【動画で速度を体感】NifMoの速度を徹底調査!

NifMo(ニフモ)は、シンプルなプラン内容が人気の格安SIM。

スマホ代がさらにお得になるサービスもあり、常に顧客満足度の上位にランクインしている格安SIMなんですよ。

では速度はどうなのでしょうか。

速度の感じ方は人それぞれですが、NifMoの速度は昼休みなど混雑する時間帯には少し遅く感じることがありますが、なかなかの速度と評判です。

この記事ではNifMoの速度について徹底的に調べています。実際に利用してから後悔しないためにも、ぜひ参考にしてください。

【動画で検証】通常時と混雑時のNifMo体感速度

NifMoでYahoo!のトップページを開き、続いてYouTubeでNifMoのCMを再生しました。

その模様を動画で撮影していますので、自分は速いと感じるのか、それとも遅いと感じるのかを確認してくださいね。

なお愛知県名古屋市(名古屋駅近く)にて実施。iPhone6sを使い撮影しています。

【通常時】平日14時半ごろ撮影

【混雑時】平日の昼休み時間帯に撮影

いかがでしたか?

平日のランチタイムや夕方の帰宅時間帯などは、たくさんの人がスマホを使うため、回線が混雑しがちです。

この時間に動画などをどうしても閲覧したい場合は、Wi-Fi環境の整ったところで使用してください。

混雑時も結構速いのね!これくらいなら私はアリだわ。
NifMoの速度はなかなか速いと評判なんだ。人によって感じ方は違うから、ぜひ動画で確認してみてね。

朝、ランチタイム、昼、夕方の速度計測結果

NifMoの速度を、朝、ランチタイム、昼、夕方の1日4回iPhone6sを使用して、上りと下りの速度計測をしました。

なお速度計測アプリは「RBB SPEAD TEST」を使用しています。

上りとはアップロードのことでサイトに写真をアップしたり、メールを送信するときの通信のこと。

下りはダウンロードのことで、サイトや動画を視聴したりメールを受信するときの通信のことです。

名古屋市中心部の計測結果(2017年10月)

NifMoの端末別速度比較

※愛知県名古屋市(名古屋駅近く)にて計測

ランチタイムや夕方の帰宅時間帯は、あまり良い計測結果とは言えません。正直、混雑時間帯に動画をスムーズに見ることは難しいです。

しかしメールやLINEは、何の問題もなくスムーズに送受信することができます。

実は計測アプリの数値を高く表示させる技術があるんだ。

その技術であたかも速度が速いように見せかけている格安SIMもあるから、この計測結果も参考程度に見てね。

NifMoの速度はスマホの機種によっても異なる

ここまでの計測はすべてiPhone6sを利用してきましたが、実はスマホ端末(機種)によって速度が変わるんです。

対応している周波数帯や受信感度は、端末によってまちまち。

同じSIMカードを使っているとは思えないほど差が出ることもあるんです。ではどれくらい違うのか、当サイトでは4つのスマホで検証してみました。

端末別に計測したNifMoの速度比較

NifMoの速度計測結果

同じNifMoのSIMカードなのにこんなに差が出るの!?
そうなんだ。機種によっても受信感度が違うし、日にちや場所によっても変わってくるから参考程度に見てね。

それから速度には、機種の対応周波数帯も重要なんだよ。

対応周波数帯?
周波数帯というのは、簡単に言うと電波の通り道のようなものだよ。このあと詳しく説明するね。

「速い速度で使用するための周波数」と「通話のための通信方式」

NifMoはドコモ回線をレンタルして運営しています。

MVNOの仕組み解説イラスト

NifMoのSIMカードはdocomoで購入したスマホ端末なら、ほとんどの端末が対応します。

しかし安価なSIMフリースマホや、SIMロック解除※した他社のスマホ端末の場合、NifMoのSIMカードを挿入しても使えないということも。

SIMロック解除とは

自社のSIMカードしか対応しないようロックをかけたものを解除することです。ロックは大手3キャリアであるau・ドコモ・ソフトバンクが、他社への流出を阻むためにかけています。

