【動画あり】FREETELの速度は本当に遅い?徹底的に速度調査!

格安SIMへ乗り換える最大の目的は、スマホ代の節約という人が多いですよね。しかし毎月の料金が安くなっても速度が遅すぎては困ります。

「FREETEL(フリーテル)って速度計測の結果は良いのに、体感速度が遅すぎる。」そんな口コミをよく見かけますが、実際にはどうなのでしょうか。

「FREETEL 速度」で検索したら「詐欺」って出てきたよ。※
※2017年9月26日現在
真相はよくわからないけど、以前は計測結果のわりに体感速度が遅かったみたいだね。

でも今は速度計測の結果と実際の速度にほとんど差異はないよ。詳しくはこの記事を見てくれ!

速度の感じ方は人それぞれですが、フリーテルの速度は混雑時に少し遅いと感じることもあります。

この記事では、回線が混雑している時間帯と比較的速度が安定している時間帯に、FREETELでYahoo!の検索画面やYouTubeにアクセスし、どれくらいの速度なのかを動画撮影して紹介。

そのほかにも速度計測アプリでの測定結果やスマホ端末別の速度の違い、月別での変動など、速度について詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

【動画で検証】FREETELの体感速度

FREETELのSIMカードをiPhone 6sに挿入し、Yahoo!のトップページとFREETELのCMを見てみました。

その模様を動画で撮影しましたので、自分は速いと感じるか遅いと感じるかを確認してみましょう。

【混雑時】平日の昼休み時間帯に撮影

ランチタイムや夕方の帰宅時間帯などは、回線が混み合う時間帯です。

混雑している時間帯には動画をスムーズ見ることはできませんが、メールやLINEなどはほとんどストレスなく送受信可能です。

【通常時】平日14時半ごろ撮影

通常時は何ら問題はないけれど、混雑時はやっぱり速度が遅いねー。
速度は人によって感じ方が違うけど、今回撮影した混雑時の動画は、YouTubeでFREETELのCMを読み込むのに1分15秒かかったんだぜ。
遅っ!
混雑時に動画などを見るなら、Wi-Fi環境が整ったところで楽しんでくれぃ!

FREETELの時間帯別速度

当サイトではFREETELの速度を、朝、昼休み時間帯、昼、帰宅時間帯の1日4回、iPhone 6sを使用して上りと下りの速度を計測をしました。なお速度計測アプリは「RBB SPEAD TEST」を使用しています。

なお、上りとはアップロードのことでサイトに写真をアップしたり、メールを送信するときの通信のこと。

下りはダウンロードのことで、サイトや動画を視聴したりメールを受信するときの通信のことです。

検索をしたり動画を見たりするのは下りが、インスタグラムやブログをアップするのは上りが重要になります。

名古屋市中心部の計測結果(2017年9月)

FREETELの時間帯別速度

※愛知県名古屋市(名古屋駅近く)にて計測
ネットの口コミでは、「速度計測の数値はすごく良いけど体感は遅い」って書いてあったけど、コレを見ると速度計測結果もそれほど良くないね。
うん、そうなんだぜ。下り(ダウンロード)はどの時間帯も遅いっていう結果が出ているぜ。
でもこの記事にある通常時を撮影した動画は、遅いって思わなかったよ。
混雑していない時間帯は大手キャリアと遜色ない速度だぜ。数字で見てもよくわからないけど、速度動画だと自分はどう感じるかがよくわかるから参考にしてくれ!

FREETELの速度はスマホの機種によっても異なる

皆さん、スマホ端末(機種)によって速度が変わることを知っていますか?

端末の受信感度や端末が対応している周波数帯によって、同じSIMカードを計測したと思えないほど差が出るんですよ。

使用したいスマホ端末がちゃんと使えるかは、FREETELで公式ホームページにある「動作確認端末一覧」で確認できるぜ。

動作確認端末一覧に記載されていない端末でも、次の2つの項目がパンフレットに書いてあれば使えるからチェックしてくれ。

対応端末か確認する際の2つのポイント
必須周波数帯(※1) ・2.1GHz帯(バンド1)
・800MHz帯(バンド6)
通信方式(※2) ・W-CDMA
※1:データ通信の際に必要
※2:音声通話の際に必要

ではスマホ端末によってどれくらい速度に差が出るのか見てみましょう。

端末別に計測したFREETELの速度比較

FREETELの端末別速度比較

なお計測時間は、比較的回線が混み合いにくい15時ごろに行いました。

スマホによってこんなに違いがあるんだね。
そうなんだ。機種によって受信感度も違うし、その機種の対応周波数帯によっても差が出るんだぜ。

日にちや場所によっても速度に違いが出るから、計測した速度は参考程度にしてくれ。

「速い速度で使用するための周波数」と「通話のための通信方式」

FREETELはドコモ回線をレンタルして運営しています。

MVNOの仕組み解説イラスト

ドコモで購入したスマホ端末なら、周波数帯が同じなのでほとんどのものが対応するので安心してください。

しかし安価なSIMフリースマホには非対応のものが多く、またSIMロック解除※した他社のスマホ端末の場合、SIMカードを挿入しても使えないということも。

SIMロック解除とは

自社のSIMカードしか対応しないようロックをかけたものを解除することです。ロックは大手3キャリアであるau・ドコモ・ソフトバンクが、他社への流出を阻むためにかけています。

