フリーテル(FREETEL)の契約・申し込み方法を徹底解説!

これまで携帯電話をショップで契約していた人にとって、ネットでの申し込みは不安に感じるもの。対面ではないからと格安SIMの申し込みをためらう人もいます。

免許証などの本人確認書類をインターネット上で送るのも、はじめての人には敷居が高く感じがち。

しかしFREETELなら、本人確認書類を配達員に見せるだけでOKなんです。

ネットからの申し込みも、FREETELは画面が分かりやすく簡単。この記事ではFREETELに契約する前に準備すべきものや、契約方法を詳しく解説しています。

FREETEL契約・申し込みの事前準備を徹底解説!

FREETELへの契約・申し込みをスムーズに行うために、次の事前準備をしておきましょう。

FREETEL契約・申し込みの事前準備
  • プランを決める
  • 端末を用意しSIMカードサイズを確認する(※1)
  • PCメールを登録する
  • オプションを決める
  • クレジットカードを用意する
  • 本人確認方法を決め、書類を用意する(※2)
  • MNP予約番号を取得する(※3)
  • 端末を決める(※4)
※1:SIMカード単体で申し込む人のみ
※2:音声対応SIMを申し込む人のみ
※3:電話番号そのままで乗り換えるMNP転入をする人のみ
※4:スマホとSIMカードセットの「スマートコミコミ+」を申し込む人のみ

それぞれ詳しく解説します。

FREETEL(フリーテル)で契約するプランを事前に決める

FREETELの契約内容は、大きく分けて次の2種類あります。

  • SIMカードのみ契約
  • スマホとSIMがセットのスマートコミコミ+

どちらも選べるプランは2種類です。

FREETELのプラン比較
プラン名 特徴
使った分だけ
安心プラン
  • 使ったデータ通信量の分だけ請求される
  • その月のデータ通信使用量によって料金が変わる
定額プラン
  • 毎月決まったデータ通信量を契約する
  • 基本料金は毎月同じ
毎月どれだけデータ通信容量を消費しているのか確認し、自分に合ったプランやデータ容量を選びましょう。データ通信の消費量は、携帯会社のマイページで確認できます。

FREETELの料金については「FREETEL(フリーテル)の料金プランと支払い方法」で詳しく解説しているので、参考にしてください。

スマホ端末を別で用意してSIMカードのみ契約する場合

スマホ端末を別で用意する場合、SIMのタイプを次の3種類から選びます。

  • データ専用
  • データ専用+SMS
  • 通話+SMS+データ通信

SIMカードのみ申し込む場合は、サイズも選択する必要があります。

FREETELで使える端末は、SIMフリーまたはドコモで購入した端末。auやソフトバンクで購入した端末の場合は、SIMロック解除が必要です。

auとソフトバンクの場合、他社のSIMカードで通信ができないよう「SIMロック」がかけられています。

SIMロック解除の方法は次の記事で解説しています。

SIMカードサイズや使用可能端末、公式サイトの「FREETEL SIM動作確認端末(対応端末)一覧」で確認してください。

iPhoneも選べる!「スマートコミコミ+」ならセットでお得

FREETELには、スマホ端末とSIMカードをセットで購入できる「スマートコミコミ+」があります。

「スマートコミコミ+」の特徴
  • iPhone端末やFREETELが開発した「日本品質」のスマホ端末から選べる
  • 「10分以内何度でも、かけ放題」がセット
  • 購入から1年経過後は、残金無しで最新スマホに機種変できる※
※一部の端末を除く

端末とSIMカードを同時に契約するなら、別々で購入するより安く済みます。

申し込みにはPCメールが必須!フリーメールで対応

FREETELに申し込むときには、PCメールアドレスの入力が必要。手続きに必要な連絡先や出荷のお知らせがメールで送られてくるためです。

GmailやYahoo!メールなどフリーメールへの登録がおすすめ。詳しくは次のページをご覧ください。

端末補償もあり!自分に合ったオプション選び

FREETELには、さまざまなオプションやアプリがあります。自分の使い方に合わせてオプションを申し込みましょう。

FREETELの無料オプション
オプション名 内容
中古スマートフォン
買取サービス
スマホを自宅から送り売却ができる
自宅で簡単
FREETELスタート
公式サイトからスマホとSIMセットの購入で、設定済みのスマホが届く

