b-mobile Sは音声通話可能なソフトバンク回線の格安SIM

b-mobileは業界で初めて、ソフトバンク回線で音声通話SIM「b-mobile S」の提供を開始しました。

しかも「b-mobile S」の料金は業界最安値クラス。ソフトバンクから乗り換えたい人だけでなく、とにかく安くおさえたい人にも、オススメな格安SIMなんです。

ソフトバンク回線を利用した「b-mobile S」には、大きくわけて4つのプランがあります。

4つのb-mobile S
プラン名 SIMカード種類 最低利用期間
音声ジャストフィットSIM 音声+データ 4カ月※
スマホ電話SIM 音声+データ なし
開幕SIM データ専用 なし
プリペイドSIM データ専用 なし
※4カ月以内に解約の場合は解約金8,000円

この記事では、ソフトバンク回線を利用するプラン「b-mobile S」について、特徴や注意点などを詳しく解説します。

また公式では「ソフトバンクのiPhone専用」となっていますが、ユーザーのなかにはソフトバンクのiPhone以外も「使用できる」との声も。

これについても注意点として確認していきましょう。

業界初!音声通話可能なソフトバンク回線「b-mobile S」

実は今までにも、ソフトバンク回線を利用した格安SIMは数社ありました。しかしその全てがデータ通信のみ利用できる「データ専用SIM」だったのです。

そのため格安SIMにMNP※をしたいSoftbankユーザーは、SIMロック解除後ドコモやau回線の格安SIMを契約する必要がありました。

MNPとは

スマホの電話番号を変えずに、契約する携帯会社を乗り換えることです。

そんななか登場したのが、ソフトバンク回線を利用し音声通話も可能な「b-mobile S」。

「b-mobile S」には、音声通話可能なSIMだけではなくデータ専用SIMもあり、プランも豊富。使い方に合わせて選ぶことができますよ。

「b-mobile S」はAndroidも使用可能!?

「b-mobile S」はソフトバンクで購入したiPhoneに、そのままSIMカードを入れ替えるだけで使用可能。

SIMロック解除の必要がないので、SIMロック解除ができないiPhone 6以前の機種でも利用できるのが最大のメリットです。

ただし公式には「使用可能」とされている端末が限られています。

公式に使用可能と発表されているスマホ端末
  • ソフトバンクで購入したiPhone
  • Apple Storeで購入したSIMフリー版のiPhone
公式に使用可能と発表されていないスマホ端末
  • ドコモやauで購入したiPhone
  • Android

ドコモやauで購入したiPhoneは、SIMロック解除すれば使えますが、公式には使用可能と発表されていません。

動作確認されていないので使えない可能性もありますが、今のところ問題もなく使えている人がほとんどです。

また公式ではAndroid端末は不可となっていますが、実際には利用している人もいます。

Android端末はAPN設定※を自分で入力しなければなりませんが、公式にはAPN設定情報が公開されていません。

APN設定とは

APN設定とは、スマホにSIMカードを挿入した後にする初期設定のこと。

APN設定について詳しく知りたい人は「APN設定の方法を動画付きで解説」をご覧ください。

当サイト独自でAPN設定情報を調べましたので参考にしてください。

APN sb.mvno
認証タイプ CHAP
ユーザー名 bmobile@4g
パスワード bmobile

b-mobile SのAPN設定情報

ドコモやauで購入したiPhoneもAndroid端末も使えるんだけど、公式では使えるって発表されていないんだ。

もし何か不具合やトラブルがあっても、b-mobileでは受け付けてもらえないよ。自己責任で利用してね。

当サイトでb-mobileに直接問い合わせたところ、「あくまでもソフトバンクのiPhone専用」とのことでした。

ドコモやauで購入したiPhoneをSIMロック解除したものやAndroid端末は、くれぐれも自己責任で利用してください。

使い方に合わせて選べる「b-mobile S」のSIMカード

ソフトバンク回線を利用した「b-mobile S」には、大きくわけて4つのプランがあります。

  • 音声ジャストフィットSIM
  • スマホ電話SIM
  • 開幕SIM
  • プリペイドSIM

ではそれぞれ特徴などを紹介していきましょう。

「音声ジャストフィットSIM」は、使った分だけ支払う音声SIM

b-mobile Sの「音声ジャストフィットSIM」は、音声通話とデータ通信1GBでなんと月額990円と、業界でも最安値クラス。

そのほかにもメリットの多い「音声ジャストフィットSIM」の特徴を紹介します。

「音声ジャストフィットSIM」の特徴

・ソフトバンク回線
音声通話+データ容量が1GBで990円
・以後1GBごとに500円ずつ加算
・最大10GBまで利用可能
・使った分だけ支払い
・通話5分かけ放題オプションが月額500円
最低利用期間は4カ月
・4カ月以内に解約すると解約金8,000円必要

