【画像つき】SIMカードの取り出し方と挿入方法

【画像つき】SIMカードの取り出し方と挿入方法

ドコモやau、ソフトバンクのような大手キャリアでは、スマホの新規契約や機種変更の際、すでにSIMカードが入っている状態の端末を受け取るのが一般的でした。

今では端末を変えずに、格安SIMの会社と契約して、SIMカードだけを入れ替える人が増えています。機種変更するときに使い終わった端末を売る場合も、このSIMカードを外さなければいけません。

しかしSIMカードを取り出したり、挿入したりする作業に苦戦する人も多いんです。SIMカードを入れ替えても認識されない場合もあります。格安SIM会社やキャリアのショップに持っていけば対応してもらえますが、できれば自分でなんとかしたいですよね。

そこで今回はSIMカードの取り出し方と挿入方法について説明し、困ったときの対処法も紹介します。

SIMカードの取り出し方を端末タイプ別に紹介!

格安SIMを利用するには、SIMフリー端末(※1)からSIMカード(※2)を取り出し、格安SIMの会社で契約したSIMカードを挿入します。

※1:SIMフリー端末とは

SIMロックが掛かっていないスマホやタブレット端末です。

SIMフリー端末については「SIMフリーとは?仕組みとメリットを解説」の記事で詳しく説明しています。

※2:SIMカードとは

固有のID番号が記録されており、電話やインターネットをするために必要なICカードです。

SIMカードについては「SIMカードとは?仕組みや種類・購入前の準備」の記事で詳しく説明しています。

端末の機種によってSIMカードの入っている場所は異なります。この記事では次の3つのタイプに分けてSIMカードの取り外し方を説明します。

  • iPhone
  • アンドロイド(Android)
  • FREETEL

iPhoneのSIMカード取り出し方法

iPhone端末のほとんどは、SIMカードの入っているトレイが本体側面にあるタイプです。

iPhoneの場合、購入時に端末が入っていた箱にSIMカード取り出し用のピン(SIM取り出しツール)が付いています。これを使用し、次の手順でSIMカードを抜いてください。

iPhoneのSIMカード取り出し手順
  1. 箱から専用のピンを取り出す
  2. SIMトレイの小さな穴にピンを押し込む
  3. カチッという音がしてSIMトレーとSIMカードが出てくる
  4. SIMトレイとSIMカードが出てきたら手で取り出す

iPhoneのSIMカード取り出し方法の解説画像

アンドロイドのSIMカード取り出し方法

続いてアンドロイド端末からSIMカードを抜く方法を説明します。今回は一例としてXperia Z5で試してみました。

端末の正面から見て、SIMカードはトレイの裏側にあります。

SIMカードがトレイから落ちないように、端末を裏返しておきましょう。

アンドロイドのSIMカード取り出し手順
  1. 本体の左側に入っているキャップを開ける
  2. 爪でトレイを引っ張り出す
  3. トレイからSIMカードを取り出す

XperiaのSIMカード取り出し方法の解説画像

アンドロイド端末の場合、専用のピックは付いていません。爪が短いと多少時間がかかるので、ゼムクリップや安全ピンなどで代用するのもおすすめです。代用法については後ほど紹介します。

FREETELのSIMカード取り出し方法

MVNO※が独自で取り扱っている端末もあります。

MVNOとは

利用料金が安い携帯会社のことです。電話やインターネット回線を大手キャリアから借りて、通信サービスを提供しています。

MVNOについては「MVNOとは?仕組みとメリット・デメリット」の記事で詳しく説明しています。

FREETELのPriori 3S LTEの場合は、SIM取り出しピックが付いています。次の手順でSIMカードを取り出すことが可能です。

FREETELのSIMカード取り出し手順
  1. 本体の裏蓋を外す
  2. 付属のピックの尖った部分をSIMカードの横に差し込む
  3. 外側にずらすとSIMカードが取り出せる
REETELのPriori 3S LTEのSIMカード取り出し方法の解説画像
参照元:FREETEL
機種によってトレイの場所は違うよ。自分のスマホ端末はどこにあるのか探してみてね!

SIMカードを取り扱うときの注意点

SIMカードの扱い方によって、SIMカードやスマホが故障してしまう可能性もあります。注意点を確認しておきましょう。

SIMカードを取り出し・挿入するときの注意点
  • IC部や端子に触らない
  • 取り出し・挿入するときは端末の電源を切る
  • 必要以上に力を入れない

SIMカードを取り出すときは、金属の接触部に素手で触ると故障の原因になるので注意してください。

また端末の電源が入った状態でSIMカードを入れ直すと、SIMカードのデータが消えることがあります。

端末の電源を切ってからSIMカードを取り出してください。

えー!素手で触ると故障の原因になっちゃうのぉ!?
SIMカードには電話番号などの大事な情報が入っているんだ。精密機器だから大切に扱ってね!

