iPhone7が値下げ!差額の返金方法と8・Xと違いを解説

Apple社が、最新のiPhone端末「iPhone 8」と「iPhone Ⅹ(テン)」を発表。テレビやインターネットで話題になっています。

iPhone7を買ったら、その3日後に11,000円も値下げしてたよ~!損した気分だなぁ。
ルイーバは情弱ね!私は早速Appleに差額を返金してもらったわよ!
ええええっ!どうやって!?
(ライラ怖・・・。)Apple社によると「iPhone7の購入・受け取り後14日以内に値下げが行われた場合は、値下がりした金額分の返金が可能」とのことだよ。

筆者自身もiPhone7の差額分を返金してもらいました。その体験を踏まえ、差額の返金方法を紹介します。

さらにiPhone 8・Ⅹに搭載された新機能を7と比較。さらにお得にiPhoneを使いこなすため、iPhoneユーザーにおすすめの格安SIMを徹底解説します!

Appleの返金制度で値下がりしたiPhone7の料金が返ってくる

Appleでは、購入した端末の受け取りから14日以内に値下げされた場合、値下がりした金額を返金してもらうことが可能です。

筆者もApple StoreでiPhone7を83,800円(税別)で一括購入したのですが、数日後にiPhone 8とiPhone Ⅹが発表され、iPhone7が72,800円(税別)まで値下がりしました。

しかし端末の受け取りから数日しか経っていなかったため、値下がりした金額分11,880円を返金してもらえたんです。

返金手続きしてもらうには、どうすればいいの?
Appleコンタクトセンター(0120-993-993)へ電話するか、Apple Storeへ直接行けば返金してもらえるよ。

ついにAppleがiPhone 8・iPhoneXの発売を発表!

iPhone7が値下がりし、「新機種」となったiPhone 8とiPhoneX。どのような新機能が搭載されたのか気になりますよね。iPhone7との違いを詳しく解説します。

iPhone 8・iPhone Ⅹに共通する3つの新機能

iPhone 8に搭載されている新機能は、次の3つです。

iPhone 8の新機能
  • 防水、防塵性能
  • ワイヤレス充電
  • 処理能力の向上

それぞれ詳しく説明します。

両面強化ガラス!防沫・防水・防塵性能

iPhone 8とiPhoneXの大きな特徴は、背面にもガラスコーティングが施されたことによる耐水・防塵性能です。

iPhone7以前の端末は前面のみガラスコーティングされ、アルミニウム製のボディが採用されていました。

ですが最新のiPhoneはフレーム以外の部分が強化ガラスに覆われ、美しいボディに進化しています。

充電コードが不要なワイヤレス充電

iPhone 8とiPhone Ⅹは、ワイヤレス充電が可能です。

「ワイヤレス充電」って何なの?
Qi(チー)規格のワイヤレス充電器を使った充電だよ。専用の充電器やアダプター、ケーブルが必要ないのがメリットなんだ。

iPhone 8とiPhone10は、この規格に対応しているんだよ。

Qi規格?何それ・・・?
ワイヤレス充電の国際標準規格のこと。「WPC(ワイヤレスパワーコンソーシアム)」が策定したものだよ。

Qi規格のワイヤレス充電器は、カフェやホテル、空港などにも設置されています。今後普及が進めば、充電器を持ち歩かなくても充電が可能になりそうですね。

筆者自身も、充電用のコードが切れたり、スマホ端末のコード差し込み部分が壊れて充電できなくなったりしたので、このワイヤレス充電をぜひ使いたいと思いました。

さらに2018年には、ワイヤレス充電をシンプル化した「AirPower」が登場予定。複数の端末を、AirPowerマットの上に置くだけで一度に充電できます。

「最もパワフルで賢い」搭載チップ「A11 Bionic」を搭載

iPhone 8とiPhone Ⅹに使用されているチップ「A11 Bionic」。その特徴を見てみましょう。

A11 Bionicの特徴
  • CPU(※1)・GPU(※2)が高速
  • 消費電力を抑えつつ素早く処理
  • ARを使用したリアルなゲームやアプリ
※1:CPUとは

「中央演算処理装置」のこと。システムソフトウェアやゲームなど、さまざまなデータ処理をスマホ内部で行うものです。

※2:GPUとは

「画像演算処理装置」のこと。その名のとおり、画像処理をするものです。

「A11 Bionic」には6つのコアがあり、iPhone7に搭載されていたチップ「A10 Fusion」には4つのコアがあります。

コア コア数(A11 Bionic) コア数(A10 Fusion)
効率コア 4 2
性能コア 2 2
さっきから難しい横文字がたくさん出てきて、頭が混乱してきたわ!「コア」って何なの!?
「コア」は、CPUの核の部分のことだよ。コア数はCPUの性能の高さを左右する要因のひとつなんだ。