「音声ジャストフィットSIM」はデータ容量を利用した分だけ料金を支払うスタイル。

データ使用量が1GBを超えた場合、以後1GBごとに500円ずつ料金にプラスされていき、最大10GBまで利用することが可能です。

使った分だけ加算されていくので、月によって利用量が異なる人にもおすすめ。

「音声ジャストフィットSIM」料金表(税抜)
データ使用量 月額基本料金 月額基本料金+5分かけ放題オプション
1GB 990円 1,490円
2GB 1,490円 1,990円
3GB 1,990円 2,490円
4GB 2,490円 2,990円
5GB 2,990円 3,490円
6GB 3,490円 3,990円
7GB 3,990円 4,490円
8GB 4,490円 4,990円
9GB 4,990円 5,490円
10GB 5,490円 5,990円

さらに「音声ジャストフィットSIM」は、通話5分間かけ放題オプションを月額500円で追加可能。

このかけ放題オプションの料金設定も、格安SIMのなかでかなり安いです。毎月のスマホ代を抑えたい人におすすめです。

音声通話がついて990円から使えるなんて、とってもお得だね。
うん、他社に比べてもとっても安いよ。

だけど以後1GBごとに500円ずつ加算されていくから、大容量利用すると料金が割高になることがあるんだ。まずは自分が毎月どれくらい利用するかを把握してみよう!

「スマホ電話SIM」には通話5分までかけ放題が付いている

b-mobile Sの「スマホ電話SIM」は、月額料金に5分かけ放題が含まれているプランです。

まずは「スマホ電話SIM」の特徴を紹介します。

「スマホ電話SIM」の特徴

・ソフトバンク回線
音声通話+データ容量+5分かけ放題セット
・最低利用期間がない
・最大5GBまで利用可能
・使った分だけの支払い

「スマホ電話SIM」の料金表(税抜)
データ使用量 月額基本料金
1GB 2,450円
2GB 2,800円
3GB 3,150円
4GB 3,500円
5GB 3,850円

「音声ジャストフィットSIM」と同じく、利用した分だけ支払うというプランです。

「スマホ電話SIM」も「音声ジャストフィットSIM」と同じように、データを使った分だけ支払するのよね?

なのに「スマホ電話SIM」は料金が高いじゃない!

ライラ!よく気が付いたね。そうなんだ。「音声ジャストフィットSIM」よりも「スマホ電話SIM」は割高なんだ。

だけど「スマホ電話SIM」には最低利用期間がないんだよ。解約金が発生しないから、気軽に試すことができるのさ。

「開幕SIM」は1GB~30GBまで豊富なラインナップ

b-mobile Sの「開幕SIM」はデータ専用SIMです。

「開幕SIM」は090や080などからはじまる電話番号が必要ない人に人気。容量も1GBから30GBの大容量まであるので、自分のスタイルに合わせて選べます。

「開幕SIM」料金表(税抜)

データ容量 月額料金
1GB 880円
3GB 1,580円
7GB 2,980円
30GB 4,980円

先ほど紹介した「音声ジャストフィットSIM」は業界最安値クラスでしたが、このデータ専用である「開幕SIM」は、30GB以外それほど安い料金設定というわけではありません。

「開幕SIM」の30GBは同じ大容量を取り扱う格安SIMの中でも安いから、大容量必要なヘビーユーザーにおすすめだよ。

「プリペイドSIM」は料金前払いのデータ専用SIM

b-mobile Sの「プリペイドSIM」は料金前払いのSIMカード。

個人情報やクレジットカードの入力などの入力をしなくてもいいので、気軽にスマホを試すことができます。

b-mobile Sの「プリペイドSIM」は2種類。

b-mobile S「プリペイドSIM」の料金表(税抜)
データ容量 価格 利用可能期間
1GB 980円 15日間
7GB 2,980円 25日間

データ容量もしくは利用可能期間が経過したら利用できなくなりますが、サービス終了2日後までにチャージをすれば引き続き利用することができます。

チャージ料金は次のとおりです。

b-mobile S「プリペイドSIM」のチャージ料金表(税抜)
データ容量 価格 利用可能期間
1GB 630円 15日間
7GB 2,880円 25日間

他社のプリペイドSIMに比べ、b-mobile SのプリペイドSIMはとてもリーズナブル。では一部比較してみましょう。

データ容量1GBのプリペイドSIM比較(税抜)
価格 利用可能期間
b-mobile S 980円 15日間
楽天モバイル 2,980円 30日間
mineo 3,700円 最大2ヶ月
b-mobile SのプリペイドSIMってすっごく安いじゃん!
そうなんだ!利用期間は短いけれど、他社とは比べものにならないくらい安いんだよ。

ソフトバンク回線のb-mobile Sは業界最安値クラス!

b-mobileにはドコモ回線とソフトバンク回線があります。

なかでも「b-mobile S」は、ソフトバンク回線を利用した珍しい格安SIM。

ソフトバンクユーザーも、SIMロック解除不要で格安SIMへ乗り換え可能です。

しかもb-mobile Sは、格安SIMのなかでも最安値クラスの低料金なのも大きなメリット。使い方によっては、他社よりぐっとお得に利用できますよ。

音声ジャストフィットSIM以外は最低利用期間もありません。使い心地や速度など気になる人は「b-mobile S」を気軽に試してみてはいかがですか。

※記載されている内容は2017年12月現在のものです。