SIMカードの挿入方法

SIMカードを取り出したら、使用する新しいSIMカードに入れ替えます。挿入方法は簡単。SIMカードをトレイに乗せ、入れてあった位置に戻すだけです。

しかしSIMカードの向きを間違えると、端末が認識せず通信することができません。

SIMカードを取り出す際には、どの向きで入っていたのか確認しておいてください。

SIMカードを触っているうちに汚れやホコリなどがついて、端末に入れても使用できない可能性があるんだ。

この場合は、柔らかい布で汚れを優しく拭き取ってから挿入してね。ティッシュは余計にホコリがついちゃうからダメだよ。

SIMカードが認識されない!困ったときの対処法

SIMカードを取り出して入れるだけの簡単な作業でも、次のようなトラブルが起こる可能性があります。

SIMカードの取り出し・挿入時のトラブル
  • SIMカードを取り出すピンがない
  • iPhoneのSIMカードが取り出せない
  • SIMカードを入れても認識されない

ではSIMカード交換時のトラブル対処法を、詳しく見ていきましょう。

SIMカードを取り出すピンがないときの代用法

SIMカードを取り出すためのSIMピンが付属されていない端末でも、SIMピンがないと取り外しが難しい場合があります。また専用のSIMピンが入ったiPhoneの箱を捨ててしまったり、なくしてしまったりして、必要になったときに困る人もいます。

SIMピンがなければ次のもので代用しましょう。

SIMピンの代わりに使えるもの
  • ゼムクリップ
  • 安全ピン

一番おすすめなのはゼムクリップです。このように伸ばしてSIMトレイの穴に挿せば、SIMカードを取り出せます。

ゼムクリップでSIMトレイを取り出す方法

意外と抜けない!?iPhoneのSIMカードを取り出すコツ

iPhoneのSIMカードがなかなか取り出せない場合は、次のような原因が考えられます。

SIMカードが端末から抜けない原因
  • SIMピンの向きが端末に対して垂直になっていない
  • SIMピンを押し込む力が足りない

まずSIMピンが端末に対して垂直になっているか確認してみてください。スマホを机などに置いた状態でSIMカードを取り出す場合は、安定した平らな場所で行いましょう。

またSIMピンを押し込む力が弱い可能性もあるので、少しずつ強くしながら取り出してみてください。

SIMカードが認識されないときに行う3つの対処法

SIMカードを入れたはずなのに「不正なSIM」「SIMカードが挿入されていません」と表示されたら、次の3つのことを行ってください。

SIMカードが認識されなかった場合の対処法

  1. 端末の電源を入れ直してみる
  2. SIMカードを取り出し、もう一度挿入してみる
  3. 一度機内モードにしてから元に戻してみる

まずは端末の電源を切り、もう一度入れてみてください。

認識されないままなら再度電源をOFFにしてSIMカードを取り出し、もう一度挿入します。このとき、SIMカードに汚れが付着していないかどうか確かめてください。

それでもSIMカードが認識されなければ、端末を一度機内モードにして通信ができない状態にします。その後機内モードを解除すると、端末がSIMカードを認識することもあります。

いろいろやってもダメだったらどうするの?
SIMカードか端末が故障している可能性があるから、キャリアや格安SIMのショップで相談してみて。

でも大手キャリアだと相談に乗ってくれないこともあるんだ。入れ替えが不安な人は店舗のあるMVNOの利用や、端末とセットでの購入がオススメだよ。

格安SIMを契約したらSIMカードを交換!取り扱いには注意

今回はSIMカードの取り出し方について紹介しました。

SIMカードには電話番号やキャリアメールのアドレスなど大切な情報が入っています。雑に扱ってしまうとSIMカードが破損してしまい、再発行しなければならないので注意してください。

またSIMカードのサイズが小さい場合、紛失してしまう恐れがあります。SIMカードの入れ替えをするときは、机の上などSIMカードが落ちても見つけやすい場所で行いましょう。

現在はスマホの機種もたくさんあり、MVNO独自の端末もあります。SIMカードの入っている場所がわからなければ、契約している携帯会社に問い合わせてくださいね。