SIMロック解除については「SIMロック解除とは?SIMロック解除義務化でiPhoneも対応」の記事で詳しく説明しています。

このようなスマホを使用する場合は、公式ホームページにある「動作確認端末一覧」で確認し、記載されていない端末は周波数帯と通信方式をチェックしましょう。

周波数帯の違うスマホ端末を使用すると、通信や通話ができなかったり、通信が遅くなったりする場合があるので注意してね。

ドコモ回線の格安SIMに対応する必須周波数帯

まずドコモ回線の、格安SIMに対応する周波数帯を説明します。

次の2つの周波数帯は必須なので、この周波数帯がない端末はほぼ使えません。

NifMoに必須の対応周波数帯
  • 2.1GHz帯(バンド1)※
  • 800MHz帯(バンド6か19)
※2.1GHz帯は日本では「2GHz」と呼ばれることもあり

ドコモ回線の格安SIMに対応するあると繋がりやすい周波数帯

上で紹介した2.1GHz帯(バンド1)と800MHz帯(バンド6か19)は必須周波数帯なので、対応していないスマホはほぼ繋がりません。

しかし次に紹介する周波数帯は、なくても繋がります。

ただし対応していれば、より繋がりやすくなる周波数帯です。

利用するシーンによってあると繋がりやすい周波数帯
1.5GHz帯(バンド21) ドコモ回線で地方都市で高速データ通信をするための周波数帯(日本独自)
1.7GHz帯(バンド3) 主にドコモが東名阪で使用するLTE限定の周波数帯(海外では1.8GHzと呼ばれる)

1.5GHz帯(バンド21)は、ドコモの周波数帯に対応していない端末で使おうとすると、電波が悪かったり通信できなかったりする場合があります。

NifMoで音声通話に必要な通信方式

NifMoでの音声通話に必要な通信方式は「W-CDMA」で、ドコモで購入したスマホであれば必ず対応しています。

ドコモ以外で買ったスマホは、NifMoで使えない可能性があるってこと?
そうなんだ。ドコモ以外の端末を使いたい場合は、NifMoの公式サイトのトップページにある「動作確認済み端末一覧」で確認してね。
「動作確認端末一覧」にも記載がなかったら、その端末はNifMoでは使えないのかな?
その場合は、周波数帯などをパンフレットなどを見て確認してね。

通信方式は「W-CDMA」、周波数帯は2.1GHz帯(バンド1)と800MHz帯(バンド6か19)に対応している端末を準備すれば大丈夫だよ。

NifMoには速度制限がある!ただし1日制限のみ

皆さんは「3日制限」という言葉を聞いたことがありますか?

「3日制限」とはデータ容量を直近3日間で一定量以上使用した場合に、データ通信が低速になるというもの。以前は大手キャリアにもあった制限なんですよ。

NifMoには3日制限はありませんが、1日(当日)制限が設けられています。

その日の通信利用量が基準値を超えた場合、通信速度が最大200kbpsに制限されます。

1日あたりの通信量基準
3GB 650MB
7GB 1,500MB
13GB 2,800MB
1日650MBってどれくらい動画が見られるの?
画質によっても違うけれど、普通画質で動画を楽しむなら、1日でだいたい2時間ぐらいは見られるよ。
へぇ、結構見られるのね。
1日の基準値を超えると、その日の日付が変わるまで低速制限は解除できないから注意してね。

それから毎日そんなに動画を見ていたら、1カ月の容量をオーバーしてしまうよ。自分に合った容量のプランを選ぶことが大切なんだ。

1カ月の容量をオーバーしたらどうなるの?
低速通信になるよ。

でも1回900円で「データおかわり 0.5GB」を購入すれば、低速通信が解除されて高速通信が使えるようになるよ。

NifMoの速度はなかなか速い!1日制限は使いすぎ防止になる!?

NifMoの速度は、通常時は何の問題もなくスムーズですが、ランチタイムや帰宅時間帯などの混雑時はややスピードが落ちます。

とはいえ、他社に比べると速いという感想を持つ人も多いほど、なかなかのスピードを誇っています。

またNifMoには1日あたりのデータ容量基準値があり、それを超えると低速となります。この1日制限をデメリットと捉える人もいますが、一方で「ついデータ容量を使いすぎてしまうということが防げる」という声もあります。

速度は人によって感じ方が違いますので、この記事の体感動画をぜひ参考にしてください。

※記載されている内容は2017年11月現在のものです。