聞きなさいっ!

実はこの「半額サポート for iPhone」には、加入条件や特典適用条件があるんだよ。

そうなの?でも「最大半額」なんて、魅力的だと思うわ。
ライラ、よく考えてみて。「最大」ってことは、全員が半額になるわけじゃないってことだよ。具体的な内容を見てみよう。

それでは次の章から、「半額サポート for iPhone」のデメリットを見ていきましょう。

ソフトバンクの最新iPhone向けプランには落とし穴がいっぱい!

ソフトバンクの最新iPhone向けプラン「半額サポート for iPhone」のデメリットは次のとおりです。

「半額サポート for iPhone」のデメリット

それぞれ詳しく説明します。

半額サービスの加入条件は4年間の分割払いと対象プランへの加入

「半額サポート for iPhone」の加入条件を見てみましょう。

「半額サポート for iPhone」の加入条件
  • 対象機種を48回分割で購入
  • 「データ定額サービス」または「パケット定額サービス」に加入

「半額サポート for iPhone」に加入するには、iPhone8以降の対象機種を「新スーパーボーナス用販売価格(48回分割)」で購入しなければなりません。

「48回分割」ってことは、4年間かけて払わなきゃいけないってことよね。端末代が安くなるなら、そんなに分割する必要ない気がするわ。
ぼく、いいこと思いついたよ!途中で解約して、残金を一括払いにすればいいんだ。それで格安SIMに乗り換えるのはどう?
もし途中で一括弁済したら、特典の対象外となってしまうんだ。

しかも解約するときに一括で支払う金額も、高くなるんだよ!詳しくは「解約時の支払い料金が高額!半額プランから逃げられない理由
」で説明するね。

ソフトバンクの半額サポートは特典適用条件が厳しい

ソフトバンクの「半額サポート for iPhoneには加入条件に加え、特典適用条件があります。

さっきの加入条件をクリアするだけじゃダメなの!?
実は他にも利用条件があるんだ。
半額サポートの特典適用条件
  • 対象機種を24カ月間使用
  • 対象機種の利用25カ月以降に指定機種へ変更
  • 機種変更の際は指定プランに加入
  • 変更前の端末はソフトバンクが回収※
※ソフトバンクが定める回収条件を満たすこと
「対象機種を24カ月間使用」・・・これって2年縛りと同じことだよね?
しかも24カ月間使用した後、ソフトバンクが指定した端末へ機種変更しなきゃいけないんだ。
それじゃ使いたいスマホに変えられないじゃないか~!!!
それだけじゃないよ。機種変更した後は「半額サポート for iPhone」の契約を続けるか、「機種変更先取りプログラム」に加入しなきゃいけないんだ。

「機種変更先取りプログラム」とは、加入時に購入した機種を1年間以上使用すれば、次の機種変更の際、最大7カ月分の旧機種残債が免除されるプログラムです。

プログラム利用後13カ月目で機種変更した場合

ソフトバンクの料金プラン(プログラム利用後13カ月目で機種変更した場合)解説イラスト

「機種変更先取りプログラム」には、次のような利用条件があります。

「機種変更先取りプログラム」の利用条件
  • 対象機種を12カ月間以上使用
  • 機種変更後も「機種変更先取りプログラム」に加入
  • 機種変更した場合は、変更前の機種をソフトバンクが回収
「機種変更先取りプログラム」の利用条件、「半額サポート for iPhone」の利用条件に似てるわね・・・。
でしょ。指定された端末に機種変更しなきゃいけないし、機種変更後もプラン契約を続けなきゃいけないよ。

機種変更の罠!回収できなければ約2万円の支払料金が発生

「半額サポート for iPhone」と「機種変更先取りプログラム」の対象機種は、機種変更後に回収されるのよね?ここにも何か、落とし穴がある気がするわ・・・!
ライラ、よく気がついたね!

