【動画あり】エキサイトモバイルの速度を体感!

エキサイトモバイル(excite mobile)には使った分に合わせて料金が変化するプランがあるので、月によって利用量にバラつきがある人は、エキサイトモバイルへ乗り換えを考えている人もいますよね。

乗り換えを躊躇する大きな理由のひとつは、速度ではないでしょうか。

そこでこの記事では、実際にどれくらいの速度が出るのかを徹底調査。

Yahoo!のトップページやYouTubeへのアクセスにどれくらいの時間がかかるのかを、動画撮影しましたので参考にしてくださいね。

【動画で検証】エキサイトモバイルの体感速度

エキサイトモバイルのSIMカードをiPhone 6sに挿入し、Yahoo!のトップページとのLINEモバイルのCMを見てみました。

その模様を動画で撮影したので、自分は速いと感じるか遅いと感じるかを確認してみましょう。

【混雑時】平日の昼休み時間帯に撮影

【通常時】平日14時ごろ撮影

ランチタイムや夕方の帰宅時間帯などは、回線が混み合う時間帯です。

上の動画を見て分かるように、混雑する時間帯のYou Tube再生は途中で止まってしまう恐れがあります。

どうしても回線が混雑する時間帯に高速データ通信をサクサク使用したい場合は、Wi-Fiの整った場所で利用しましょう。

どう?速いと感じた?遅いと感じた?
んー。混雑時は遅いって感じたわ。
速度は人によって感じ方が違うからね。自分はどう感じるかを動画で確かめるといいね。

でもWi-Fi環境が整っていれば速度は関係ないから、混雑時や低速時はWi-Fiを利用するといいよ。

エキサイトモバイルの時間帯別速度

当社でもエキサイトモバイルの速度を、朝、昼休み時間帯、昼、帰宅時間帯の1日4回、iPhone 6sを使用して上りと下りの速度を計測をしました。

なお速度計測アプリは「RBB SPEAD TEST」を使用しています。

上りとはアップロードのこと。サイトに写真をアップしたり、メールを送信するときの通信です。

下りはダウンロードのことで、サイトや動画を視聴したりメールを受信するときの通信のことです。

名古屋市中心部の計測結果(2017年9月)

エキサイトモバイルの時間帯別速度

※愛知県名古屋市(名古屋駅近く)にて計測

昼休みと帰宅時間帯は、ほかの時間帯に比べて著しく速度が伸びませんでした。

しかし実は格安SIMのなかには、速度計測アプリの数値を高く表示させる技術を利用しているところもあります。

速度計測アプリの結果は、正しいとは限りません。速度計測の結果は、あくまでも参考程度に見てください。

数字が小さいってことは遅いってこと?
そうだよ。お昼休み時間帯と帰宅時間帯はスマホを利用している人が多いから、やっぱり速度が遅いね。
こんなに遅いなんて・・・
この記事の上のほうに載っている混雑時の動画を見て、どれくらいの速さなのか体感してみるといいよ。

速度は人によって感じ方が違うからね。動画を見たら意外と速い!って思うかもしれないよ。

エキサイトモバイルの速度はスマホの機種によっても異なる

格安SIMの速度計測をしているサイトはたくさんありますが、どこのサイトも1種類のスマホ端末を使用して速度計測をしていることが多いですよね。

実はスマホ端末(機種)によって速度が変わることを知っていますか?機種によってこんなにも差が出るんですよ。

端末別に計測したエキサイトモバイルの速度比較

エキサイトモバイルの端末別速度比較

なお計測時間は、比較的回線が混み合いにくい14時ごろに行ないました。

へぇ、こんなにもスマホ端末によって違いが出るのね。
そうなんだ。機種によって受信感度も違うし、その機種の対応周波数帯よっても差が出るんだよ。

エキサイトモバイルを速い速度で使用するための周波数と通信方式

エキサイトモバイルはドコモ回線をレンタルして運営しています。

MVNOの仕組み解説イラスト

ドコモで購入したスマホ端末なら、周波数帯が同じなのでほとんどのものが対応します。

しかし安価なSIMフリースマホには非対応のものが多く、またSIMロック解除※した他社のスマホ端末の場合、SIMカードを挿入しても使えないということも。

SIMロック解除とは

自社のSIMカードしか対応しないようロックをかけたものを解除することです。ロックは大手3キャリアであるau・ドコモ・ソフトバンクが、他社への流出を阻むためにかけています。

