LINEモバイルのお得な買い方と使い方

LINEモバイルのお得な買い方と使い方

LINEモバイルのプランは毎月500円からとすでに格安ですが、少しの工夫でその料金をさらに安くできますよ。

例えばポイントやアプリの活用で月額基本料金や通話料なども抑えられます。端末をキャリアで購入するより安くできる方法もあるんです。

一見難しく感じるかもしれませんが、やり方は意外と簡単で誰でもできるものばかり。

せっかく格安SIMを契約するのなら、1円でも安く使いたいもの。LINEモバイルの支払料金を抑える方法を、細かく丁寧に解説します。

端末代を安く抑える!今使っているスマホも使えるかも

ドコモやauなどキャリアで契約するとき、多くの人が同時にショップで端末も購入します。

一方でLINEモバイルで契約する場合、今使っているスマホを引き続き使える場合もあります。

Apple Storeや家電量販店で購入したものなどスマホを別に用意し、電話やインターネットをするために必要なSIMカードのみ契約する方法も割安でお得です。

SIMカードについては「 SIMカードとは?仕組みや種類・購入前の準備」の記事で詳しく説明しています。

LINEモバイルで使う端末を用意する方法は、次の2通りです。

LINEモバイルで使う端末を用意する方法
  • ドコモで購入した対応端末をそのまま使う
  • SIMフリースマホを購入する

それぞれの方法を詳しく紹介します。

ドコモで購入した端末ならそのまま使える可能性がある!

LINEモバイルはドコモ回線を借りているため、ドコモで購入した端末でも対応機種であればSIMカードを入れ替えるだけで使うことができます。

SIMカードを入れ替える方法は「【画像つき】SIMカードの取り出し方と挿入方法」で詳しく解説しています。

対応している端末かどうかは、LINEモバイルの公式ホームページ中の「サポート」から「動作確認済み端末一覧」で確認できます。

auやソフトバンクで購入した端末は、キャリアのスマホにかかっているSIMロックを解除しても、LINEモバイルで使えるかどうかの保証はありません。

iPhoneの場合はSEや6sで使えたという人もいますが、使えなくてもあくまで自己責任です。

新たにSIMフリー端末を購入!好きなスマホ端末を自由に選べる

SIMロックがかかっていないスマホやタブレット端末は、SIMフリー端末と呼ばれます。

SIMフリー端末については「SIMフリーとは?仕組みとメリットを解説」の記事で詳しく説明しています。主な入手方法は次の4つです。

SIMフリー端末の購入方法
  • LINEモバイルなど格安SIMの会社から購入
  • Apple Storeや通販サイトなどでメーカーから直接購入
  • 家電量販店で購入
  • 中古スマホ(白ロム)を扱うサイトで購入

SIMフリースマホの詳しい購入方法については「SIMフリースマホの購入方法」で解説しています。

また当サイトではさまざまなSIMフリースマホを紹介しています。自分の欲しいタイプに合わせて以下の記事を参考にしてください。

ドコモではiPhone6sが1万円で買えるらしいわ!そっちのがお得じゃないの。
ドコモなどのキャリアは、通信料をその分割高に設定しているんだ。

2年間使用した場合は現在の端末を下取りして乗り換えたとしても、キャリアのほうが毎月2,000円程度高くなっちまうぜ。

スマホ代を考える場合は2年~3年の総額で計算してくれよな。

データ通信量に合わせてお得なプランを申し込む

LINEモバイルは全てのプランに、LINEのトークや通話ではデータ容量を消費しないカウントフリーが付いています。

1GBプランでカウントフリーになるのはLINEのみですが、3GB以上のコミュニケーションフリープランならTwitterやFacebook、Instagramも対象です。Music+ならLINE MUSICも加わります。

1ヶ月間でSNSとそれ以外のデータ通信量をどの程度使用しているか確認し、最も自分に合ったプランを選びましょう。

データ通信の使用量を確認する方法は次のとおりです。

iPhoneでデータ通信の使用量を確認する方法

1、設定>モバイルデータ通信>最下部の「統計情報をリセット」

2、1ヶ月後に 設定>モバイルデータ通信>モバイルデータ通信を使用

アプリ名の下に書いてある数字(◯MB、△KBなど)をチェックしましょう。

Androidでデータ通信の使用量を確認する方法

設定>データ使用>アプリの使用状況

アプリ名の右に書いてある数字(◯MB、△KBなど)をチェックしましょう。

SNSの使用量が多い人ほど、LINEモバイルなら割安になるのでおすすめです。SNS以外の月間データ使用量を合計して、近い容量のプランを選びましょう。

1GBってどれくらい動画見られるんだろ?
1GBあればYouTubeは約4時間視聴、ホームページは約3,300回閲覧できるぜ!

