おサイフケータイ対応の格安スマホ特集!

おサイフケータイ対応の格安スマホ特集!

毎月の携帯代がとっても安くなる格安SIM・格安スマホ。最近ではCMや中吊り広告などでもよく見かけるようになり、気になっている人も多いのではないでしょうか。

現在大手キャリアのスマホや携帯電話を使用している人にとって、今利用しているサービスが使えなくなるのは困りますよね。

さまざまなサービスがあるなかで、利用し始めるとその便利さから手放せなくなってしまうのが「おサイフケータイ」機能。

ユーザーのなかには、おサイフケータイだけ持って出かけるという人も多く、利用できなくなったら困るという人も大勢います。でも安心してください。

格安スマホでもおサイフケータイを利用することができます。

この記事では、おすすめのおサイフケータイ対応機種や、格安スマホでおサイフケータイを利用する際の注意点、おサイフケータイの素朴な疑問などを紹介します。

おサイフケータイ使用可能!人気のSIMフリースマホ端末を一挙紹介

おサイフケータイは、契約するMVNO※によって使えるか使えないかが決まるのではなく、使用するスマホ端末によって決まります。

MVNOとは

auやドコモなどの大手キャリアから電波を借り、私たち消費者が安い料金でスマホを利用できるサービスを提供する会社のことです。

MVNOについては「MVNOとは?仕組みとメリット・デメリット」の記事で詳しく説明しています。

もしも今おサイフケータイを使っているならば、その端末をほぼ同じように格安スマホでも利用することができます。

ドコモユーザーはdocomoの回線をレンタルしているMVNOで、auユーザーはauの回線をレンタルしているMVNOならば、SIMロック解除※をしなくてもスマホをそのまま使うことができますよ。

SIMロック解除とは

大手3キャリアであるau・ドコモ(docomo)・ソフトバンク(SoftBank)が他社への流出を阻むために、自社のSIMカードしか対応しないようロックをかけたものを解除することです。

SIMロック解除については「SIMロック解除とは?SIMロック解除義務化でiPhoneも対応」の記事で詳しく説明しています。

しかしソフトバンクユーザーや他社の回線をレンタルしているMVNOを選ぶ場合は、SIMロック解除をするかSIMフリー端末を用意する必要があります。

ここではおサイフケータイに対応している人気のSIMフリー端末を紹介します。

人気のおサイフケータイ対応SIMフリー端末
メーカー 機種 市場価格
富士通 arrows M02/RM02 2万円台~3万円台
富士通 arrows M03 2万円台~4万円台
SHARP AQUOS mini SH-M03 4万円台~5万円台
SONY Xperia J1 Compact 4万円台~5万円台
富士通 arrows M02
富士通 arrows M03
SHARP AQUOS mini SH-M03
SONY XPERIA J1 Compact

新しいスマホを購入する場合は、価格をはじめ、端末のデザインや特徴など、自分に合ったSIMフリー端末を見つけてくださいね。

SIMフリー端末なら、今後どのMVNOにも乗り換えられるし、海外でも使えるよ!

iPhoneでおサイフケータイ?格安でおサイフケータイを使うには

格安SIMに乗り換える際、ソフトバンクユーザーや他社の回線を使うMVNOにしたい場合など、端末を新しく用意しなければならないですよね。

先ほど紹介したようなおサイフケータイ対応の人気SIMフリー端末は、少し値段が高めです。

しかしおサイフケータイ対応の端末は新品のSIMフリー端末だけではありません。

白ロム※といわれる中古端末なら格安で手に入れることができますし、iPhoneでもおサイフケータイを利用できる方法もあるんですよ。

白ロムとは

SIMカードが入っていない状態の端末で、基本的には中古品です。SIMカードを挿入することで端末を使用することができます。

白ロムについては「白ロムとは?購入方法と注意点」の記事で詳しく説明しています。

ここからはできるだけ初期費用を抑えたいという人にオススメの、おサイフケータイ対応端末の入手方法を紹介します。

中古端末を賢く利用!白ロムや型落ちのSIMフリー端末は格安

格安SIMに乗り換えると、毎月の携帯代が節約できます。せっかく節約するなら端末代も抑えたいところですよね。

人気のMVNOであるmineoの調査によりますと、中古端末を購入したユーザーは15%にものぼっています。

mineoのアンケート結果

白ロムといわれるSIMカードの入っていない状態の端末は中古であることが多いですが、この白ロムならば、格安で端末を手に入れることが可能です。

状態の良いものや新品同様のもの、型落ちのものなどが格安で販売されていることもありますので、しっかり品定めして購入しましょう。

しかし注意も必要です。基本的に白ロムは中古なので、すぐ故障してしまうことがあります。またSIMロック解除がされていない場合、キャリアによってはSIMロック解除する必要があります。

使用中のiPhoneをそのままおサイフケータイ化させる方法

2016年9月にiPhone7が発売され、ApplePayが利用できることが話題となりました。

iPhone7ではFeliCa(フェリカ)という日本で広く普及している非接触型ICのシステム(かざすだけで決済などができるシステム)が採用されたので、iPhone7もAndroidのおサイフケータイに”近い”使い勝手となりました。

iPhone6sやSEなどは端末自体におサイフケータイ機能はついていませんが、実はおサイフケータイ機能を利用する方法もあるんですよ。

それは『おサイフケータイジャケット01』というガジェット(機器)を使えば可能です。

これをiPhone本体と合わせて使用することで、iPhoneをおサイフケータイ化させることができます。

おサイフケータイジャケット

参照元:Panasonic

このおサイフケータイジャケット01はdocomoが開発したものですが、他社のiPhoneでも使用可能。

iPhone6sやSEはSIMロック解除ができる機種なので、SIMロック解除をして格安SIMに乗り換え、おサイフケータイジャケット01を使用することで、iPhoneでもおサイフケータイを利用することは可能ですよ。