実はこの端末回収で、別途約20,000円を支払わなきゃいけなくなる場合があるんだ。

回収した機種が査定条件を満たさなかった場合は、次の料金支払いが必要です。

項目 料金(不課税)
故障時利用料 20,000円
あんしん保証パック
with AppleCare Services加入
2,000円
※割賦残債務20,000以下の場合、割賦残債務相当額が上限

しかも査定されるまで、発生する料金は分かりません。

月月割の期間に注意!契約後26カ月目からは月額料金が高くなる

「半額サポート for iPhone」では月月割が適用されます。

月月割とは、新しく携帯電話を購入する際、毎月の利用料金から一定額が割引きされるサービスのこと。適用期間は、購入2カ月目~25カ月目です。

つまり契約後26カ月目からは、通話料および通信料の割引がなくなります。

解約時の支払い料金が高額!半額プランから逃げられない理由

「半額サポート for iPhone」にそんなデメリットがあるなんて、気づかなかったよ~!
確かにCMや広告の謳い文句は魅力的だよね。でも具体的な内容は複雑。思わぬ落とし穴がいっぱい隠れているんだよ。
解約はできるわよね?もう端末が半額にならなくてもいいから、さっさと解約して、お得な格安SIMを使えばいいのよ!
実は解約のタイミングによっては、一括で高額な料金を支払わなきゃいけなくなるんだ。

これも、ユーザーの他社への流出を防ぐために仕掛けられた罠の1つなんだよ・・・!

解約時の料金支払いには、次のようなデメリットがあります。

  • 解約が早ければ早いほど、解約時に支払うべき料金が高額
  • 機種変更前と機種変更後、2台分の端末料金が残っていると高額

また、いままで端末代の支払いは24回払いでしたが、「半額サポート for iPhone」は48回の分割払いが加入条件。解約時の負担が減るまで長い期間が必要です。

ソフトバンクのiPhone向けプランは高い!格安SIMと料金比較

ソフトバンクのiPhone向けプラン「半額サポート for iPhone」の仕組みとデメリットは理解できたわ。

でも「ずっとソフトバンクを使い続けるから解約しない」っていう人には、お得なプランじゃない?

確かに。それに端末が回収されるときに別途料金が必要なければ、2万円損することもないもんね。
2人とも、分かってないなあ。

そんなにスマホ代を節約したいなら、格安SIM※を使ったほうが絶対お得だよ!

格安SIMとは

格安で利用できるSIMカードを格安SIMと呼びます。SIMは通話やインターネットをするために必要なICカードです。

格安SIMについては「格安SIMとは?わかりやすく解説」の記事で詳しく説明しています。

ではソフトバンクの「半額サポート for iPhone」と、格安SIMの携帯料金を比較してみましょう。どちらも端末はiPhone8の64GBです。

1カ月 24カ月
ソフトバンク(※1) 7,920円 190,080円
楽天モバイル(※2) 6,786円 162,864円
※1:新規契約・機種代月々360円+スマ放題ライト+ウェブ使用量+データ定額5GBプラン
※2:Appleで端末購入85,104円+ 5GBプラン+5分かけ放題
楽天モバイルのほうが、月額料金は1,000円くらい安いわね。
でしょ。しかも2年間使用した場合は、約27,000円も差が出るんだよ!

つまりソフトバンクの「半額サポートfor iPhone」を使ったところで、格安SIMよりお得にはならないんです。

iPhoneユーザーにおすすめ!「U-mobile」の端末保証付きプラン

U-mobile(ユーモバイル)のiPhone向けプラン「U-mobile for iPhone」は月額料金2,980円。

プランの内容は次のとおりです。

「U-mobile for iPhone」の内容
  • LTEのインターネット使い放題
  • 全国約82,000カ所のWi-Fiが無料
  • 映画が毎月1本無料で視聴できる
  • 故障時の修理・交換保証あり
  • 音声通話も付いている
修理・交換保証ってオプションとして追加する場合が多いイメージだけど、「U-mobile for iPhone」には最初から含まれてるのね!
そうだよ。別途料金が必要ないし、月額2,980円なんて本当にお得だよね。

U-mobileで使用できるiPhone端末やSIMロック解除方法については、「U-mobile(ユーモバイル)で使えるiPhone端末と設定方法」で詳しく解説しています。

キャリアの最新iPhone向けプランより格安SIMがお得!

この記事では、ソフトバンクで発表されたiPhone8以降の最新機種向けプラン「半額サポート for iPhone」の内容やオススメできない理由について解説しました。

「半額サポート for iPhone」は利用条件が多く、誰もが端末代を半額にできるわけではありません。その上解約するタイミングによっては、高額な料金を支払うことになります。

iPhoneをお得に使いたいなら、キャリアより格安SIMのほうが断然お得です。

この記事で紹介したiPhoneユーザー向けの格安SIMプランも、ぜひ検討してみてくださいね。

※記載されている内容は2017年12月現在のものです。