LINEモバイルを料金シミュレーションで比較

LINEモバイルを料金シミュレーションで比較

LINEが発表した「LINEモバイル」は、ニュースでも大々的に報じられ話題になりました。

LINEモバイルには、LINEの使用でデータ通信量が消費されない「カウントフリー」など、LINEならではのサービスがあります。

プランによってはTwitterやInstagram、Facebook、LINE MUSICもカウントフリーです。SNSで動画の投稿が増えてきている今、LINEのカウントフリーならデータ通信量を抑えて携帯料金を安くできます。

しかもスマホを使いすぎて低速モードになっても、これらのSNSは高速のまま利用できるので、とても便利です。

今回はそんなLINEモバイルの料金について、他社との比較やシミュレーションを交え詳しく紹介します。

LINEモバイルの魅力はカウントフリー!データ通信量を節約

LINEモバイルはプランによってカウントフリーとなるSNSが異なります。

またカウントフリー対象のSNSであっても、一部データ通信量を消費する場合があるので、事前に知っておく必要があります。

プラン内容と月額料金を詳しく見ていきましょう。

カウントフリーの内容は?LINEのモバイルデータ通信量を抑える

カウントフリーとは、対象のサービスでデータ通信料をカウントしないサービス。SNSに画像や動画を表示・投稿しても、データ容量を消費しません。

データ容量を消費しないうえ、速度制限がかかった状態でも、カウントフリー対象のサービスは高速で使い続けることが可能です。

ただし次のような場合にはデータ通信量がかかるので、注意しましょう。

データ通信量がかかる状況
  • 対象アプリから外部リンクに接続
  • ライブストリーミング動画を利用
  • FacebookのMessengerを利用
  • YouTubeなど外部アプリからアップ・再生された動画の視聴

ライブストリーミングとは映像や音声を生放送で配信されたデータを、リアルタイムでダウンロードしながら再生すること。

FacebookのFacebook Live、TwitterのPeriscope、LINEのLINE LIVEなどがライブストリーミングです。これらはカウントフリーにならず、データ通信量を消費してしまいます。

月額500円から!1GB+LINEが使い放題のLINEフリープラン

LINEモバイルは1GBプランの設定があります。1GBあればYouTubeは約4時間視聴、ホームページは約3,300回閲覧が可能です。

LINEモバイルのLINEフリープラン月額料金(1GB)
プラン 月額
データ 500円
データ+SNS 620円
データ+SNS+音声通話 1,200円

1GBを1ヶ月以内に使い切ったとしても、0.5GBを500円、1GBを1,000円など追加で購入できます。

3GB以上ならコミュニケーションフリープランを選択

「1GBでは少ない」「LINE以外のSNSもよく使う」という人にはコミュニケーションフリープランがおすすめ。3GBあれば、1ページ300KBのホームページを約9,900回、スマホサイズ視聴で約4MBのYouTube動画を約12時間見られます。

コミュニケーションフリープランなら、LINEだけでなくTwitter・Facebook・Instagramもカウントフリーで使い放題です。

LINEモバイルのコミュニケーションフリープラン月額料金
プラン データ+SNS データ+SNS+音声通話
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

LINEミュージックの通信量なし!使い放題のMUSIC+プラン

LINE MUSICは、ネットがつながる環境ならどこでも、自由に曲を選んで聴くことができるサービスです。

MUSIC+(ミュージックプラス)プランなら、LINE・Twitter・Facebook・Instagramに加え、このLINE MUSICもカウントフリーです。

LINEモバイルのMUSIC+(ミュージックプラス)プラン月額料金
プラン データ+SNS データ+SNS+音声通話
3GB 1,810円 2,390円
5GB 2,140円 2,720円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,520円

LINE MUSICには上記の月額料金に加え、別途次のオプション料金が必要です。

LINE MUSICオプション 月額750円

4,000万曲以上の楽曲が月額750円で聴き放題になります。

なお、このオプションは、「LINEフリープラン」のデータSIM(月額500円)を除き、すべてのプランに追加可能。ただし「MUSIC+プラン」以外はLINE MUSICのデータ通信量が別途必要です。

速度制限がかかって低速モードになると、そんなに不便なの?
LINEモバイルの低速モードは最大で200kbps。

実際に下り(データ受信)180Kbps、上り(データ送信)500Kbpsの状態では、webページを1ページ読み込むのに30秒程度かかったぜ。

LINEで受信した40秒の動画も読み込みに10秒以上かかって、途中で止まっちまった。普段高速で使ってると、不便さを感じる人が多いな。

LINEモバイルは他の格安SIMと比べて高い?安い?

LINEモバイルの料金について紹介してきましたが、格安SIMを契約するなら他社と比較して安く抑えたいですよね。

LINEモバイルの1GBプランは他社と比較しても安い設定でLINEもカウントフリーなので、LINEユーザーに最もおすすめです。

また最近はSNSに動画の投稿が多いので、対象のSNSを每日使う人にはLINEモバイルが割安です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

他社の音声プラン料金と比較!1GBはLINEモバイルがおすすめ

LINEモバイル・DTI・DMMモバイル・mineoのデータ通信+音声通話プランを比較します。

データ通信+090音声通話プラン料金比較例
格安SIM 1GB 3GB 5GB
LINEモバイル※ 1,200円 1,690円 2,220円
DTI 1,200円 1,490円 1,920円
DMMモバイル 1,260円 1,500円 1,910円
mineo(Dプラン) 1,500円 1,600円 2,280円
※1GBはLINEフリープラン、3・5GBはコミュニケーションフリープラン

LINEモバイルの月額料金は、1GBのLINEフリープランの場合他社と比べても安く、さらにLINEの利用はカウントフリーなので割安です。

そのため次のような人はLINEモバイルがおすすめです。

LINEモバイルがおすすめな人の特徴
  • 毎月のデータ使用量が1GBで収まる
  • LINEを日常的に利用している

SNSで動画を視聴・送受信するならLINEモバイルが割安!

