LINEモバイル限定のオプション紹介

LINEモバイル限定のオプション紹介

「SNSの利用量が多い」「格安SIMでもLINE ID検索を使いたい」「今使っている端末に保証を付けて使いたい」そんな人にはLINEモバイルがおすすめです。

LINEモバイルはLINEが提供する格安SIM。そのためLINEの電話やトークではデータが消費されなかったり、LINE ID検索が利用できたりと、他の格安SIMにはない多くのメリットがあります。

利用料金も月額500円から設定されているうえ通信速度も速いと評判なので、安く快適に使いたいという人にぴったりです。

しかし一方で、格安SIMだからこそ利用できないサービスがあることも事実。LINEモバイルでできること、できないことを詳しく解説します。

LINEモバイル限定のサービスを紹介!お得に使う方法

格安SIMの会社が増えるなか、次のようなLINEモバイル独自のサービスもいくつかあります。

LINEモバイル限定サービス
  • 1GBプランからLINEがカウントフリー
  • LINEの年齢認証機能・ID検索が使える
  • LINEモバイルユーザー同士でデータ通信量を贈り合える
  • LINEポイントが貯まる
  • LINE Payで支払いができる

これらLINEモバイル限定サービスの内容を、それぞれ詳しく見ていきましょう。

カウントフリーでSNSのデータ消費量を抑えよう!

多くの携帯会社のなかでも、SNSのカウントフリーサービスは数えるほどしかありません。カウントフリーで人気のfreetelでも、1GBプランではLINEアプリの通話は対象外です。

LINEモバイルなら、1GBプランからLINEの通話もカウントフリー。普段の通話をLINEでかけておりLINE以外のデータ使用量が1GBに収まる人におすすめです。

3GB以上のプランであれば、TwitterやInstagram、Facebookもカウントフリー対象。ただし海外での使用は対象外なので注意してください。

LINEモバイルのプランやカウントフリーについて詳しくは「LINEモバイルを料金シミュレーションで比較」で紹介しています。

LINEの年齢認証機能・ID検索に対応した唯一の格安SIM!

格安SIM会社(MVNO)のなかでも、LINEの年齢認証やID検索ができるのはLINEモバイルだけ。

LINE IDが分かれば、電話番号やメールアドレスを知らない遠くの人も友達に登録でき便利です。

LINEモバイルを使う友だちとデータ容量を贈り合える

LINEモバイルの利用者同士なら、データ通信量を贈り合うことが可能です。友だちや家族で余ったデータ通信量を分け合えるので、データを買い足すよりも携帯代が安く済みます。

LINEポイントが貯まる!電子マネーへの交換もできてお得

LINEモバイル公式アカウントから契約者連携を行うと、月額基本料金の1%分がもらえます。

LINEポイントはスタンプや着せかえの購入に使えるほか、Pontaポイントやnanacoポイントに交換もできお得です。

LINE Payでの支払いができる!クレジットカードなしで契約可能

LINEモバイルはクレジットカードだけでなく、LINE Payカードでも支払いができます。

LINE Payカードは16桁の番号が付いたプリペイド式カードで、100円毎にLINEポイントが2ポイント貯まりお得です。

カウントフリーっていっても、どうせデータ容量超えたら低速モードになるんでしょ!タイムラインやスタンプがすぐ見れなかったらストレス溜まるじゃない!
低速モードになっても、カウントフリー対象のSNSは高速で使い続けることができるんだぜ!

つぶやきやLINEのやりとりが、いつでもサクサク見られて便利だぞ!

