ドコモのシンプルプランは安くない!変更するなら格安SIMがお得

ドコモのシンプルプランは安くない!変更するなら格安SIMがお得

最近CMやポスターで、docomoの「シンプルプラン」をよく目にします。

「基本使用料980円」という文字に、ドコモユーザーは喜んでいるのではないでしょうか。

また格安SIMを検討していた人も「980円ならドコモにしようかな。」と思っているのでは?

でもこの月額980円のシンプルプラン、実はシェアパック専用のプランなのです。

「シェアパック?」そう思った方も多いのではないでしょうか。「シェアパック」とは家族でパケットを分け合うパケットパックのこと。

またシンプルプランは月額980円だけでは利用できず、最低でも1,780円必要です。

この記事では、本当にシンプルプランはお得なのか、本当は何を選ぶといいのかを解説します。

ドコモのシンプルプランにはシェアパックが必須

シンプルプランを利用するには、シェアパックに加入していることが条件です。

またシェアパックに加入していても、実際には980円ポッキリで利用できません。ほかにも必要な月額料金があります。

ドコモ料金の基本

基本プラン シンプルプラン、カケホーダイプランなどの通話プラン
パケットパック パケット通信が定額で利用できるサービス
インターネット接続サービス インターネット利用に必要なスマホ向けプロバイダ(ISP)
オプションなど(任意) ・留守番電話サービス
・キャッチホン
・dマガジン  など

ドコモのスマホ契約をする場合、基本プラン、パケットパック、そしてインターネット接続サービスの3つに、必ず加入しなければなりません。

シンプルプランの場合、基本プラン980円にパケットパック料とインターネット接続サービス料が加算され、最低でも1,780円が必要です。詳しくはこの記事の 「シンプルプランは実質月額1,780円~!?格安SIMとも比較
」の章で解説します。

「シェアパック」とは、家族でパケットを分け合うパケットパック

ドコモでスマホを契約する場合、必ず「パケットパック」に加入しなければなりません。

スマホが利用できるパケットパックには、「データパック」と「シェアパック」があります。

スマホのパケットパック
パケットパック 向いている人
データパック ひとりで利用する人
シェアパック ・家族で利用する人
・大容量(50GB以上)必要な人
シェアパックはひとりだと契約できないの?
できるけど、割高だから現実的ではないよ。

ただ、データパックは最高でも30GBまでしかないけど、シェアパックには50GBと100GBプランがあるんだ。大容量必要な人はシェアパックを契約することになるよ。

データパックのデータ量と料金
パケットパック名称(可能データ量) 月額定額料
ウルトラデータLLパック(30GB) 8,000円
ウルトラデータLパック(20GB) 6,000円
データMパック(標準)(5GB) 5,000円
データSパック(小容量)(2GB) 3,500円
シェアパックのデータ量と料金
パケットパック名称(可能データ量) 月額定額料
ウルトラシェアパック100(100GB) 25,000円
ウルトラシェアパック50(50GB) 16,000円
ウルトラシェアパック30(30GB) 13,500円
シェアパック15(標準)(15GB) 12,500円
シェアパック10(小容量)(10GB) 9,500円
シェアパック5(小容量)(5GB) 6,500円

同じデータ容量でも、30GBは「シェアパック」のほうが5,500円も高く、5GBでは「シェアパック」のほうが1,500円も割高です。

シェアせずひとりで利用するなら「データパック」のほうがお得なのね。
そうだよ。でも「データパック」を契約するなら、基本プランは「カケホーダイプラン」か「カケホーダイライトプラン」のどちらかしか選択できないよ。
そっか。「シンプルプラン」は「シェアパック」でしか利用できないんだったわね。
そうだよ。だから「データパック」利用者は月額980円の基本プランを選択できないんだ。