「A11 Bionic」と「A10 Fusion」を比較すると、次のような特徴があります。

  • 効率コアは最大70%高速
  • 性能コアは最大25%高速

またメールやインターネットなどユーザーがよく使う機能は、消費電力を抑えつつ処理することが可能です。

iPhone 8は新機種だから、きっと画面も大きくなってるんだろうな~!
iPhone 8の場合、画面の大きさやカメラの画素数はiPhone7と変わらないよ。
そうなんだぁ・・・。
iPhone Ⅹなら解像度もアップしていて、さらに高画質だよ!次の項目で、iPhone Ⅹだけに搭載された新機能を見ていこう。

iPhoneXに搭載された3つの新機能

iPhoneXはiPhone 8の機能に加えて、さらに3つの新機能が搭載されています。

iPhoneXの新機能
  • Face IDを採用
  • アニメーション絵文字
  • 解像度アップで高画質

あなたの顔がパスワード!Face IDによる顔認証

iPhoneのロック解除はパスコードの入力・指紋認証などが一般的でしたが、iPhone Ⅹには、顔認証機能「Face ID」が搭載されています。

「Face ID」は、ユーザーがiPhone画面を「目を開けて注視」したときだけロック解除します。

安全性も高いんですよ。

「Face ID」が安全な理由
  • 写真、マスクでなりすましてもロック解除されない
  • 登録された顔のマップは暗号化される

「Face ID」で作られるユーザーの顔のマップは、3万以上のドット(点)を顔の上に投射して作られるためとても細かくなっています。

そのため、悪意のある人がなりすましてロック解除することは不可能です。

顔のマップは「Secure Enclave」によって暗号化。他人の悪用を防ぎます。

でも化粧したり、ヒゲが生えたりしたら、顔認証でロック解除できないんじゃない?
大丈夫!さっきiPhone 8とiPhone Ⅹに搭載されているチップ「A11 Bionic」の話をしたでしょ。このチップが機械学習して、ユーザーの外見の変化を認識するんだよ。
すごい機能ね!でも顔の変化が大きすぎたら、さすがに認証してくれないんじゃないかしら?
Apple社によると「友だちがあなただとわからなくなるほど変わってしまっても、iPhone Ⅹなら認識できます」とのことだよ。

あなたの表情をそのまま絵文字化!「アニ文字」

iPhone Ⅹにしかない新機能、もうひとつは「アニ文字」です。

「アニ文字」はTrueDepthカメラとA11 Bionicチップによって、あなたの顔の動きを絵文字に反映することができる機能。

50以上もの顔の筋肉の動きを解析して、ユーザーと同じ表情の動きをした絵文字を作り、メッセージアプリで送信することが可能です。

アニ文字は12種類あり、好きなキャラクターを選べます。

ぼくの絵文字があったらいいのにな~。きっと人気出るのに!
ルイーバの絵文字なんて、誰も使わないと思うわ。
・・・。
ま、まあ「どうしても」って言うなら、使ってあげなくはないわよ!
・・・アニ文字に使われるキャラクターには、パンダやネコ、宇宙人、ユニコーンなどがあるよ。ルイーバは残念ながらないんだけど・・・。
博士が作ればいいじゃない!
・・・。すみません、次の説明に進ませていただきます!!

iPhone Ⅹは大画面で高画質!

iPhone Ⅹは5.87インチとサイズが大きい端末です。

端末サイズ比較
端末 サイズ
iPhone Ⅹ ・5.8インチ
iPhone 8 ・4.7インチ
・5.5インチ
iPhone7 ・4.7インチ
・5.5インチ

デバイスそのものがディスプレイになっているため、ホームボタンはありません。

ホームボタンがなかったら、ホーム画面に戻れないじゃない!
落ち着いて!画面の下のほうから上へスワイプすれば、ホーム画面に戻れるよ。
・・・。し、知ってたんだからね!
(よかった・・・!)それからSuper Retina HDディスプレイのOLEDパネルで、より高画質なディスプレイに仕上がっているんだ!

iPhone 8とiPhone Ⅹの予約注文開始日と発売日

iPhone 8とiPhone Ⅹの予約注文と発売の開始日は、次の表のとおりです。

最新iPhone端末の予約注文・発売開始日
端末 予約注文 発売
iPhone 8 9/15 9/22
iPhone Ⅹ 10/27 11/3

発売日に店舗が混み合う可能性は高いので、購入予定であれば予約注文をオススメします。

最新のiPhone 8・Ⅹと値下げしたiPhone7、どちらを購入する?

iPhone 8とiPhone Ⅹの特徴はわかったけど、最新機種のiPhone 8・Ⅹと、値下がりしたiPhone7、どっちを買うべきか悩む~!
ルイーバみたいな人のために、それぞれの機種の特徴とおすすめな人を表にしたよ!
端末 おすすめな人
iPhone7 ・比較的新しい機種を安く買いたい人
iPhone 8 ・外出先でもワイヤレス充電したい人
・防水・防塵の端末を使いたい人
iPhone Ⅹ ・とにかくハイスペックの端末を使いたい人
・指紋認証やパスコード入力が面倒と感じている人
・画質の良さにこだわる人

iPhone 8は全面・背面ともに、耐久性の高いガラスで作られているため耐水性・防塵性に優れています。

またQi規格のワイヤレス充電器対応なので、外出先のワイヤレス充電ステーションで充電可能です。

それに加えてiPhone Ⅹには顔認証機能があり、高画質。

「値段が高くても、高スペックなiPhoneを使いたい」という人にオススメです。またiPhone Ⅹはサイズが大きいので、大画面のスマホが好みのユーザーにぴったり。
iPhone7も比較的新しく、発売されたのは2016年9月です。

iPhoneをお得に使いたい人は、iPhone7が値下がりしたこのタイミングでの購入がオススメです。

私はiPhone Ⅹに魅力を感じるわ!私の能力をもってすれば、iPhoneの新機能も余裕で使いこなせるわ!
ぼくはiPhone8が気になるなぁ。でも使い心地はどうなんだろう?
まずは店舗で、使い心地を試してみるといいよ!自分に合ったiPhoneを見つけてね。