コミュニケーションフリープラン(3GB・5GB)について料金を比較すると、他社よりも60円~310円高く設定されています。しかし一概にこの料金設定が「高い」とは言い切れません。

SNSがカウントフリーになった分データ量を抑えられれば、LINEモバイルなら他社より少ないデータ量プランで使えるため、料金も安くなる可能性があります。

SNSのデータ使用量を実際に調べました。

SNSのデータ使用量
SNS データ使用量例
LINEの動くスタンプ送信 1個あたり16.0KB
LINEの音声通話 1分あたり58.7KB
LINEで40秒の動画送信 1個あたり3.8MB
Facebookのウォール閲覧 1分あたり7.4MB
Twitterのホーム閲覧 1分あたり10.0MB

これは1GBで次のことができる計算です。

  • Twitterのホーム画面を1日約3分閲覧
  • Facebookのウォールを1日約4分半閲覧

毎月のデータ使用量全体からSNSの使用量を引いて、SNS以外のデータ通信量でいくらのプランになるか計算してみましょう。SNSの使用量が多い場合は安いプランで収まる可能性があります。

また4分間の曲を、1曲ダウンロード・ストリーミングした場合、約4MBが消費されます。1GBで1ヶ月に250曲(1日に約8曲)聴くことができる計算です。音楽好きでSNSもよく使う人は、これを目安にMUSIC+も検討してみてください。

1GBって動画を見ちゃうと意外と少ないんだねー。
最近は動画をSNSに投稿する人も多いから、タイムラインを見るだけでデータ量が早く消費されるんだ。

SNSを多く利用する人は、毎月の利用データ量を携帯会社のマイページなどで確認してくれ。

5GBプランの人は、コミュニケーションプランで3GBにした方が安く収まる可能性があるぜ。

オプションの料金を紹介!フィルタリングアプリが無料

LINEモバイルにはさまざまなオプションが設定されています。

音声通話SIM用オプション
オプション内容 月額
留守番電話 300円
割込通話 200円
転送電話(※1) 無料
国際電話(※2) 無料
国際ローミング(※2) 無料
※1:別途通信料が発生
※2:別途通話料および通信料が発生
全SIM共通オプション
オプション内容 月額
端末保証(LINEモバイルで購入した端末) 450円
端末保証(LINEモバイル以外で購入した端末) 500円
フィルタリングアプリ i-フィルター 無料

フィルタリングアプリでは次のことができます。

i-フィルターでできること
  • 子供の年齢に合わせて閲覧できるページのブロック
  • PCでブロックされたサイトや検索ワードが分かる
  • インターネット利用時間の制限

フィルタリングアプリのオプションは他社にもありますが、無料という会社は少ないです。

またLINEモバイルでは未成年がLINE ID検索をできないように設定することができます。「LINE IDの検索で見知らぬ人とつながるのでは」という不安も不要です。

LINEモバイルは18歳未満の契約はできませんが、申込み段階で契約者と利用者それぞれの情報を入力することができます。

利用者が18歳未満の未成年である場合は、LINE ID検索ができないよう設定されます。

他社で購入した端末の保証プランは、格安SIMの会社では珍しいんだ。

修理費用は1回目が4,000円、2回目が8,000円で上限は50,000円だぜ。大切なスマホだから、保証プランは嬉しいサービスだよな!

契約・解約手数料からSIMサイズ変更手数料までその他料金

携帯電話の契約・解約には手数料がかかります。特に解約の場合は、解約日によっては解約金が発生してしまうので注意が必要です。LINEモバイルで必要な手数料を紹介します。

申込時には契約手数料とSIMカード発行手数料が必要

通常LINEモバイルに申し込むときには、契約事務手数料3,000円とSIMカード発行手数料400円が必要です。

SIMカード変更のサイズ交換には手数料が必要!

「SIMカードのサイズを間違えて申し込んだ」「SIMサイズの違う端末に差し替えたい」このような場合にはSIMサイズの変更が必要です。

SIMサイズの変更には手数料が3,000円かかります。

SIMカードのサイズについては「SIMカードのサイズと対応機種一覧」で詳しく解説しています。

解約時には解約手数料が必要な場合もあり!

LINEモバイルを解約する際は、次のことに注意してください。

LINEモバイルを解約する際の注意点
  • MNP転出手数料は3,000円
  • クーリングオフ制度のサービス対象外
  • 月額基本料は初月無料でも、初月に解約した場合は初月の月額基本料がかかる
  • 解約を月の途中で行っても、日割りで計算はされない

また音声通話SIMプランを、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日までに解約・またはMNP転出する場合、解約手数料9,800円(税抜)が必要です。

解約月の利用料金と解約違約金は解約の翌月、音声通話料金は利用月の翌々月に請求されるぜ。

LINEモバイルの解約方法については「LINEモバイル徹底検証!サービスや通信速度など評判まとめ」で詳しく解説しているから、参考にしてくれ。

SNSを每日使う人にはLINEモバイルがおすすめ!

LINEモバイルの料金について解説しました。1GBプランはLINEがカウントフリーにも関わらず他社と比べても安いため、LINE以外のデータ通信量が少ない人におすすめです。

LINEに加えてTwitterやInstagram、FacebookなどSNSの利用が多い人は、結果的に携帯代が安く収まることも。カウントフリーによってデータ通信量が抑えられて少ないデータ量で契約できるためです。

データ通信量を気にせず、LINE MUSICで音楽を聴きたい人にはMUSIC+がぴったりです。ぜひ参考にしてください。

※記載されている内容は2017年4月現在のものです。