シンプルプランは実質月額1,780円~!?格安SIMとも比較

シンプルプランの月額980円以外にも、スマホを利用するためには「パケットパック」と「インターネット接続サービス」料金が必要です。

シンプルプランを申し込みたい場合、「パケットパック」は必ず「シェアパック」を選択します。

仮に家族3人で契約し、一番安く済ませようとすると、次のようなパターンになります。

(例)シンプルプランを家族3人で利用した場合の最安パターン

シンプルプランで家族3人利用した最安パターン

では次に格安SIMのなかでも、特にファミリー利用で人気の高い「IIJmio」を、家族3人で利用した場合の料金と比較してみましょう。

(例)IIJmioのファミリーシェアプランを家族3人で利用した場合

IIJmioで家族3人利用した最安パターン

ドコモのシンプルプランは、データ容量5GBを3人で分け合って11,340円。一方IIJmio
の場合、10GBを3人で分け合って4,460円となります。

IIJmioのほうが5GBも余分にデータ通信を利用できるうえに、毎月6,880円もお得です。

上記のシンプルプランとIIJmioを、3人で均等に分け合うと次のようになります。

一人あたりの平均データ量・料金
平均データ量 平均料金
ドコモ
「シンプルプラン」
約1.66GB 約3,780円
IIJmio
「ファミリーシェアプラン」
約3.33GB 約1,486円

一見安そうな「シンプルプラン」も、こうやって格安SIMと比較してみると、とても高いことがわかりますね。

え!?こんなに料金が違うの?格安SIMって本当に安いのね!
そうだよ。ただひとつドコモのシンプルプランが勝っていることは、家族間の通話が無料といういことだけ。

でもIIJmioには、月額600円で誰とでも3分以内、家族と10分以内の通話が無料というオプションや、月額830円で誰とでも10分以内、家族と30分以内の通話が無料というオプションがあるんだよ。

そっかぁ。じゃあ結局オプションつけると高くなっちゃうね。
そんなことないよ。IIJmioの無料通話オプションは端末ごとに付けられるし、家族以外の人との通話にも無料通話がついてくるかからね。

しかも規定時間を超えてしまっても30秒につき10円で通話できるんだよ。

知らないと損をする!「シンプルプラン」の注意事項

「シンプルプラン」は、毎月の携帯料金を980円ポッキリで利用できるというわけではありませんでしたね。

また次の2点を知らずに契約すると損をします。必ず確認してください。

  • 「月額980円」は定期契約(2年縛り)ありの場合
  • 国内通話は30秒につき20円

月額980円という基本プランは、定期契約(いわゆる2年縛り)をした場合です。

定期契約をして2年以内に解約した場合、9,500円の解約金が必要となります。

2年縛りの契約をしなかったら、シンプルプランの月額料金はいくらになるの?
それが・・・2,480円もするんだ。

2年縛りがあると自分の好きなタイミングで解約できないけど、2年縛りがないと月額料金が高いんだ。

なんてこった。
格安SIMならほとんどの会社で2年縛りがないんだ。だからやっぱり格安SIMがお得だよ。

またシンプルプランでは家族間通話が無料ですが、そのほかの国内通話は30秒につき20円が必要です。

各基本プランの月額料金と概要
基本プラン 月額料金 通話
シンプルプラン 980円 家族以外への発信は30秒につき20円
カケホーダイライトプラン 1,700円 5分以内の通話が無料※
カケホーダイプラン 2,700円 国内通話が無制限無料
※5分を超えた通話は30秒につき20円

「2年縛りを付けたくない」「通話料が30秒につき20円は高すぎる」という人は、シンプルプランを選ぶべきではありません。

2年縛りがなく低価格のかけ放題プランも充実、毎月の携帯代を抑えたいならやっぱり格安SIMがおすすめです。

シンプルプランはやっぱり高い!携帯代節約なら格安SIM

ドコモのCMやポスターには「月額980円」という文字が大きく書かれていますが、これはシンプルプランの基本料金。

実際にはそのほかにパケットパック料とインターネット接続サービス料が必要なので、最低でも1,780円がかかります。

携帯代を安くしたいと思っているなら、格安SIMにしたほうが絶対にお得です。

でも「2年縛りや端末代金の残金があるから、今は乗り換えられない」という人もいるでしょう。

乗り換え時には解約金や端末代金の残金を、まとめて支払う必要があります。しかし長い目で見ると、解約金や端末代金の残金を支払ってでも乗り換えたほうがお得なケースがほとんどです。

シンプルプランを検討しているなら、その前にぜひ格安SIMを検討してください。

※記載されている内容は2017年8月現在のものです。