FREETELには3種類のでんわかけ放題オプションがあります。

「FREETELでんわ 誰でもカケホーダイ」の月額料金(税抜)
プラン名 月額料金
1分かけ放題 299円
5分かけ放題 840円
10分かけ放題 1,499円
※所定の通話時間を超過した場合30秒につき10円の通話料が加算

ただしスマホとSIMカードがセットになった「スマートコミコミ+」には、10分かけ放題も含まれており追加申し込みは不要。

「FREETELでんわ」について詳しくは「★FREETELでんわ だれでもカケホーダイの記事」で解説しています。

FREETEL有料オプションの税抜料金と内容
オプション名 月額料金 内容
PREMIUM補償 300円~ FREETELスマホの故障・水没などトラブル時に特別価格で交換
つながる端末補償 500円 端末が壊れた時、無償または安い価格で修理(iPhoneを含む)
あんしんセキュリティパック 499円 ウイルス対策・電話フィルター・Web閲覧制限など
dマーケット 400円~ 音楽・動画・電子書籍・旅行商品などの利用
music.jp 400円 音楽・マンガ・映画・書籍などの視聴
カラダメディカ 400円 メールや電話で医療の専門家に心身の悩みを相談

手厚い端末補償や健康相談が、FREETELオプションの特色です。

月額料金はクレジットカード払い!端末料金はペイジーも可

FREETELの料金支払い方法は次のとおり。

請求内容 支払い方法
「スマートコミコミ+」
またはSIMカードのみ契約
クレジットカード
スマホ端末のみ購入 クレジットカード※
またはペイジー
※一括から24買いの割賦に対応
クレジットカードは国内発行・本人名義のみ使用可能。VISA・Master Card・JCB・AMERICAN EXPRESS・Diners Clubが利用できます。

本人確認書類は配送時に確認またはWEBアップロードが選択可

「データ専用」または「データ専用+SMS」のSIMカードを契約する人は本人確認書類が不要です。「フリーテルスマホ・SIMの契約方法」まで進んでください。

「通話+SMS+データ通信」または「スマートコミコミ+」を申し込む場合は、本人確認書類が必要です。本人確認の方法は2種類あります。

  • 自宅でかんたん本人確認
  • WEBからアップロード

本人確認の方法を、それぞれ詳しく説明します。

「自宅でかんたん本人確認」なら配達員に書類を見せるだけ

「自宅でかんたん本人確認」なら、SIMカード到着時に配達ドライバーに本人確認書類を提示するだけ。

通常は500円かかりますが、キャンペーン時期によっては無料です。

ドライバーが端末に、本人確認書類の「記号」と「生年月日」を入力します。

本人確認書類として有効な書類は、運転免許証・健康保険証・日本国パスポートです。

それぞれに注意事項や条件があるので、必ず公式サイトを確認してください。

本人確認書類をWEBからアップロードする

本人確認書類をインターネット上でアップロードするという方法もあります。

FREETELのWEBアップロードで有効な本人確認書類
運転免許証・健康保険証・日本国パスポート・住民基本台帳カード・マイナンバーカード・障害者手帳・在留カード・外国人登録証明書・特別永住者証明書

ただし次の場合は他の書類も必要です。

他の書類が必要な場合 必要な書類
「スマートコミコミプラン」を契約する 住民票※
本人確認書類に記載の住所と申込書の住所(現住所)が違う 住民票または
公共料金領収書
※免許証以外の書類である場合

提出する本人確認書類や住民票・公共料金領収書には、さまざまな条件があります。また画像が不鮮明であったり読み取れない場合は、再提出が必要です。

それぞれに細かい注意事項があるので、公式サイトをよく読んでアップロードしましょう。

あんまり自分の情報を人に見せたくないな~。弟の免許証でもいい?
えっそれはだめだ!絶対に契約者本人の名義の書類を提示してくれ!