カウントフリーだけじゃない!LINEモバイルを選ぶべき理由

LINEモバイル限定サービスについて解説しましたが、LINEモバイルには他にも次のような充実したオプションやサービスがあります。

LINEモバイルの主なサービス・オプション
  • 自社購入の端末保証
  • 他社で購入の端末保証
  • 無料のフィルタリングアプリ
  • LINEトークや電話での質問対応サービス
  • 留守電・迷惑電話ストップサービス
  • SIMカードの交換
  • ワンセグ・おサイフケータイサービス

これらのオプションについて詳しく紹介します。

端末保証オプションも手厚い!他社で購入の端末も保証

LINEのモバイルは自社で購入した端末はもちろん、他社で購入した端末でも保証プランに入ることができます。これは格安SIM会社では珍しいサービスです。

故障や水漏れ、破損などに対応しているので、この保証があれば安心して乗り換えができます。

LINEモバイルで購入した場合の端末保証オプション
  • 月額料金は450円(初月無料)
  • 修理・交換費用のみで、約2日で端末を交換できる
  • 修理費用は1回目5,000円、2回目8,000円
  • 利用は年2回まで
  • LINEモバイル契約成立日から、成立日を含む月の3年後の同月末日まで保証
  • 新規申込時のみ申込みが可能
  • 故障・水漏れ・破損に対応
LINEモバイル以外で購入した場合の端末保証オプション
  • 月額料金は500円(初月無料)
  • 故障端末の修理・交換端末到着まで約2週間
  • 1回目4,000円、2回目8,000円
  • 保証上限金額50,000円(超過分は自己負担)
  • 利用は年2回まで
  • iOSの場合は修理のみ
  • 自然故障の場合はメーカー発売日から3年間保証
  • 落下・水漏れ等の場合はオプション解約まで保証

自社購入の端末は交換対応ですが、他社で購入した端末は修理対応という場合もあり、時間がかかります。その間は端末の無料貸出を利用できるので心配はいりません。

他社で購入した端末で保証オプションに申し込む場合は、申込後にIMEI登録をしてください。

IMEI登録前に故障した場合、オプションの適用外になります。IMEIは公式ホームページの端末保証オプションページから登録可能です。

IMEIの確認方法は次のとおり。

iPhoneでIMEIを確認する方法

設定>一般>情報

AndroidでIMEIを確認する方法

設定>端末情報>端末の状態

LINEモバイルなら子供にも安心のフィルタリングアプリが無料!

LINEモバイルではフィルタリングアプリ「i-フィルター」を無料で利用できます。

i-フィルターでできること
  • 子供の年齢に合わせて閲覧できるページのブロック
  • PCでブロックされたサイトや検索ワードが分かる
  • インターネット利用時間の制限

他社にもフィルタリングアプリがオプションにありますが、無料という会社は少ないです。

またLINEモバイルでは未成年がLINE ID検索をできないように設定することができます。「LINE IDの検索で見知らぬ人とつながるのでは」という不安もありません。

LINEモバイルは18歳未満の契約はできませんが、申込み段階で契約者と利用者それぞれの情報を入力します。利用者が18歳未満の未成年である場合は、LINE ID検索ができないよう設定されるので安心です。

LINEモバイルの公式サイトの「申し込み」から「お客様情報入力」に進みます。まずは契約者(保護者)の情報を入力しましょう。

LINEモバイル公式サイトの契約者の入力画面の画像

次に下に進むと「利用者の設定について」という項目があるので、「利用者と契約者が違います」という欄にチェックし、利用者(子供)の情報を入力します。

LINEモバイル公式サイトの利用者(子供)の情報の入力画面の画像

この「生年月日」で利用者が18歳未満の未成年である場合、LINE ID検索は使えません。

電話でオペレーターに質問もできる!LINEのトークでも質問可

LINEモバイルを友達登録することで、LINEのトークを使って質問が可能。トークでの質問は機械での自動対応で、類似した質問と回答が表示されます。

電話での問い合わせではオペレーターと直接話すことができます。平日の昼間であれば30秒ほどの待ち時間でつながりました。

留守電や迷惑電話撃退も!音声通話SIM用オプション

LINEモバイルにはさまざまな通話オプションが設定されています。

音声通話SIM用オプション
オプション内容 月額
留守番電話 300円
割込通話 200円
転送電話(※1) 無料
迷惑電話ストップ 無料
国際電話(※2) 無料
国際ローミング(※2) 無料
※1:別途通信料が発生
※2:別途通話料および通信料が発生