へぇ、iPhoneもおサイフケータイみたいに使えるガジェットがあるんだね、知らなかったわ!
ただiPhoneの後ろに取り付けるので、少し厚みがでちゃうんだ。

スマホが分厚くなるのはイヤだという人にはおすすめできないけれど、iPhoneがもっと便利になるガジェットだよ。

「おサイフケータイ」と「ApplePay」の違いって?素朴な疑問を解消

iPhone7ではApplePayが利用できるようになったと話題ですが、「おサイフケータイ」と「ApplePay」は違うものだということは皆さん知っていますか?

おサイフケータイはAndroidを使った決済サービスで、ApplePayはAppleのiPhoneを使った決済サービスです。

日本においては、SONYが開発したFeliCaというかざすだけで決済できる電子決済サービス、いわゆるAndroidのおサイフケータイが普及しています。

こんなマークが付いているのが、FeliCaのICチップが埋め込まれたおサイフケータイ対応端末です。

モバイル非接触IC通信マーク

日本での電子決済サービスは、今のところほとんどの場合、FeliCa式システムのインフラを利用しています。

世界で普及している電子決済サービスのシステムと日本のFeliCa式のシステムに互換性がないため、日本でかざすだけの電子決済サービスを利用するためにはFeliCaのICチップを搭載する必要があります。

iPhone7のApplePayには、このFeliCaのICチップが搭載されたため、日本で電子決済サービスを利用することができるようになりました。しかしFeliCa対応のすべての電子決済サービスをiPhone7で利用できるようになったわけではありません。

iPhone7で利用できるサービスは3つ!今後増える可能性も

iPhone7はかざすだけのおサイフケータイに対応したことが話題ですが、実は今のところ利用できるFeliCaのサービスは次の3つです。

iPhone7で利用できる電子決済サービス
  • モバイルSuica
  • iD
  • QUICPay

iPhone7では今のところこの3つのサービスしか対応していませんが、今後増えて行く可能性は大いにありますので期待したいですね。

かざすだけではない!?セキュリティ対策に優れたiPhone7

Android携帯のおサイフケータイは、レジでかざすだけで決済ができましたが、iPhone7はかざすだけではありません。

レジでiDかQUICPayを利用する場合、「Touch ID」つまり「指紋認証」を使います。

Touch IDに指を載せながら端末にかざすことで、支払い可能です。iDとQUICPayはポストペイド(後払い)ですので、本人以外の人が簡単に利用できないようになっているのは安心ですね。

なおモバイルSuicaはプリペイド(前払い)タイプなので、かざすだけで利用することができますよ。

僕の友だちがiPhone7でApplePay使うようになって「手放せない!」って言ってたよ。
そうなんだ!おサイフケータイの機能ってすごく便利だから、使っている人にとっては手放せない機能なんだよ。

要注意!機種や支払い方法によっては使えないサービスも

おサイフケータイにはさまざまなサービスがあります。

おサイフケータイのサービス一例
  • 電子マネー
  • 乗車券
  • 航空券
  • 会員証
  • ポイント
  • クーポン

さまざまな業種が参入しているおサイフケータイですが、端末や支払い方法によっては利用できない場合があるので注意が必要です。

例えば多くの人が利用している人気のサービス「iD(アイディー)」。

iD(アイディー)マーク
参照元:iD

このiDは以前ドコモユーザーのみのサービスでした。今ではドコモ以外のキャリアを使っていても利用できるようになりましたが、ドコモユーザー以外は必ずiD対応のクレジットカードを契約する必要があります。

iDに対応していないクレジットカードでは引き落としができないため、注意が必要です。

またその他のサービスも、スマホ端末の機種によって対応していない場合があります。

自分が絶対に利用したいと思っているおサイフケータイのサービスがある場合は、事前に各サービスのサイトで対応機種を確認しておきましょう。

今まで利用していた機種を格安SIMでそのまま使う場合は、以前と同じようにおサイフケータイを利用することができるから安心してね!

格安スマホでもおサイフケータイは利用可能!データ移行も可能

とっても便利なおサイフケータイ。一度使うと手放すことはできない機能ですよね。

格安SIMに乗り換えても、おサイフケータイ機能を利用することは可能です。MVNOによって利用できるかが左右されるわけではないので安心してください。

ただしスマホ端末の機種によっては、一部のおサイフケータイのサービスが利用できない場合もあります。機種変更する場合は、あらかじめ利用したいサービスが自分のスマホ端末で利用できるかどうかを確認しておきましょう。

また以前利用していたおサイフケータイで、残高が残っていたりポイントなどが貯まっていたりする場合は、乗り換え前に必ず移行手続きをしてください。

サービスごとにやらなくてはいけませんが、アプリを利用すればとっても簡単な作業です。

対応端末の確認と簡単なサービスの移行作業をして、格安スマホでもおサイフケータイを快適に使用してくださいね。

※記載されている内容は2017年3月現在のものです。