電話番号そのままで乗り換える場合はMNP予約番号を取得する

他社から電話番号そのままで乗り換えする人は、MNP※予約番号を取得しましょう。

MNPとは

電話番号そのままで、ほかの携帯会社に乗り換えすることです。乗り換えにはMNP予約番号が必要です。

MNP予約番号は電話やネットで簡単に取得できます。MNPする場合は「★FREETEL MNPの記事」もぜひ参考にしてください。

MNP予約番号の取得方法は次の記事で詳しく解説しています。

MNP予約番号っていつ取得すればいいの?
FREETELに申し込む10日前~前日に取得するのがベストだ。当日でも可能だが、MNP予約番号取得には受付時間があるからな。
どうして10日前からなの?
FREETELの場合MNP予約番号の有効期限が、申し込み時点で5日以上残っていることが必要だからだ。MNP予約番号発行時の有効期限は15日間だから、10日前からにしないと有効期限が切れちまうぜ。

フリーテルスマホ・SIMの契約方法を画像つきで解説

事前準備が整ったら、いよいよ契約・申し込みです。はじめての人でもスムーズに進められるよう、画像つきで解説していきます。

1.公式サイトの右上から「申し込み」を選択

FREETELの申し込みボタン選択画面

2.「SIMとスマホをセット購入する」または「単品購入する」どちらかをタップ

FREETELのSIMとスマホをセット購入すると単品購入するの選択画面

「SIMとスマホをセット購入する」を選んだ場合は、このあと端末選択に移ります。

今回は音声SIMを購入したので「単品購入する」を選びました。

3.「SIMのみ購入」を選択

FREETEL購入内容の選択画面と遷移画面

購入内容を選択し、「進む」をタップします。

スマホセットの場合は「携帯電話やSIMを購入する」で、端末の選択画面に移ることもできます。

4.プラン・SIMカードサイズなどを選択し、「進む」をタップ

FREETELのプランとSIMカードサイズの選択画面

次の項目をそれぞれ選んで「進む」をタップしましょう。

  • プラン
  • SIMカードサイズ
  • オプション

「定額プラン」の場合はデータ通信量も併せて選択してください。また手数料ははじめからチェックされています。

5.契約者の情報を入力

まずは次の契約者情報を入力・選択しましょう。

  • 契約者名・性別・生年月日
  • PCメールアドレス
  • 電話番号
  • 郵便番号・住所
  • パスワード(半角英数字と指定の記号6~31字)
  • 本人確認の方法を選択
  • MNPの有無※
  • カード情報
  • カードの支払い回数
※MNPする場合は携帯電話番号とMNP予約番号、MNP予約番号期限を入力

カード情報欄には次の項目を入力します。

カード会社・カード番号・カード有効期限・セキュリティコード・カード名義・支払い回数

全て入力したら「進む」を選択しましょう。

6.入力内容と規約を確認して「規約に同意して申し込む」をタップ

FREETELの契約内容の通知方法選択と申し込み画面

【1】契約内容確認書類の受け取り方法を選択

  • メールでのみ受け取る場合はチェックをつけたまま
  • 郵送でも受け取る場合はチェックを外す

【2】申し込み内容に間違いがなければ「規約に同意して申し込む」をタップ
FREETELの申し込み完了確認画面

「申し込み完了」と画面に出れば手続きは終わりです。完了メールが届くので、確認しておきましょう。

自宅にスマホセットまたはSIMが届いたら、設定に進みます。「FREETEL SIMの設定方法と繋がらないときの対処法を徹底解説!」の記事を参考にしてください。

FREETELは配達時の本人確認もできるから手続きが簡単!

FREETELの契約・申し込みについて解説しました。

FREETELでは、SIMやスマホセット配達時の本人確認も選べるので、手続きがとても簡単です。

WEBでアップロードする方法もありますが、その場合は画像が不鮮明であったりすると再提出になります。公式サイトで、事前に細かい条件などを確認しておきましょう。

また申し込みには本人確認書類だけでなく、SIMカードのサイズやプランを選択する必要があります。そのときに手間取ってしまわないよう、先に準備しておくことをおすすめします。

FREETELを契約・申し込みの際には、ぜひ参考にしてください。

※記載されている内容は2017年8月現在のものです。