LINEモバイルの料金について詳しくは「LINEモバイルを料金シミュレーションで比較」を参考にしてくれ。

キャンペーンをチェック!データ増量やチケットプレゼント

LINEモバイルは利用開始日を含む初月の月額基本料が無料です。

その他にさまざまなキャンペーンが行われています。これまでに次のようなキャンペーンがありました。

  • 毎月3GBを3ヶ月間増量
  • 端末代5,000円引き
  • LINE MUSIC30日間無料チケットプレゼント
  • LINEポイント500~2,000ポイントプレゼント

検討する際はキャンペーンもぜひチェックしてみてください。

LINEモバイルのオプションやサービスについては「LINEモバイル限定のオプション紹介」で詳しく紹介してるぜ。

LINE限定のサービスもあるから要チェックだ!

LINEモバイルの支払いはLINE Payを活用する

LINEモバイルの支払い方法は次の3通りあります。

LINEモバイルの支払い方法
  • クレジットカード
  • LINE Payカード
  • LINE Pay

LINEモバイル公式アカウントのメニューから「契約者連携」を設定すると、月額基本料の1%分はLINEポイントとしてもらうことができます。

LINE PayカードやLINE Payで携帯代を支払えば、さらに2%のポイントが上乗せされるのでとてもお得です。

LINEポイントではLINEのスタンプや着せ替えを購入はもちろん、次のような使い道もあります。

LINEポイントの主な使い道
使い道 LINEポイント(P) 交換・還元後
LINE Pay残高に還元 1P 1円
Amazonギフト券 550P 500円
スタバのギフト券 500P 500円
nanacoポイントに交換 300P 270ポイント
メトロポイントに交換 300P 270ポイント
Pontaポイントに交換 300P 270ポイント
JALマイルに交換 300P 100マイル
e-GIFT※ 550P 500円
※ANA SKYコインやiTunesギフトコード、EdyギフトIDから選べるギフト券

LINE Pay経由でLINEポイントをLINEモバイルの支払いに充てることもできるので、スマホ代をさらに節約できます。

LINEポイントは「その他>LINEポイント>貯める」から、アンケートの回答や動画視聴、会員登録など指定の条件をクリアして貯める方法もあるぜ。

そこで貯めたポイントを支払いに充てれば、もっと支払料金が安くなるぞ!

通話料を節約する方法を紹介!LINE Outを活用

LINEモバイルの音声通話プランでは30秒20円の電話料金がかかり、通話料定額の「かけ放題プラン」はありません。

そのため次の方法で通話料を節約するのがおすすめです。

通話料を節約する方法
  • LINEの友だちにはLINEアプリで電話する
  • 固定電話やLINEの友達以外にはLINE Outから電話する

LINE Outは通話アプリです。日本からは、国内を始めアメリカやカナダ、イギリスなどさまざまな国の固定電話や携帯電話宛に無料通話ができます。

日本国内の場合は固定電話には1回3分、携帯電話には1回1分まで、広告を見ることで無料で通話ができます。

無料通話には回数や時間制限がありますが、それを使い切っても通話料を支払えば引き続き通話できます。

有料の通話料金は先に支払う必要があり、コールクレジットと30日プランの2種類があります。

コールクレジットはプリペイド式で180日間利用可能です。複数の宛先に電話できるので、「決まった電話の相手はいないけれど、安く通話をしたい」という人向けです。

30日プランは通話先が1つの端末に限定されてしまうので、特定の相手によく電話をする人におすすめです。

LINE Outの通話料(日本国内の場合)
宛先 固定電話 携帯電話
無料分 1回3分まで 1回1分まで
有料分(コールクレジット) 1分あたり3円 1分あたり14円
有料分(30日プラン※) 1分あたり2円 1分あたり6円または6.5円
※1プランにつき指定の国・端末1つのみ

無料分は通話前に広告動画を見る必要があり、回数も限られています。「最初から有料でもいいから、広告を見ずに通話がしたい」「無料通話分を使い切った」という人はコールクレジットか30日プランを購入しましょう。

LINE Outは警察、消防、救急などの緊急電話や、一部の有料通話などには使えないんだ。その場合は通常の音声通話を利用してくれ!

お得な裏ワザを使えばLINEモバイルが安くなる!

LINEモバイルを安く使う裏ワザを紹介しました。ドコモで購入したスマホやSIMフリー端末なら、対応端末の場合LINEモバイルで使い続けることができます。新たにSIMフリー端末を購入するのも1つの方法です。

プランは普段のデータ通信使用量に合わせて決めましょう。キャンペーンは時期によって変わりますが、データ増量されることもあるので要チェックです。

LINEモバイルの支払いはLINE Pay、通話にはLINE Outをそれぞれ利用すると、さらに携帯代を安く抑えることができます。

LINEモバイルを使うなら、これらのワザを活用して料金を安くするのがおすすめです。

※記載されている内容は2017年4月現在のものです。