最新iPhone 8・iPhoneXにおすすめの格安SIM

iPhoneⅩって112,800円もするの!?高すぎる~!
iPhone7も値下がりしたとはいえ、手頃な値段じゃないね。iPhoneを買うために節約しなきゃ・・・。
そんな人におすすめなのが格安SIMだよ。auやドコモ、ソフトバンクといった大手キャリアより、毎月の携帯料金が大幅に安くなるんだ!

当サイトが格安SIM利用者100人(全国の20~60代の男女)を対象に携帯料金の月額平均を調査した結果、キャリアから乗り換える前は約7,000円、格安SIMに乗り換えた後は約2,100円という結果に。

なんと5,000円近くも携帯料金が安くなっているんです。

現在格安SIM会社は増えていて、さまざまなプランを提供しています。自分の使い方に合ったところを選べるのでオススメです。

格安SIMについて詳しく知りたい方は、次の記事も参考にしてみてください。

しかも格安SIMのなかには、iPhoneユーザー向けのお得なプランもあります。

iPhoneユーザーにおすすめの格安SIM

それぞれのプランについて、詳しく説明していきます。

U-mobileは月額2,980円!端末保証付きで安心

U-mobile(ユーモバイル)には、スマホの修理や交換保証がセットになったiPhone向けプラン「U-mobile for iPhone」があります。

次のような内容を全部込みで、月額2,980円ととてもお得なんですよ。

「U-mobile for iPhone」の内容
  • LTEのインターネット使い放題
  • 全国約82,000カ所のWi-Fiが無料
  • 映画が毎月1本無料で視聴できる
  • 故障時の修理・交換保証あり

格安SIMのオプションは修理・交換保証のみの場合も多いので、これだけサービス豊富なのは嬉しいですよね。

U-mobileで使用できるiPhone端末やSIMロック解除方法については、「U-mobile(ユーモバイル)で使えるiPhone端末と設定方法」で解説しています。

FREETELのプランでiPhoneのデータ通信がお得に!

格安SIMを契約してiPhoneを使うなら、FREETEL(フリーテル)のプラン「FREETEL SIM for iPhone」もオススメ。次のようなメリットがあります。

FREETEL SIM for iPhoneのメリット
  • AppStoreでダウンロードするときのパケット料金が0円
  • LINEトークなど対象SNSのデータ通信が0円
  • アプリ使用で通話かけ放題にも対応

そしてFREETELの特徴といえば、料金体系を「使った分だけ安心プラン」と「定額プラン」の2種類から選べること。

料金体系とその特徴
プラン 特徴
使った分だけ安心プラン ・毎月利用状況に応じて通信料金を最適化
定額プラン ・毎月の請求額が一律
・コースは1GB~5GBから選択可能

「使った分だけ安心プラン」は、データ通信の使用量に合わせて料金設定されます。

使った分だけ料金を支払えばいいので、少ししか使わなかった月に余分に払う必要がなくお得です。

それに対し「定額プラン」は、毎月の請求額が一定になっています。月ごとに請求額を確認する必要がないため、お金の管理が楽なのがメリット。使用量が毎月あまり変わらない人におすすめです。

FREETELでiPhoneを使う方法や料金について詳しくは、「「FREETEL(フリーテル)でiPhoneを使う方法と料金、速度」」で解説しています。

iPhoneならではのお得なプランがあるのね!
でしょ。ハイスペックの最新iPhoneを安く使えるから、この機会に格安SIMへの乗り換えも検討するといいよ。

最新のiPhone端末も格安SIMでお得に使える!

この記事ではiPhone 8とiPhone Ⅹの特徴や、iPhoneユーザー向けの格安SIMについて解説しました。

iPhone 8はワイヤレス充電が可能で処理能力も高く、機能性に優れています。iPhone Ⅹではさらに、顔認証によるロック解除やアニ文字など、特殊な機能が追加されていましたね。

また最新機種の登場にiPhone7が値下がりしたので、7を狙っていた人は買いどきです!

格安SIMにはiPhoneユーザーにおすすめのプランも。

修理・交換保証が入った月額2,980円の「U-mobile for iPhone」や、AppStoreでダウンロードするときのパケット料金が0円の「FREETEL SIM for iPhone」なら、月々の携帯料金を安く抑えられます。ぜひ検討してみてくださいね。

記載されている内容は2017年9月現在のものです。