SIMロック解除については「SIMロック解除とは?SIMロック解除義務化でiPhoneも対応」の記事で詳しく説明しています。

このようなスマホを使用する場合は、周波数帯と通信方式をチェックしましょう。

周波数帯の違うスマホ端末を使用すると、通信や通話ができなかったり遅くなったりする場合があるので注意してください。

周波数帯って言われても、よくわからないわ。
このあとできる限り簡単に、周波数帯などについて説明していくから参考にしてね。

ドコモ回線の格安SIMに対応する周波数帯

まずドコモ回線の、格安SIMに対応する周波数帯を説明します。

エキサイトモバイルに必須の対応周波数帯
  • 2.1GHz帯(バンド1)
  • 800MHz帯(バンド6)

2.1GHz帯は日本では2GHzと呼ばれることもありますが、同じものです。

利用するシーンによって必要な周波数帯
1.5GHz帯(バンド21) ドコモ回線で地方都市で高速データ通信をするための周波数帯(日本独自)
800MHz帯(バンド19) 地方や山間部、都市のビル内のデータ通信と、音声通話に広く使用される周波数帯
1.7GHz帯(バンド3) 主にドコモが東名阪で使用するLTE限定の周波数帯(海外では1.8GHzと呼ばれる)

1.5GHz帯(バンド21)は、ドコモの周波数帯に対応していない端末で使おうとすると、電波が悪かったり通信できなかったりする場合があります。

表の3つの周波数帯に対応している機種だと、対応していない機種に比べ繋がりやすいです。

なくても使用することはできますが、速度が遅くなったりビルのなかや山間部などでは繋がりにくくなったりすることがあります。

エキサイトモバイルで音声通話に必要な通信方式

エキサイトモバイルで音声通話に必要な通信方式は「W-CDMA」です。

格安SIMの通話には3G回線を使用するため、このW-CDMAに対応していないと通話ができません。

ドコモで購入したスマホであれば、必ずこの通信方式に対応していますので安心してください。

ドコモで購入していないスマホ端末の場合は、エキサイトモバイルの公式サイトの申し込み画面「動作確認端末一覧」で事前に確認しましょう。

そこにも記載がなければ、上記の周波数帯などをパンフレットなどで確認してから契約をしてください。

通信方式?周波数帯?難しいなぁ・・・
そうだね、ちょっと難しいけれど、必要なのは3つだけだよ!

必須な周波数帯は2.1GHz帯(バンド1)と800MHz帯(バンド6)、通話するなら通信方式はW-CDMA。

動作確認端末一覧にない端末は、この3つをチェックしてね。

エキサイトモバイルの月別の変動

ドコモやauなど大手キャリアを使用していても、速度が遅くなったり速くなったりすることをあまり感じることはありませんよね。

しかし格安SIMは、大手キャリアの回線を一部レンタルして運営しているため、限られた回線をユーザー同士でシェアしながら利用しています。

そのためユーザーが増えれば速度が遅くなり、回線の増強を行えば速度が速くなります。

当社が今まで行ってきたエキサイトモバイルの測定結果を月別に比較してみましたので、どのように変動しているのかを参考にしてください。

なお使用するスマホはiPhone 6s、場所は名古屋駅近くのオフィスで混雑する時間帯(お昼休み)に計測したものです。
エキサイトモバイルの月別速度変動

エキサイトモバイルの月別速度比較

こうやって比較するとわかるけど、速度はほとんど変化がないよ。

混雑時は少し速度は遅めなエキサイトモバイル

エキサイトモバイルの速度は、比較的混雑していない時間帯はスムーズですが、昼休みや帰宅時などの混雑時は少し遅め。

今回の調査では、混雑時のYouTube再生は途中で止まってしまいました。

でも混雑時間帯にそれほど利用しないという人や、その時間帯はWi-Fi環境が整った場所にいる人、多少遅くても大丈夫という人にとっては問題ありません。

人によって速度の感じ方は違いますので、この記事の体感速度動画を見て、自分の使い方に合っているのか確認してみましょう。

※記載されている内容は2017年9月現在のものです。