迷惑電話ストップでは、指定番号からの着信拒否ができるので安心です。

国際電話や国際ローミングは可能ですが別途通信料や通話料が必要なので注意してください。国際電話サービスは20,000円、国際ローミングサービスは50,000円とそれぞれ利用限度額があります。

海外では海外用SIMを利用すれば、1週間3,000円以下でスマホを使えるのでぜひ活用してみてください。海外用プリペイドSIMについては「海外用プリペイドSIMの購入方法と使い方」で詳しく説明しています。

SIMカードの交換が可能!手数料は3,000円

「SIMカードのサイズを間違えて申し込んだ」「SIMサイズの違う端末に差し替えたい」このような場合にはSIMサイズの変更が必要です。

SIMサイズの変更には手数料が3,000円かかります。

SIMカードのサイズについては「SIMカードのサイズと対応機種一覧」で詳しく解説しています。

ワンセグやおサイフケータイが使えるかも!対応端末をチェック

スマホでテレビが見られるワンセグや、かざすだけで支払いができるおサイフケータイ、赤外線通信も対応端末であれば利用できます。

おサイフケータイについては「おサイフケータイ対応の格安スマホ特集!」、ワンセグについて詳しくは「格安SIMでワンセグを受信する方法」をご覧ください。

僕ってすぐ調子が悪くなっちゃうんだよね・・・。緊急電話はできるのか不安。
音声通話プランを契約して080や090から始まる電話番号を使えば、緊急電話もかけられるぜ!

LINEモバイルで利用できないサービスを紹介!事前に要チェック

LINEモバイルでは次のようなサービスは利用できない、または設定がありません。事前に理解して対策を考えておきましょう。

  • メールアドレスの付与
  • MMSの利用
  • テザリング
  • 電話番号の選択
  • かけ放題・家族割
  • データプレゼントでもらった通信量を翌月に繰越
  • デビットカードで支払い
  • 端末代金の分割払い
  • 利用料金の日割り請求
  • 3G通信端末での利用

メールアドレスの提供はないので、チャット形式でEメールのやり取りができるMMS(マルチメディア・メッセージング・サービス)も使えません。GmailやYahoo!メールなどのフリーメールで代用してください。

格安SIMでメールを使う方法について詳しくは「格安SIMのメールアドレスとキャリアメールを使う方法」で解説しています。

また通常のデータ通信量は余った分を翌月に繰越ができますが、データプレゼントで受け取った分は繰越ができません。

LINEモバイルで販売されているスマホの端末代金は13,800円~39,800円です。分割払いができないので注意してください。

えー!かけ放題がないの!?通話料すごく高くなりそう!
かけ放題の設定はないけど、LINEやLINE Outを使えば通話料を抑えることができるぜ。

LINEモバイルのお得な使い方については「LINEモバイルのお得な買い方と使い方」を参考にしてくれ!

LINEモバイルはLINEならではのサービスが充実!

LINEモバイルでできること、できないことを解説してきました。LINEが提供するサービスだからこそ、他社にはない特徴が多くあります。なかでもカウントフリーサービスは、動画の投稿が増えているSNSユーザーがデータ消費量を抑えられるお得なサービスです。

またLINEの年齢認証機能・ID検索も他の格安SIMにはなく便利です。友だちとデータ容量を贈り合えたりLINEポイントが貯まるのも嬉しいメリット。

他社で購入した端末保証や無料のフィルタリングアプリも、ユーザーに優しいサービスです。

しかし一方でキャリアメールや端末代金の分割払いができないなど、デメリットもあります。メリット、デメリットを事前に理解したうえで検討してみてください。

※記載されている内容は2017年4月現在のものです。