SIMロック解除については「SIMロック解除とは?SIMロック解除義務化でiPhoneも対応」の記事で詳しく説明していますので確認してくださいね。

このようなスマホを使用する場合は、周波数帯と通信方式をチェックしましょう。

周波数帯の違うスマホ端末を使用すると、通信や通話ができなかったり遅くなったりする場合があるので注意してください。

周波数帯って言われても、よくわからないわ。
そうだね。このあと周波数帯などについて分かりやすく説明していくから、参考にしてくれ。

ドコモ回線の格安SIMに対応する周波数帯

まずドコモ回線の、格安SIMに対応する周波数帯を説明します。

FREETELに必須の対応周波数帯
  • 2.1GHz帯(バンド1)
  • 800MHz帯(バンド6)

2.1GHz帯は日本では「2GHz」と呼ばれることもあります。この2つの周波数帯は必ず必要です。

利用するシーンによってあると繋がりやすい周波数帯
1.5GHz帯(バンド21) ドコモ回線で地方都市で高速データ通信をするための周波数帯(日本独自)
800MHz帯(バンド19) 地方や山間部、都市のビル内のデータ通信と、音声通話に広く使用される周波数帯
1.7GHz帯(バンド3) 主にドコモが東名阪で使用するLTE限定の周波数帯(海外では1.8GHzと呼ばれる)

1.5GHz帯(バンド21)は、ドコモの周波数帯に対応していない端末で使おうとすると、電波が悪かったり通信できなかったりする場合があります。

表の3つの周波数帯に対応している機種だと、対応していない機種に比べ繋がりやすいです。

なくても使用することはできますが、速度が遅くなったりビルのなかや山間部などでは繋がりにくくなったりすることがあります。

FREETELで音声通話に必要な通信方式

FREETELでの音声通話に必要な通信方式は「W-CDMA」で、ドコモで購入したスマホであれば必ず対応しています。

ドコモ以外で買ったスマホは、FREETELで使えない可能性があるってこと?
そうなんだ。ドコモ以外の端末を使いたい場合は、FREETELの公式サイトの申し込み画面「動作確認端末一覧」で、音声通話が可能かどうか確認してみてくれ。
「動作確認端末一覧」にも記載がなかったら、その端末でFREETELを契約することはできないの?
その場合はパンフレットなどを見て、通信方式は「W-CDMA」、周波数帯は2.1GHz帯(バンド1)と800MHz帯(バンド6)に対応しているかをチェックしてくれ。対応していれば使えるぜ。

FREETELの月別の変動

ドコモやauなど大手キャリアを使用していても、速度が遅くなったり速くなったりすることをあまり感じることはありませんが、格安SIMでは速度を肌で感じることがあります。

限られた回線幅をユーザー同士がシェアしているため、ユーザーが増えれば速度が遅くなり、回線の増強を行えば速度が速くなるのです。

当サイトが今まで行ってきたFREETELの測定結果を月別に比較してみましたので、どのように変動しているのかを参考にしてください。

なお使用するスマホはiPhone 6s、場所は名古屋駅近くのオフィスで混雑する時間帯(お昼休み)に計測したものです。
FREETELの月別速度変動

FREETELの月別速度比較

月によってバラつきがあるけれど、9月の上りは著しく速い数字が出たぜ。でもこれはあくまでも数字にすぎないから、参考程度に見てくれ!

FREETELの速度制限と対処法

FREETELでスマホを利用する場合、データ容量(基本通信容量)を使いきると速度制限がかかり低速通信となります。

高速データ通信ばかり利用していると、データ容量不足になってしまうこともあるので注意してください。

高速通信が必要ない場合は、低速通信に切り替えるのがおすすめです。

どうやって低速通信にするの?
マイページ内の「節約モード設定」から自由に切り替えができるんだぜ。

節約モードをONにすると、データ使用量はカウントされなくなるんだ。

【FREETEL】混雑時の速度は少し遅め

FREETELの速度は、混雑していない時間帯はスムーズですが、昼休みや帰宅時などの混雑時は正直遅め。

でも速度の感じ方は人によって違います。

混雑時間帯にそれほど利用しないという人や、その時間帯はWi-Fi環境が整った場所にいる人にとっては問題ありません。

スマホ本体と通信料、10分かけ放題が全部コミコミで月額999円から利用できるFREETELは、スマホデビューを考える人に特に人気の格安SIMです。

しかし契約してから後悔しないために自分はどう感じるかをこの記事で体感しておきましょう。

※記載されている内容は2017年9月現在のものです。